autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース GM、2009年モデルキャデラックCTS-Vの日本導入を発表

自動車ニュース 2008/7/18 17:38

GM、2009年モデルキャデラックCTS-Vの日本導入を発表

GMは、キャデラックCTSにハイパフォーマンスバージョンモデルの「キャデラックCTS-V」を追加、今秋日本に導入することを決定した。商品についての詳細は、販売時期が決定次第発表する。

キャデラックCTS-Vは、今年1月のデトロイトショーにて多くの注目が集まる中、華々しいデビューを飾った。Vシリーズ独特のアグレッシブな外観に、スーパーチャージャー付 6.2リッターのV8 OHVエンジンを搭載。スポーツカー開発の「聖地」と呼ばれ、欧州屈指の難コースであるニュルブルクリンクで、4ドアセダン量販車世界最速タイムである7分59秒32を記録した。

世界のスーパースポーツカーの仲間入りを果たし、キャデラック史上最速のモデルとなったCTS-Vがいよいよ日本でデビューを飾る。

キャデラックCTS-Vの特長は以下の通り。

■エクステリア
・パワードーム付エンジンフード
・サテン仕上げメッシュグリル
・専用デザイン19インチアルミホイール

■インテリア
・黒曜石調の素材を採用した新トリム
・レカロ社製14ウェイパフォーマンスドライビングシート
・スウェード調マイクロファイバー素材のステアリング&シフトノブ
・横Gインジケーター、ブーストメーター付インストルメントパネル
・電気式パーキングブレーキ

■パワートレーン
・6.2リッター スーパーチャージャー付V8 OHVエンジン
 (最高出力:415kW (556ps)/6.100rpm)※米国内参考値
・ステアリングタップシフト付6速オートマチック
・スポーツサスペンション
・マグネティック・ライドコントロール(2モード切り替え付)
・ブレンボ社製ハイパフォーマンスブレーキキャリパー(フロント6ピストン、リア4ピストン)
・スペシャルLSD




オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!