autoc-one.jp 記事・レポート 編集企画(パーツ・用品) ハンドメイドならではの温もりと使い勝手の良さが自慢!クラフトプラスのインテリアパーツを紹介

編集企画(パーツ・用品) 2018/12/10 12:13 有限会社ビーンズ
PR

ハンドメイドならではの温もりと使い勝手の良さが自慢!クラフトプラスのインテリアパーツを紹介

高品質なハンドメイドクラフトが与える極上のインテリアパーツたち

国内に工房を持ち、最高の素材と熟練した職人たちによるハンドメイドのハイエース用インテリアパーツを設計・製造しているCRAF TPLUS(以下、クラフトプラス)。

広々とした室内が魅力のハイエースに最上の使い心地を与えるだけでなく、ひと味もふた味も違うオシャレ感をプラスできるインテリアパーツメーカーとして、年々人気を高めてきている。


BEANS クラフトプラス

今回はそんなクラフトプラスの魅力を探るべく、Vol.1~Vol.3までの全3回の記事にかけて徹底的に紹介していきたい。

Vol.1の記事では、筆者が実際にクラフトプラスの工房を訪れ、見てきたありのままのことをレポートさせていただいた。もし見逃してしまった方が居たら以下のリンクからVol.1の記事へ飛んで、クラフトプラスのこだわりを感じてみてほしい。


>>ハイエースのインテリアにハンドメイドの温もりと機能美を与える!クラフトプラスの本社工房をリポート

BEANS クラフトプラス

Vol.2となる今回の記事では、前回紹介したクラフトプラス広報開発部長の羽賀氏の協力のもと、クラフトプラスのインテリアパーツの中でも特に人気があるオススメのアイテムを紹介していきたいと思う。


>>クラフトプラスのオフィシャルサイトはコチラ

圧倒的な収納力とスマートさが魅力!「CP100 ベッドキット」

クラフトプラス CP100ベッドキット

数種類あるクラフトプラスのベッドキットの中で、ハイエンドモデルとして位置するのがこちらの「CP100 ベッドキット」だ。

ハイエースのナローボディ専用に開発されたCP100 ベッドキットは、セカンドシートの背もたれを倒すことで完全フルフラットの広大なスペースを手に入れることが可能で、ちょっとした休憩や車中泊にも使うことができる。



クラフトプラス CP100ベッドキット

ベッドキットを展開している時でも荷物をマット下に収納しておく事が可能だが、特に大きな荷物を積む時でも心配はいらない。

ベッドマットは簡単に取り外すことができるうえ、取り外したマットは両サイドにあるキャビネットにスマートに収納することができるからだ。



クラフトプラス CP100ベッドキット

また、両サイドのキャビネットは車体側への加工を一切必要としない純正形状設計となっているうえ、ちょっとした小物を収納しておくことができるスペースも設けられている。



クラフトプラス CP100ベッドキット

さらに、左後端のキャビネットにはポリタンク等を収納できるスペースが用意されている。走行中でも荷物が動かないようにベルトで固定することができ、既存の純正電源コンセントも問題なく使用可能だ。

「ベッドキットは色々あるけれど、どれを選んだら良いか分からない…」こんな風に思った方は、このCP100 ベッドキットを選んでおけば間違いないはずだ。



クラフトプラス CP100ベッドキット

>>CP100 ベッドキットの詳細はコチラ

収納力UPとドラポジ改善効果!センターコンソールボックス ナロー/ワイド

クラフトプラス センターコンソールクラフトプラス センターコンソール

クラフトプラスの製品の中でも、特に人気のあるアイテムがコチラのセンターコンソールボックスだ。

純正のセンターコンソールボックスよりも大幅な収納力アップが実現できることに加え、ユーザーから評判が高いのがドライビングポジションの改善効果だ。

ナローボディとワイドボディ用に設計された2種類のセンターコンソールボックスが用意されているので、どのハイエースに乗っていても取り付けすることができるので安心してほしい。(前席3人掛け仕様は除く)



クラフトプラス センターコンソール

純正のセンターコンソールボックスは幅が狭く高さも低いため、肘を置いた状態で運転をしようとすると、どうしても身体が傾いてしまって自然なドライビングポジションにはならない。

この問題を解決するため、クラフトプラスのセンターコンソールボックスは肘が自然な位置にくるように高さや幅を設計。

ドライバーはもちろん、助手席に座る人もゆったりとしたポジションで過ごすことができるため、長距離のドライブでも純正センターコンソールより圧倒的に快適に過ごすことができるのだ。



クラフトプラス センターコンソールクラフトプラス センターコンソール

ドリンクホルダーやスマートフォンホルダーの使いやすさはもちろん、収納力も大幅にアップするクラフトプラスのセンターコンソールボックスは、ハイエースに乗っている全てのユーザーにオススメしたいアイテムだ。

人気があるのも納得の仕上がりである。



>>センターコンソールボックスの詳細はコチラ

リアスペースを快適空間に変える。遮音効果もあるセカンドキャビネット

クラフトプラス セカンドキャビネット

センターコンソールボックスに次いで人気の高い製品が、コチラのセカンドキャビネットだ。

純正状態のハイエースでは、コチラの部分はなだらかな傾斜にカーペットが貼られているだけで、物を置いたりすることができないようになっている。

しかしクラフトプラスのセカンドキャビネットを取り付ければ、スマートフォンや飲み物を気軽に置いておくことができるようになるため、快適性を大幅にアップさせることができる。



クラフトプラス セカンドキャビネット

見た目が上質になることはもちろん、床下にあるエンジンからの音を遮音できる効果もある。

さらに、床面と水平に作られたマットに足を置くことで、まるでオットマンのように足を延ばして、リアシートで快適に移動することも可能だ。



クラフトプラス シートカバー

ハイエースは荷物を積むことが多い人に多く選ばれるクルマだが、大勢の人を乗せて移動することにも使われるクルマだ。

同乗者に快適な移動をしてもらい、「またあのクルマに乗りたい!」と思ってもらう為にも、こちらのセカンドキャビネットはぜひ押さえておきたいアイテムである。



クラフトプラス センターコンソール

>>セカンドキャビネットの詳細はコチラ

どれもオススメだけど、全部付ければ最高に快適な車になること間違いなし!

ビーンズ クラフトプラス

いかがだっただろうか。今回はクラフトプラスの中でも特に人気のある商品に的を絞って紹介したが、クラフトプラスのオフィシャルサイトを覗いてみると、まだまだ魅力的なアイテムがたくさんあることに気付く事ができる。

少しでも気になった方は、以下のリンクからオフィシャルページに飛んで、色々なアイテムの中からお気に入りの商品を見つけてみてほしい。

次回Vol.3の記事では、カジュアル感とオシャレ感を一気に高めることができる、クラフトプラスの「デニムシリーズ」に的を絞ってご紹介していきたい。


>>クラフトプラスのオフィシャルサイトはコチラ

>>【Vol.1】ハイエースのインテリアにハンドメイドの温もりと機能美を与える!クラフトプラスの本社工房をリポート

>>【Vol.3】あなたのライフスタイルにマッチする!他とは違うカジュアルさ溢れるクラフトプラスのインテリアパーツ「デニムシリーズ」

Corporate Profile

企業名:有限会社ビーンズ

郵便番号:501-0413

住所:岐阜県本巣市見延406-1

TEL:058-322-5530(8:30~17:30)

企業HP:こちら

CRAFTPLUS Info

CRAFTPLUS とは?

CRAFTPLUS(クラフトプラス)は、有限会社ビーンズが運営するハイエースのインテリアパーツを設計・製造しているブランドだ。、同ブランドの特徴は、他では見る事のできないハイセンスなデザインと機能性の高いインテリアパーツをハンドメイドで製造していることにある。クラフトプラスが製造するベッドキット・コンソールボックス・アームレスト等の各種インテリアパーツは、オシャレに敏感なユーザーからも高い評価を得ており、年々ファンを増やし続けてている。

<製品ラインナップ> こちら