autoc-one.jp 記事・レポート 特集 東京オートサロン2019 アクセラ次期モデル(MAZDA3)が待望の本邦初公開!【東京オートサロン2019】

チューニング・ドレスアップの総合展示会、東京オートサロン2019 特設ページ

東京オートサロン2019 カスタムカー・カスタムパーツ記事一覧。チューニング・ドレスアップの総合展示会、東京オートサロン2019のカスタムカー・カスタムパーツ記事一覧です。

アクセラ次期モデル(MAZDA3)が待望の本邦初公開!【東京オートサロン2019】

2019/1/11 18:02 関連: マツダ アクセラ
Text: 井口 豪 Photo: 渡 健介
マツダ 東京オートサロン2019 出展ブース
マツダ 東京オートサロン2019 出展ブースマツダ 東京オートサロン2019 出展ブースマツダ 東京オートサロン2019 出展ブースマツダ 東京オートサロン2019 出展ブース画像ギャラリーはこちら

新型アクセラが東京オートサロン2019で本邦初公開!

マツダ 東京オートサロン2019 出展ブース

2018年のロサンゼルスオートショーで発表され、日本国内でも注目を集めている新型「MAZDA3」。MAZDA3は日本では「アクセラ」で展開されるため、新型MAZDA3はいわば、アクセラの次期モデルといえる。

東京オートサロンで本邦初公開となった新型MAZDA3は、北米仕様ベースのハッチバックとセダン。ボディサイズはいずれも前モデルより大きくなり、ハッチバックが全長4459×全幅1797×全高1440mmで、セダンが全長4662×1797×1445mmとなる。ハッチバックは従来よりも力強さが増し、一方のセダンは、トランクのフラットな面を強調したエレガントな仕上がりだ。

トルクフルで経済的なディーゼルエンジンと軽快に高回転域までよく回るガソリンエンジンの利点を併せ持つ「SKYACTIV-Xエンジン」や、ディーゼルエンジンのように高圧縮された混合気をガソリンエンジンのようにスパークで着火する「SPCCI技術(Spark Controlled Compression Ignition:火花点火制御圧縮着火)」など、新型MAZDA3から導入される革新的技術も話題に事欠かない。

また参考出品されたハッチバックモデルの「ALL-NEW MAZDA3 CUSTOM STYLE」はエアロパーツやBBS製18インチ鍛造アルミホイールを装着するなど、オプションメニューの設定にも期待が膨らむ。

日本での発売はまだ未定だが、北米では間もなくデリバリーされる見込みだ。

[筆者:井口 豪 / 撮影:渡 健介]

>>マツダブースの写真をもっと見る

マツダ 東京オートサロン2019 出展ブースマツダ 東京オートサロン2019 出展ブースマツダ 東京オートサロン2019 出展ブース

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

東京オートサロン2019 人気記事ランキング

オートックワンのモーターショー特集

マツダ アクセラ の関連編集記事

マツダ アクセラの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ アクセラ の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
東京オートサロン2019 美女図鑑
オートックワンのおすすめ特集