軽商用車の車検もOK!ネオレトロなイメージが新しいアルミホイール トライアルファ レオウイング WXJ

豊富なノウハウで高品質なホイールをリリースし続けるトライアルファ

2016年に創業したトライアルファがリリースする高品質なアルミホイール。その理由は代表を務める湯浅氏は1980年代からエアロパーツやレース用のマグネシウムホイールの設計などを行っていたことで膨大なノウハウと知識が蓄積されているからに他ならない。

そんなトライアルファが展開するレオウイングシリーズの中で軽自動車に特化したサイズ展開をしているのがレオウイングWXJとなっている。

>>レオウイング WXJの詳細はコチラ

トライアルファ レオウイング WXJとは?

レオウイング WXJ
トライアルファ

レオウイングWXJは軽自動車専用に開発された、ちょっとクラシカルでカジュアルなアルミホイールで、ネオレトロがキーワードとなっている。その基本デザインは昔から存在している伝統的な8本スポークとなっているが、リムとスポークの先端に切削加工を施すことでカジュアルな印象を与えているのが最大の特徴だ。

この切削加工によってクラシックスタイルの軽自動車にはもちろん、近年のメッキを多用した押し出しの強いハイトワゴン系軽自動車にもマッチするようになっている。

カラーもブロンズとブラックの2色を用意しているが、どちらも艶を70%に抑えた落ち着きのある色味となっており、どんなボディカラーにも合わせやすくなっている。サイズ展開は12インチから14インチとなる。

レオウイングWXJは貨物車用の規格 JWL-Tを達成

レオウイング WXJ
トライアルファレオウイング WXJ

さらに特筆すべきは、12インチと13インチのレオウイングWXJは、JWL-Tという貨物車用の規格をパスしているという点だ。

実は最近、軽トラックや軽バンのカスタムがにわかに活気づいているそうで、手軽に見た目のイメージが変更できるアルミホイールの装着が人気なのだとか。

特に最近は軽商用車のOEM供給が増えており、メーカー毎の違いが少なくなってきていることも個性を出したいユーザーにとって悩みの種だったのかもしれない。

もちろんJWL-T規格をクリアしているためそのまま車検がOKというだけでなく、フル積載をしたとしてもホイールの強度的に全く問題ないというのは、ドレスアップをしながらも仕事でバリバリ軽商用車を使いたいユーザーには嬉しいところ。

仕事からプライベートまで、シーンを問わずマッチするレオウイングWXJこそ軽商用車ユーザーが求めていたアルミホイールなのかもしれない。

>>レオウイング WXJの詳細はコチラ

トライアルファの関連記事

>>トライアルファ流ホイールカスタムガイド Vol.1 見た目がどう変わるか編

>>トライアルファ流ホイールカスタムガイド Vol.2 なぜホイールからカスタムすべきなのか編

>>トライアルファ流ホイールカスタムガイド Vol.3 ホイール交換で走りはどう変わるのか編

>>オリジナルホイールブランド「トライアルファ」より、軽量かつ高い強度をもつ6本スポークタイプのアルミホイールが新登場!

>>伝統のメッシュデザインと深いリムをアピールできる!トライアルファ レオウイング RM9

関連車種
  • スペーシア
  • タント
この記事の写真ギャラリーはこちら

トライアルファの関連記事

Corporate Profile

企業名:株式会社トライアルファ

郵便番号:182-0026

住所:東京都調布市小島町1-21-6 アジャンタ調布301

TEL:042-426-7186(代表)

企業HP:こちら

トライアルファ Info

トライアルファとは?

1983年よりアルミホイールの企画・開発・デザインに携わってきたトライアルファ代表、湯浅氏が2016年に立ち上げたオリジナルホールブランド。さまざまなデザインがあるレオウイングシリーズの中には軽自動車専用、レトロなデザインが人気のWXJなどもある。

<製品ラインナップ> こちら