autoc-one.jp 記事・レポート 特集 東京オートサロン2017 超軽量890kgの車体で466psを叩き出す!311台限定の“ロータス・3-イレブン”東京オートサロン2017で披露

チューニング・ドレスアップの総合展示会、東京オートサロン2017 特設ページ

チューニング・ドレスアップの総合展示会、東京オートサロン2017 特設ページ
モーターショー 2017/1/14 01:16

超軽量890kgの車体で466psを叩き出す!311台限定の“ロータス・3-イレブン”東京オートサロン2017で披露

関連: ロータス Text:
超軽量890kgの車体で466psを叩き出す!311台限定の“ロータス・3-イレブン”東京オートサロン2017で披露

ロータスカーズ日本正規販売輸入総代理店エルシーアイ株式会社は、2017年1月13日より全国の正規販売店を通じてロータス・3-イレブンの販売を開始すると発表。

同日より千葉市の幕張メッセで開催される東京オートサロン2017で一般公開される。

ロータス・3-イレブンは全世界で311台の限定生産となり、日本でのデリバリー開始は2017年秋を予定している。ロータス史上最速の量産車シリーズ3-イレブンがグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードでお披露目されたのは2015年のこと。

純粋でピュアなパフォーマンスを追及し、ロータスの魅力としては伝統的なハンドリングと、卓越したスピードの両方を妥協することなく実現したモデルである。

「余計なものはない方がいい」というロータスのコンセプトに忠実に、オープンコックピットのボディを採用。パフォーマンスオリエンテッドなダイナミックシルエットは見るものをくぎ付けにする。

カーボン複合素材で構成されるボディは非常に軽量でFRP製の同等のボディのものに比べ40%ほど軽量になっており、ロードバージョンで925kg、レースバージョンで890kgときわめて車重を軽量にとどめることに成功している。

このボディのために量産車初の技術を採用する。そこに搭載されるエンジンはロードバージョンで416ps、レースバージョンで466psを発生するスーパーチャージャーにより過給されるV6のエヴォーラ400用のものの改良型。

LSDやロータス・トラクションコントロール・システムの採用で特別な一台にふさわしい走りを実現している。

ブレーキはAPレーシングの4ポットキャリパーを採用するほか、ロータスチューンが施されたボッシュ製のABS、軽量鍛造アルミホイールを標準採用する。

>>ロータス・3-イレブン 画像ギャラリー

また、リアゲージを囲むロールバーはダウンフォースを生み出しモータースポーツの国際的安全基準において承認されるためのきわめて重要な要素を担っている。

インテリアもレースに重点を置いたものになっており、新しいレース仕様のためにロードモード/トラックモードが切り替えられるTFTディスプレイなども採用されている。

東京オートサロンのロータスブースでは、このほかエキシージ350、エリーゼ220など、最新のロードモデルも展示。オーセンティックな魅力を常にブラッシュアップさせているロータスの今から目が離せない。

[Text:ダブルクラッチ]

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ロータス の関連記事

ロータスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ロータス の関連記事をもっと見る

ロータス の関連ニュース

ロータス 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/20~2017/10/20

東京オートサロン2017 美女図鑑