autoc-one.jp 記事・レポート 特集 東京オートサロン2017 シビックがまさかのミッドシップで騒然!2台のシビックフェリオをニコイチ!?【TAS2017】

チューニング・ドレスアップの総合展示会、東京オートサロン2017 特設ページ

チューニング・ドレスアップの総合展示会、東京オートサロン2017 特設ページ
モーターショー 2017/1/20 19:26

シビックがまさかのミッドシップで騒然!2台のシビックフェリオをニコイチ!?【TAS2017】

シビックがまさかのミッドシップで騒然!2台のシビックフェリオをニコイチ!?【TAS2017】
シビック 810 タイプR(筑波研究学園専門学校自動車整備工学科)

東京オートサロン2017にはフレッシュなエネルギーが溢れる自動車学校の出品が多く、思い切ったデザインやインパクトのある設計で驚かされるクルマもあって来場者を楽しませた。

その中で奇抜さナンバー1だったのが、筑波研究学園専門学校自動車整備工学科(茨城県)が製作した「シビック 810 タイプR」だ。

最大の特徴は車名にある通りシビックをベースにしたミッドシップカーになっていることである。

シビック 810 タイプR(筑波研究学園専門学校自動車整備工学科)

シビックの駆動方式はご存知の通り、エンジンをフロントに横置きして前輪を駆動する、FFレイアウトだ。

古くはフィアット X1/9、日本ではMR2などがFF車のパワートレーン(エンジン+トランスミッション)をドライバー背後にそっくり移設してミッドシップ(MR)レイアウトにしていた。そのためこのカスタムカーも同様の手法で製作されているのかと思いきや、もっと大胆な方法だった。

シビック 810 タイプRもシビックのパワートレーンを後方に移設しているのだが、その移設方法がびっくり。

1台目のシビックフェリオ(EK3型)の、キャビンから前のサスペンションが付きパワートレーンが載った状態のフレームごとカット、続いて2台目の同型シビックフェリオのボディ後半を切断して、さきの1台目のフロント部分をそれにくっつけてしまったのだ。

>>ミッドシップのシビック 810 タイプRの写真を見る

シビック 810 タイプR(筑波研究学園専門学校自動車整備工学科)

つまり、いわゆる「ニコイチ」で作られたミッドシップカーなのである。さきほど紹介したFF車のパワートレーンをリアに移設する際の一般的な方法ではフレームを新規に設計・作製するのだが、同校が採った方法は、クルマの前部をそのままボディ後部に持ってくる、という超大胆な発想。

そして鉄板加工によるこれまた大胆なボディワークによって「シビック 810 タイプR」が誕生した。

もちろんリアにエンジンを着けた2台目のシビックのフロントからはエンジンが抜かれ、リアに持って来た部位からステアリング機構は省かれている。

車名の「810」の由来は、車体整備士コース8期生10人で製作したことから、とのことだ。

思い切った発想とそれを具現化するためのカット、溶接、外板製作、パテ成形、塗装などの各種技術は、「シビック 810 タイプR」を製作したメンバーにとって大きな糧になったことだろう。

ホンダ シビックフェリオ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ シビックフェリオ の関連記事

ホンダ シビックフェリオの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ シビックフェリオ の関連記事をもっと見る

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/17~2017/8/17

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円

  • ホンダ

    新車価格

    119.8万円201.5万円

東京オートサロン2017 美女図鑑