MOTAトップ 記事・レポート 特集 東京モーターショー2017 トヨタの新型クラウンがアグレッシブなデザインに一新!走りを予感させる上級セダンに生まれ変わる【東京モーターショー2017】

モーターショー 2017/10/25 09:23

トヨタの新型クラウンがアグレッシブなデザインに一新!走りを予感させる上級セダンに生まれ変わる【東京モーターショー2017】

トヨタ クラウンコンセプト【東京モーターショー2017】
トヨタ クラウンコンセプト【東京モーターショー2017】トヨタ CRWN CONCEPT(クラウンコンセプト)トヨタ CRWN CONCEPT(クラウンコンセプト)トヨタ CRWN CONCEPT(クラウンコンセプト)画像ギャラリーはこちら

トヨタブースの目玉”クラウンコンセプト

トヨタブースの目玉となるのは、なんといっても新型クラウン(コンセプト)だ。

1955年に誕生したクラウンは、2012年12月に登場した現行モデルで14代目を数え、国産車の中でも歴史と伝統ある上級セダンだ。

トヨタは新型クラウンを2018年夏に発売するとアナウンスしており、今回の東京モーターショーで世界初公開した。

>>トヨタ 新型クラウン(15代目)の画像を見る

思うままに操れるハンドリング性能や走行安定性を追求

15代目となる新型クラウンは、プリウスやC-HRに続き、TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)に基づいて、車両をゼロから開発し直した。

ドイツ・ニュルブルクリンクサーキットで走行テストを実施するなど、思うままに操れるハンドリング性能に加え、低速域から高速域、荒れた路面など、あらゆる状況においても目線のブレない走行安定性を実現する。

ダイナミックなデザインの大型フロントグリル

デザイン面では、現行モデルの大胆なフロントマスクには度肝を抜かれたが、新型クラウンではより大型化したフロントグリルがこれまで以上にアグレッシブでダイナミックな表情を生み出している。

サイドビューも、セダンでありながらクーペのような流れるようなシルエットとなり、スポーティな一面ものぞかせている。

伝統のクラウンエンブレムも新造形に刷新されとともに、RSバッジの意味も気になるところだ。

また、カーライフをより進化させるため、コネクティッド技術を取り入れ、新たな価値を提供していくとしている。

トヨタ 新型クラウン(15代目)の主要スペック

全長×全幅×全高:4910×1800×1455mm

ホイールベース:2920mm

乗車定員:5人

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【MOTA車買取】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「MOTA車買取」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

スペシャルスポンサーリンク

トヨタ クラウンアスリート の関連編集記事

トヨタ クラウンアスリートの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、MOTAがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ クラウンアスリート の関連ニュース

MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
東京モーターショー2017 人気記事ランキング
東京モーターショー2017 の最新記事