autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ホンダ、NSXの生産を終了

自動車ニュース 2005/7/12 20:02

ホンダ、NSXの生産を終了

 ホンダは、NSXの生産を2005年12月末をもって終了する。また、後継モデルに関してはホンダの最新技術を採用した新たなスポーツカーとして、現在開発を進めている。

 NSXは、1990年に量産車として世界初のオールアルミ・モノコックボディを採用した、本格的ミッドシップ・スポーツカーとして発売。その後、排気量アップ、6速MTの採用、空力性能の向上、タイヤサイズの変更など運動性能を向上させ、また、オープントップモデル「NSXタイプT」や運動性能をより際立たせたピュアスポーツモデル「NSXタイプR」を設定するなど、進化を続けてきた。さらに、本格的スポーツカーとしていち早く排出ガスのクリーン化に対応するなど、運動性能と両立させた高い環境性能も実現してきた。その結果、約15年間で全世界累計18千台以上販売された。

 生産終了後も、NSXをメインテナンスし、ベストコンディションを維持させるリフレッシュプラン、運転技術向上を目的としたNSXオーナーズミーティングなどに関しては継続させていくことで、ユーザーの皆様が今後もNSXを愛用できる環境づくりに取り組んでいくとしている。


 なお、北米向けは12月末、欧州向けは9月末での生産終了を予定している。
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!