autoc-one.jp 記事・レポート 特集 東京モーターショー2009 東京モーターショー2009速報 輸入車ブース

モーターショー 2009/10/22 13:08

東京モーターショー2009速報 輸入車ブース

関連: ロータス , ケータハム , BMWアルピナ Text: オートックワン 編集部 Photo: オートックワン編集部
東京モーターショー2009速報 輸入車ブース

東京モーターショー2009速報 輸入車ブース

TMS2009のインポートメーカーは、「BMWアルピナ」「ロータス」「ケーターハム」の3メーカーが出展!

BMW ALPINA B7 BiTurbo Limousine Long

2009東京モーターショー/アルピナ B7 BiTurbo Long
2009東京モーターショー/アルピナ B7 BiTurbo Long2009東京モーターショー/アルピナブース

ニューBMW7シリーズ(F01/F02)をベースとしたアルピナのフラッグシップモデル B7 BiTurbo Limousine Longが日本初デビュー。

走りのダイナミックさとコンフォートを両立したグランド・リムジンは、ALPINAならではの精緻なハンドリング特性とニュートラルなステアリング特性を持ち、抜群のポテンシャルによって、ドライビングを楽しませてくれます。

BMW ALPINA B3 BiTurbo Cabrio

2009東京モーターショー/アルピナ B3 BiTurbo カブリオ

BMW3シリーズ(E90)の335iをベースにしたB3 BiTurboは、超軽量高剛性ピストンを採用。

直列6気筒の排気量はそのままにターボの過給圧を高め、370PS/500Nmを発生。ハードトップ付きのカブリオボディは、最高速度280km/h , 0-100km/h加速においては5秒で到達します。

また、高出力だけでなく、全てのモデルにキャタライザーを装備し、エミッション値を低く抑え(Euro4)走る悦びと経済性を融合しました。

BMW ALPINA GT3 レーシングカー

2009東京モーターショー/アルピナ GT3 レーシングカー

BMW ALPINA B6 SをベースとしたBMW ALPINA B6 GT3は、V8 4.4リッターのアルピナ スーパーチャージエンジンを搭載し、530HP/725Nmを発生。

GT選手権やヨーロッパ選手権、またその他各国のレースに参戦します。今年8月のADAC GT Mastersにて初優勝。

ロータス エヴォーラ

2009東京モーターショー/ロータス エヴォーラ
2009東京モーターショー/ロータス エヴォーラ2009東京モーターショー/ロータス エヴォーラ

206kW(280PS)を生み出すロータス専用の3.5リッターV6エンジンを搭載しながら、総重量わずか1,382kg(本国測定値)。ロータスのDNAを真に受け継ぎ、心躍るドライビング体験を提供する車「ロータス エヴォーラ」。

エヴォーラの0-100km/h加速はわずか5秒強、最高速度は261km/h、欧州複合モード燃費は11.49km/L、そしてCO2排出量は205g/kmと、軽量化を通じた性能の向上という理念を守り通している。

ケーターハム CSR

2009東京モーターショー/ケータハム CSR

ケーターハム CSRは、シャシー剛性が25%も向上しながらも車両重量は僅か575kgと超軽量。

0-100km/h加速は3.8秒、トップスピードは250km/hという実力を持つ、真のライトウェイトスポーツカーです。

筆者: オートックワン 編集部
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ロータス の関連記事

ロータスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ロータス の関連記事をもっと見る

ロータス の関連ニュース

ロータス 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/29~2017/7/29