RAV4やジムニーのオフロードテイストを一気に高めるビードロック風ホイール「Leowing XR」|トライアルファ【Vol.8】

ビードロック風リムでタフ&ワイルドなオフロードテイストを演出するレオウイング XR

トライアルファ Leowing XR

デリカD:5やジムニー、RAV4などのSUVはもちろん、アゲ系スタイルのハイエースユーザーからも、人気を集めているホイールのディテールがある。ビードロック風のリムだ。

ビードロックはタイヤのビードを挟み込み、がっちりと固定するホイールの部品だ。ダートトラックレースやオフロードレース、NASCAR、インディなど、過酷な条件下で酷使されるホイールに採用されている。強度が高く分厚いリムでなければ備えることができない部品なので、ビードロックのホイールはひと目で分かるほどのタフな雰囲気を纏っている。そのイメージをドレスアップホイールで演出するために考えられたディテールがビードロック風のリムだ。

トライアルファからリリースされた「Leowing XR(レオウイング クロス)」は、そんなビードロック風のリムを巧みに投入。SUVの足元に違和感なくマッチするタフ&ワイルドな一本に仕上げている。

>>レオウイング XRの詳細はこちら

コンケーブデザインもさりげなく取り込んだ新感覚のオフロードホイール

ビードロック風のリムにまず目が行くレオウイング XRだが、そこに合わせた技巧も見逃せないポイントだ。ディスクは強靭な8本スポークデザイン。リムとスポークの間に段を入れ、15のスリットをレイアウトする。センターに向かってわずかに窪むコンケーブデザインとするなど、トレンドのディテールもさりげなく取り入れている。シンプルすぎるとリムが浮いてしまい、複雑にしすぎるとまとまりがなくなる、ビードロック風のリムの難点を見事に解決している。

ホイールサイズはクロスカントリータイヤとの組み合わせを前提とした設定

それらオフロードテイストあふれるディテールは、クロスカントリータイヤを組み合わせるとより引き立つ。そして、レオウイング XRはハイトが高いクロスカントリータイヤを合わせることを前提にサイズを設定している。

トライアルファ Leowing XR

ジムニー用は16×5.5J+20。ハイエース用は16×6.5+38となる。この2サイズはセミグロスブラックのみの展開。デリカD:5やRAV4に適合する16×7J+35とハイラックスやランクルプラド向けの17×8J+20は、セミグロスブラックとブロンズメタリック(リムブラック)の2色を用意している。

オーナメントは装着車のテイストに合わせてセレクトできる2色を用意

装着車とのマッチングを考えて複数のセンターキャップをラインナップしているのも、レオウイング XRの魅力のひとつだ。

センターキャップに取り付けるオーナメントはシルバーとオレンジの2色を用意しているので、オレンジがイメージカラーのデリカD:5アクティブギアにも合わせやすい。シルバーのオーナメントを入れてブランドロゴを際立たせることもできるし、外して無骨な雰囲気を演出するのも手だ。

なお、ジムニー用の16×5.5Jはセンターキャップは付属せず、リヤ用の純正センターキャップの装着が可能となっている。

有名ホイールブランドと同じ工場で同質の素材を用いて製造

トライアルファトライアルファ

ビードロック風のリムや段をつけたコンケーブデザイン、バリエーション豊かなセンターキャップなど、技巧を凝らしたディテールを採用しているにもかかわらず、16×5.5Jで2万7000円というリーズナブルな価格設定を実現している点もレオウイング XRの特筆すべきポイントだ。そこには、トライアルファというホイールメーカーが設立された経緯が大きく関係している。

トライアルファは、2016年に設立された新興ホイールメーカーだ。創業者の湯浅良行代表は、30年以上前から有名ブランドホイールの企画や設計に携わってきた経歴を持つ。その中で抱き続けていた「有名ブランドと同等のホイールをもっとリーズナブルに提供したい」という、湯浅代表の思いから立ち上げられたホイールメーカーなのだ。

したがって、設計から製造に至るまで妥協がない。トライアルファがホイールの製造を依頼する工場は、有名ブランドのホイールを手掛けており、技術面はもちろん製品の管理体制なども高いレベルにあるため、高品位なホイールを提供できる。そのような工場と提携しているため、トライアルファのホイールは、リーズナブルだが有名ブランドのホイールと遜色ない品質を確保しているというわけだ。

>>レオウイング XRの詳細はこちら

コストを抑えてSUVのホイールをカスタムしたいならレオウイング XRがおすすめ!

トライアルファ

SUVに合わせるホイールは、デザインが複雑になることも多いため高価になりがちだ。でもレオウイング XRは、有名ブランドの一般的なホイールよりもリーズナブルな価格帯で、オフロードテイストあふれるデザインを実現している。しかも素材やクオリティ、精度は有名ブランドと遜色ない。

コストを抑えてドレスアップしたい、タフ&ワイルドなイメージを演出したいという、SUVユーザーのワガママに応えてくれるホイールだ。

>>トライアルファのオフィシャルサイトはこちら

筆者   井口 豪
1975年4月29日生まれ。血筋は九州の埼玉県出身。自動車雑誌編集部員を経て、2004年にフリーランスに転身。多彩な趣味を持つウンチク好きの性分を生かし、自動車関連、ファッション、スポーツ、ライフスタイル、医療、環境問題など、幅広い分野で執筆活動を展開している。器用貧乏を地で行くフリーライター。
関連車種
  • RAV4
  • デリカD:5
  • ジムニー
この記事の写真ギャラリーはこちら

トライアルファの関連記事

Brand Info -

トライアルファとは?

トライアルファは、30年以上前から有名ブランドホイールの企画や設計に携わってきた湯浅代表によって設立されたホイールメーカー。リーズナブルな価格帯で、有名ブランドホイールに引けを取らないハイクオリティかつファッショナブルなプロダクツを提供する。現在はドレスアップ志向の「Leowing(レオウイング)」とスポーツ路線のユーザーに向けた「J-TECH(ジェイテック)」の2ホイールブランドを展開。トライアルファの製品は、高品位な有名ブランドホイールを開発・生産する工場で製造されており、高いクオリティを実現している。2016年に設立された新興メーカーだが、コンパクトカーやミニバン、SUV、オフロード車向けのホイールをラインナップするなど、幅広い車種をカバーする。

<製品ラインナップ> こちら

Corporate Profile

企業名:株式会社トライアルファ

郵便番号:182-0026

住所:東京都調布市小島町1-21-6 アジャンタ調布301

TEL:042-426-7186(代表)

企業HP:こちら