ランクルプラドやRAV4、ジムニーを狙い撃ちするワークの新作ホイール「クラッグ PSV」&「クラッグ・ガルバトレ」|ワーク【Vol.7】

こだわりMAXなホイールメーカー「WORK(ワーク)」の新作に注目!

クルマ好きにとってのホイールは自分の愛車を理想的なイメージに近づける、もっとも欠かせないマスターピース。それは付ける本人はもちろんのこと、供給側のサプライヤーであるホイールメーカーも同じ。ホイールに対する思い入れは限りなく深いのです。

そんなこだわりMAXなメーカーの最右翼とも言えるのがワーク。そのワークが展開する本格的オフロードブランドといえば「クラッグ」ブランドははずせないでしょう。クラッグといえば、アウトドアをイメージする人もいると思いますが、今回はSUVターゲットでありつつ都会派の側面とオフ系イメージという二面性を持つモデル、その名も「クラッグ PSV」に注目します。

ランクル・プラドに履かせてワイルドにキマるホイール「クラッグ PSV」

ワーク

スポークエンドを大胆にマシニング処理、ツインスポークデザインであることをアピールするデザインが特徴で、開発担当者が“モンスターの爪”からインスピレーションしたという有機的なデザインが印象的。1ピースモデルなのでピアスボルトはダミーですが、このピアスには起伏があしらわれることで、より立体的な印象を与えてくれます。

これまでは3ピース鍛造削り出しの「LSパラゴン」というホイールが存在していましたが、こちらは200系ランドクルーザー用ということで5本ツインスポークの5Hのみの設定。つまりランドクルーザー・プラド150が履ける6Hの6スポークというドンピシャな存在が無かったのです。そのLSパラゴンをモチーフにターゲット車を150プラドに絞り込んで開発されたのがこの“クラッグPSV”というわけです。

ワーク

マルチピースモデルとは異なりリムのキワいっぱいまでデザイン面を採用している点も特徴で、視覚的な大口径感も獲得しています。また各インチごとにインセットもひとつ、という攻めたサイズ設定も潔いのです。このPSV、試作時には数々のカラーでサンプルを作ってみたものの、もっともキャラクターにふさわしかったこのブラックシャンファーマシニングただ一色のみを採用しているというほど“面の多面性”がデザイン上のキーポイントになっています。スポークサイドを大きくエグリ取り立体感を際立たせているディスクデザインのキモとなっているのが“マシニング”なのです。

ワーク

スポークサイドにエグリを入れることでふくよかな面の数がより多く見えるというこの仕掛けこそが多面性デザインと呼ばれる手法。センターのオーナメントは突起させたセンターロック風のデザインを採用。ここにもより立体的に見えるギミックを用意しています。

RAV4に向けた5穴仕様のホイールもラインアップ!

6H/6本スポークのブラド用に開発と上記で説明しましたが、実は5H/5スポークモデルも存在しており、こちらはRAV4用としてもドンピシャに使えるのです。6Hと5Hによってスポークの数を変更させている点でも意欲的なモデルと言えるでしょう。

>>クラッグ PSVの詳細はこちら

ジムニーやデリカD:5に合わせたいホイール「クラッグ・ガルバトレ」

ワーク

続いて紹介したいのが“クラッグ・ガルバトレ”。こちらも前述したクラッグ PSV同様にマーケットの動向を徹底調査、こだわりが強いオフ系ユーザーのコダワリのさらに上をいくマニアックな商品開発が行われたモデルです。

ここに紹介するガルバトレは、かつて130ハイラックス・サーフ、デリカ・スペースギアが全盛の時代に一世を風靡した3ピースの王者とも言える「クラッグ」がその原点。現代に蘇った新生クラッグ=ガルバトレと名付けられ、カスタムのバリエーションにより多彩に対応できるモデルとなっています。

実はこのガルバトレのメインターゲットとなったのがジムニー。ジムニーはご存知のとおり、軽自動車としてのカテゴリーではもはや語れない1ジャンルを築くモデルで、一台に対するオーナーの思い入れがとにかく強いのです。ジムニーを専門とするカスタムショップも多数あり、扱うショップの数だけタイヤ外径などのセッティングもさまざま存在しています。リフトアップやオーバーフェンダー装着など、カスタマイズの多様性がとにかく激しいのです。つまりサイズバリエーションが豊富であることが、ホイール市場では求められている車種と言えるわけです。

そんな時にもっとも効果を発揮するのが多くのパートを部品単体で個別に開発する3ピース構造。インナーリム、ディスク、アウターリムといった各パートを本気で作るには高度な技術が必要で、そんなところもまさにワークの真骨頂なのです。ワークならアウターとインナーのリムカラーが変更でき、ピアスボルトも何種類も設定しています。標準色はブラックシャンファーマシニングとポリッシュですが、ペイントカラーにクリアバリエーション、リムアレンジなども含めば、およそ1000通り以上の組み合わせが可能となっているのです。

自分なりの個性を注入して極める人が大多数のジムニー乗りをもってしても、人と被らないオリジナリティの高い個性派仕様に仕上げることができる。ここまでのサイズとカスタムバリエーションを持つモデルはジムニー用としては、おそらくこのクラッグ・ガルバトレだけかもしれないのです。

3ピース構造で16インチということを考えれば、実は価格帯も大きな魅力です。これはワークの漢気だと言っていい価格設定がされています。このガルバトレ、大きな声では言えませんがジムニーの純正センターキャップがハマるとの情報もあります。これも玄人好みのこだわりオーナーには魅力的な話でしょう。

>>クラッグ・ガルバトレの詳細はこちら

さらにこのガルバトレには16インチに5H/P.C.D.114.3という市場に圧倒的に少ないサイズが用意されています。そう、実はデリカD:5がもうひとつのターゲット車種に設定されているのです。デリカといえば18インチが標準サイズのハズですが…。わざわざインチダウンさせてでも大口径のブロックタイヤを履かせたい、オーバーフェンダーを装着したい…といったマニアックな土系ファンに向けてのサイズとして開発したのがこのサイズ設定です。

40mmワイドのオーバーフェンダー&ワイルドなブロックタイヤにもドンピシャで。アツいマニアック層の期待にも応えられるサイズなのです。

こちらのデリカD:5もジムニー同様、セッティングするショップによって使いたいタイヤサイズが細かく分かれるのが特徴で、そんな欲張りでマニアックなオーダーにも応えられるようにと3ピース構造で用意した意欲作のホイールが、このクラッグ・ガルバトレなのです。

ワーク クラッグ Tクラビック2

その価格の安さからつい1ピースホイールを選んでしまうというオーナーも多いとは思いますが、ベース色の2色にプラスしてカスタム色が多数設定されているのがこのガルバトレ。近年稀に見るバリエーションの豊富さも特徴で、クラッグの3ピースモデルを愛車に履くというステータスの高さは計り知れないのです。マニアックなオーナー達が「こんなホイールを待っていた」と歓喜する、まさにフルカスタム対応のフルスペック。ワークが用意した土系3ピースのフラッグシップモデルとしてぜひ覚えておいてください。

>>クラッグ・ガルバトレの詳細はこちら

ハイエースでタフなスタイルを演出するホイールならクラッグ ティーグラビック2

ワーク

そしてクラッグシリーズのレース直系モデルとして君臨する“クラッグ ・ティーグラビック2”もシリーズを語る上では欠かせない存在です。最近アゲ系カスタムとしても人気の高いハイエース用サイズが車種専用モデルとして追加ラインアップされました。

ビードロックリングに見立てたリムフランジなど、過酷なレースフィールドを戦い抜いた究極のスペックをハイエースにマッチングさせることができるのは何よりのニュースと言えるでしょう。

>>クラッグ ティーグラビック2の詳細はこちら

タフさをホイールで演出するならクラッグシリーズがおすすめ!

タフさがキモの土系ホイールの最高峰=CRAG(クラッグ)から繰り出される数々の意欲作。メーカーが、こだわり屋揃いのオーナーのさらに上をいく仕様として開発に時間と手間暇をかけてそのどれもを用意しています。

3ピース構造という価格がそれなりに高めに設定される理由にもちゃんとワケがあります。土系を愛するこだわり派にはそんなステイタスブランドを履ける究極のカスタマイズとしてぜひ頭に入れておいて欲しいものです。

>>ワークのオフィシャルサイトはこちら

関連車種
  • ランドクルーザープラド
  • RAV4
  • ハイエース
この記事の写真ギャラリーはこちら

ワークの関連記事

Brand Info - クラッグ

WORKとは?

WORK(ワーク)は、大阪府に本社を置く自動車用ホイールのメーカーである。創業した1977年以来、独創性なデザインと高い品質を兼ね備えたホイールを製造し続けており、日本は元より世界中から高い評価を得ている。ワークは日本国内では3本の指に入る屈指のホイールメーカーであり、乗用車用ホイールから競技車両用ホイールまで幅広いラインアップを揃えており、デザイン・性能・品質共に世界トップレベルのホイールメーカーだ。

<お問い合わせ> こちら

Corporate Profile

企業名:株式会社ワーク

郵便番号:577-0016

住所:大阪府東大阪市長田西4-1-13

TEL:06-6746-2859(コールセンター)

企業HP:こちら