ハリアー、ランクルプラド、ミニなどの高級車に個性を演出! 7th E-lifeの新作シートカバー「NEW YORK Style(ニューヨークスタイル)」|クラフトプラス 【Vol.7】

人気のシートカバーで新たな素材に挑戦! オシャレな人たちから賛同を得た新商品

有限会社BEANSが展開するクルマのシートカバーブランド「CRAFTPLUS(クラフトプラス)」。なかでも同社の色移りしないデニム生地を使ったシートカバーの存在感は唯一無二。クラフトプラスのラインアップでもアイコンとも言えるほどです。

カジュアル路線でまとめられたインディゴブルーやグラデーションのデニム生地を使用した「カリフォルニア」と、ブラックデニム生地や斬新なコーデュロイ生地を使用したハイヴィンテージ路線の「ブルックリン」は、ともにオシャレなクルマ好き達に数多く支持されています。

>>【関連記事】あなたのライフスタイルにマッチする!他とは違うカジュアルさ溢れるクラフトプラスのインテリアパーツ「デニムシリーズ」

今回紹介したいのは、そのどちらとも全く違うハイグレードな最新のシートカバー。名前は「NEW YORK Style(ニューヨークスタイル)」です。クラフトプラスが提案するライフスタイルプロジェクト “7th ELife”では、初のクラウドファンディングを活用したアイテムでもあります。

デニムは誰にでも愛されている万人ウケする素材、コーデュロイも今では市民権を得るまでに成長した高価で素晴らしい素材。ではツイード生地のハリスツイードはどうだろうか? また同社が展開してきたアウトドア路線、カジュアル路線とも違うアーバンなデザインが果たしてどこまで響くのか? それらをリサーチしたいという理由でクラウドファンディング「MAKUAKE(マクアケ)」を利用したとのこと。

その結果は、なんと募集開始わずか10分で目標金額を達成! 多くの人の賛同を得たとのこと。発売前からかなり好評のシートカバーなのです。

【関連記事】割引をしないクラフトプラスが新作シートカバー「NEW YORK Style」の“早割”を行ったワケとは

前置きが長くなりましたが、開発段階から話題のこの「ニューヨークスタイル」、その商品の魅力に迫ってみましょう。

特徴1 ハリアー、ランクルプラド、ミニなどの高級車にふさわしい雰囲気のあるシートカバーデザイン

最大のポイントは、まずなんと言ってもデザイン。ターゲットとなる車種はハリアーやランドクルーザー、外車ではミニなど。よりアッパークラスなクルマの内装にふさわしいデザインを、と開発されています。

もちろんミドルクラスの車両から軽自動車など全300車種以上のラインアップがあるシートカバーなので、カジュアルなベース車両でも、よりハイクラスな印象へと室内全体をコーディネートできますし、ハイクラスなクルマでなくても高級車のような雰囲気が味わえます。

TYPE1

TYPE2

TYPE3

デザインは3種類を用意。オトナな男性をイメージして重厚のある生地を採用した「TYPE1」、クラフトプラスでは初のホワイト系生地の採用で欧州高級車をイメージした「TYPE2」、さらに今までのカジュアル路線を生かしつつ遊び心に上品さもプラスされたデニムをベースとした「TYPE3」という一挙3デザインがラインアップされました。

特徴2 ブランド初! 高価な「ハリスツイード」をシートカバー生地として採用

第2に、同ブランド初採用の新素材としてツイード生地で有名な「ハリスツイード」が使われています。こちらはハリスツイード協会からも認可済みのオフィシャルな生地で、イギリス本国から取り寄せられた高価なもの。アパレル用と同じ生地がそのまま使用されています。

今回はタイプによって“ヘリンボーン柄(白×黒)”と“千鳥柄(白×青)”の2種類を用意。シート全体にハリスツイードを使用するのではなく、ポイントとなるデザインパートに使用することで差し色的なアクセントとして楽しめ、車種を問わず室内全体に非常に馴染みやすいように配慮されています。

ハリスツイードは常時生産されている生地ではないため、その希少性も付加価値としてプラスされます。秋や冬を思い起こさせるツイード生地ですが、実は通気性はレザーよりも良好。つまりムレにくい。黒レザーよりも夏場の車内温度は上がりにくく、一年を通じて安心して使える生地なのです。

特徴3 消毒液での吹きあげも可能なアンティーク調のレザーをシートカバーに採用

クラフトプラスのライフスタイルプロジェクト “7th E- Life”のニューヨークスタイル

第3の特徴としてはマット系のレザーが使用されていること。これはかなりのポイントで、敢えてムラのある表情を見せる“Baron(バロン)”というシリーズから採用。アンティーク調のレザーが、一般的な艶のあるレザーとは一味も二味も違う空気感で内装を仕上げてくれます。

しかもこのレザーは機能的にも優れています。塩素系消毒液の主成分である次亜塩素酸ナトリウムに対応する生地であることは見逃せないポイントです。コロナウイルスの収束がなかなか見通せない現在、“次亜塩素酸でメンテナンスしたい”という要望が各方面から届き、いち早くそれに対応したとのこと。このシートカバー生地なら、塩素系やアルコール系消毒液での拭き上げが可能です。対応していないレザーでは、表面の劣化や拭き上げた後が白っぽくなる原因にもなりかねないので、これはかなりのメリットといえるでしょう。

>> NEW YORK Style の詳細はこちら

シートカバーの対応車種は300種類以上!すべて車種専用設計

「ニューヨークスタイル」というネーミングには、いろいろなところから移民を受け入れ数多くの人種が生活する街、自由の象徴としてのニューヨーク、という想いが込められています。「いろいろな考え方、個性、自己表現の仕方などが、自由であっていい」というクラフトプラスからのメッセージというわけです。

いつものドライブがなぜかワクワクするような、クルマに乗ることが楽しくなる、そんな気持ちにさせてくれるクラフトプラス最新のシートカバー「ニューヨークスタイル」。装着が可能な設定車種は300車種以上! もちろんそのどれもが車種専用設計。他車との差別化を図る、自分だけの空間演出として、この最新のシートカバーには要注目です!

>>300車種以上の対応車種はこちら

他車との差別化を図る、自分だけの空間演出として、この最新のシートカバーには要注目です!

>>【オフィシャルサイト】7th E-Life

筆者   木村隆之
自動車カスタム誌編集長を経てフリーランスへ。多くのドレスアップカーやカスタムシーン、アフターパーツを取材し、ウェブ・雑誌媒体に寄稿。アウトドアやキャンプ好きで、自ら改造した軽バンでキャンプに出掛けることも。
関連車種
  • ハリアー
  • ランドクルーザープラド
  • ミニ
この記事の写真ギャラリーはこちら

BEANSの関連記事

Brand Info - クラフトプラス

CRAFTPLUS(クラフトプラス)は、1999年9月に立ち上げた有限会社ビーンズが運営するハイエースのインテリアパーツを設計・製造しているブランドだ。同ブランドの特徴は、他では見る事のできないハイセンスなデザインと機能性の高いインテリアパーツをハンドメイドで製造していることにある。クラフトプラスが製造するベッドキット・コンソールボックス・アームレスト等の各種インテリアパーツは、オシャレに敏感なユーザーからも高い評価を得ており、年々ファンを増やし続けてている。そんなクラフトプラスが提案するライフスタイルプロジェクトが“7th E-Life”だ。

【お問い合わせはこちらから】

Corporate Profile

企業名:有限会社ビーンズ

郵便番号:501-0413

住所:岐阜県本巣市見延406-1

TEL:058-322-5530

営業時間:8:30~17:30

オフィシャルサイト:こちらから