autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース プリウスの販売台数が100万台突破

自動車ニュース 2008/5/15 14:52

プリウスの販売台数が100万台突破

トヨタ プリウス

トヨタ自動車は、プリウスの累計販売台数が、全世界で100万台を突破したと発表した。

燃費の良いプリウスは、ガソリン価格高騰のなか、注目度が高まっているハイブリッドカー。トヨタ自動車は、本年4月末までに世界各国で販売した、プリウスのCO2排出量は、車両サイズおよび動力性能が同等クラスのガソリンエンジン車と比較し、約450万トンの排出抑制効果があったと試算しており、地球温暖化の原因のひとつとされるCO2の削減に寄与したとしている。

プリウスは、2003年に、エコとパワーを両立した、第2世代のハイブリッドシステム「THS II」を2代目プリウスに搭載。2007年8月には、JC08モード走行燃費で29.6km/L(10・15モード走行燃費:35.5km/L)を実現。省エネ法に基づき策定された、新たな燃費目標基準である「2015年度燃費基準」も、いち早く達成している。

トヨタは、世界初の量産ハイブリッド乗用車「プリウス」を1997年に発売し、その後、北米や欧州など海外でも販売を開始した。さらに、2005年からは中国長春工場において海外生産を開始している。現在では日本をはじめ、北米を中心に世界で40以上の国・地域で好調な販売を続け、本年4月末までにプリウスの累計販売台数が全世界で約102.8万台となった。また、2009年後半からは韓国での販売も予定されている。



オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!