autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース BMW、新型Z4を発表(本国仕様)

自動車ニュース 2008/12/25 19:55

BMW、新型Z4を発表(本国仕様)





BMWが新型Z4を本国で発表した。

BMWのロードスターとして初めて、リトラクタブル・ハードトップを装備。BMW Z4ロードスターおよびBMW Z4クーペの後継となるニュー・モデルである。

長いエンジン・フード、大きなホイール・アーチ、ロング・ホイールベースおよびショート・オーバーハングのニューBMW Z4。フラットなフロント・エリア、特徴的なショルダー・ライン、車幅を強調するリア・エンドのユニークな外観。ホイール・ハウスの上の伸びやかなエンジン・フード、大きなBMWキドニー・グリル、水生生物のえらを連想させるサイド・オーナメント、ブラックのAピラー、輪郭が強調されたルーフ、そして革新的な照明技術を採用したテールライトなどが個性を強調している。

軽量アルミニウム製シェル構造で2分割式の電子油圧式リトラクタブル・ハードトップを採用。ルーフの開閉動作はフル・オートマチックで、それぞれ20秒以内に完了。ルーフ・パネルは収納ボックスへコンパクトに格納され、伝統的なロードスターのプロポーションにふさわしいフラットなリア・デザインを実現。180リッターから310リッターまで拡張可能な大容量ラゲッジ・ルーム。高品質で明るいカラーのルーフ内張り、熱線入りガラス製リア・ウィンドウを含む大きなウィンドウ・エリアは、高級感と全方位にわたる良好な視界を確保している。

ニューBMW Z4のドライビングの快適さと室内の心地よさは、このセグメントにおいて比類のないレベルを達成。頭部および肘周りの空間を広げ、従来モデルと比べて乗り降りの快適さを格段に向上。リア・アクスルに接近した低いシート・ポジションにより、BMWロードスターに特有のドライビング・プレジャーを約束。高品質な素材、一流の仕上げ品質、ダッシュボードおよびセンター・コンソールのドライバー指向のデザインが、とりわけ洗練された雰囲気をかもし出し、感情に訴える駆けぬける歓びを実現。シート後方に横たわる広々とした収納部など、室内に大容量の収納スペースを用意。オプションのストレージ・パッケージ、スキー用具やゴルフバッグなどのかさばる荷物のためのトランスポーテーション・バッグ付きスルー・ローディング・スペースにより多用途性を向上させている。

ロードスターに初めてBMW iDrive操作システムを採用。この新世代の操作システムには、オプションでナビゲーション・システムProfessionalを装備可能。また、人間工学的に最適化されたコントローラーは、回す、押す、傾けるという方法で機能の選択や操作が可能。コントローラー周囲には、メニュー画面を直接呼び出せるダイレクト・セレクション・ボタンを装備。さらに簡単操作を可能にするプログラマブル・ボタンを装備し、格納式の高解像度グラフィック・ディスプレイには8.8インチ・ディスプレイを採用。メニュー構造も最適化されました。ナビゲーション・システムは目的地入力、ルート設定、地図表示機能を拡張。オプションのオーディオ・システムにはハードディスク・ドライブを装備。さらにオプションのナビゲーション・システムProfessionalでは、車内で制限無くインターネット接続が可能となる。

ニューBMW Z4の市場導入時には、パワー・レンジで150 kW(204 ps)〜225 kW(306 ps)までの直列6気筒エンジンを3種類用意。全バリエーションとも、同セグメントのそれぞれのパワー・クラスにおいて最高の加速性能と燃費を達成。可変バルブ・コントロールのバルブトロニックあるいは高精度ガソリン・ダイレクト・インジェクション(ハイ・プレシジョン・インジェクション)、ブレーキ・エネルギー回生システム、補機類のオンデマンド制御、特性マップ制御式オイル・ポンプ、シフト・ポイント・インジケーター、オール・アルミ製またはマグネシウム-アルミニウム複合素材製のクランクケース、最適化されたエアロダイナミクス、インテリジェント・ライトウェイト構造、低ころがり抵抗タイヤなど、モデルごとに特有のBMWエフィシエント・ダイナミクスを標準装備。またすべてのエンジン・バリエーションは、将来施行されるEU 5排出ガス規制をクリアしている。

BMW Z4 sDrive35iには、オプションでダブル・クラッチ付き7速スポーツ・オートマチック・トランスミッションを設定。動力伝達を中断することなく変速できるため、BMWオートマチック・トランスミッションの快適性と最高の運動性能を両立。マニュアル・トランスミッションと比べて、加速性能および燃費をさらに最適化。BMW Z4 sDrive30iおよびBMW Z4 sDrive23iには、エンジンとのダイレクトな接続、スリップ率の低いトルク・コンバーターを採用し、シフト特性を最適化した6速スポーツ・オートマチック・トランスミッションをオプション設定。すべてのスポーツ・オートマチック・トランスミッションには、ステアリング・ホイールにシフト・パドル・スイッチを装備。バランスのとれた軸重量配分、後輪駆動方式、プル・ストラット・タイプ・ダブル・ジョイント・フロント・アクスルおよびセントラル・アーム式リア・アクスルによるアルミ製軽量構造のシャシーを採用し、素晴らしい運動性能を実現。電気機械式パワー・ステアリング、高性能ブレーキ・システム、最新世代のダイナミック・スタビリティ・コントロールDSCを装備。標準装備のドライビング・ダイナミクス・コントロールは、ボタン操作によって3つの走行モードから選択可能。ドライビング・ダイナミクス・コントロールは、アクセル・ペダル特性マップ、エンジン・コントロール、DSCの制御限界値、パワー・ステアリングの補助力特性マップ、オプションのスポーツ・オートマチック・トランスミッションのシフト特性に影響を及ぼし、さらにオプションのアダプティブ M サスペンション装備車の場合、エレクトロニック・ダンパー・コントロールの特性マップにも影響を及ぼす。

極めて堅牢なボディ構造、緻密に計算された負荷分散構造、高張力鋼および変形エレメントを最適な部位に採用するなど、広範囲にわたるセーフティ・コンセプトを採用。フロント・エアバックおよびシートのバックレストに組み込まれた頭部/胸部保護用サイド・エアバック、新しいベルト・テンショナー技術を採用した3点式シートベルト、大幅に強化されたAピラー、ヘッドレスト後方のロールオーバー・バー、ラン・フラット・タイヤおよびタイヤ空気圧警告、バイ・キセノン2灯式ヘッドライトが標準装備となる。

■エンジン・バリエーション

【BMW Z4 sDrive35i】

ツイン・ターボおよび高精度ダイレクト・インジェクション(ハイ・プレシジョン・インジェクション)を装備した直列6気筒ガソリン・エンジン、
排気量:2,979 cc、最高出力:225 kW(306 ps)/ 5,800 rpm、
最大トルク:400 Nm/1,300–5,000 rpm、
0–100 km/h加速性能:5.2秒 (ダブル・クラッチ付き7速スポーツ・オートマチック・トランスミッションDCT:5.1秒)、最高速度: 250 km/h、
平均燃費(EU規格準拠):9.4リッター(DCT:9.0リッター)/100 km、
CO2 排出量(EU規格準拠):219 g/km(DCT:210 g/km)

【BMW Z4 sDrive30i】

マグネシウム-アルミニウム複合素材製クランクケース、バルブトロニックおよびダブルVANOSを装備した直列6気筒ガソリン・エンジン、
排気量:2,996 cc、最高出力:190 kW(258 ps)/ 6,600 rpm、
最大トルク:310 Nm/ 2,750 rpm、
0–100 km/h加速性能:5.8秒(スポーツ・オートマチック:6.1秒)、
最高速度:250 km/h、
平均燃費(EU規格準拠):8.5リッター(8.3リッター)/100 km、
CO2 排出量(EU規格準拠):199 g /km(195 g/km)

【BMW Z4 sDrive23i】

マグネシウム-アルミニウム複合素材製クランクケース、バルブトロニックおよびダブルVANOSを装備した直列6気筒ガソリン・エンジン、
排気量:2,497 cc、最高出力:150 kW(204 ps)/ 6,200 rpm、
最大トルク:250 Nm/ 2,950 rpm、
0–100 km/h加速性能:6.6秒(スポーツ・オートマチック:7.3秒)、
最高速度:242 km/h(239 km/h)、
平均燃費(EU規格準拠):8.5リッター(8.2リッター)/100 km、
CO2 排出量(EU規格準拠):199 g/kg(192 g/km)

※なお、この内容は、ドイツ国内市場向け(2008年12月現在)の仕様を基準として記載されており、その他の市場においては仕様、標準装備品、オプション設定などが異なる場合もあるので、日本仕様とは異なる場合がある。なお、仕様は随時変更される可能性がある。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!