ちなってぃーが行く!【東京モーターショー2019】 vol,4│OPEN ROADで、超小型モビリティを試乗体験!

画像ギャラリーはこちら

実は免許を持っている方なら誰でも簡単に運転できちゃうんです!

東京モーターショー2019 プレスデー初日、続いてはOPEN ROADエリアにて小型モビリティ「i-ROAD」を試乗しました! 今回の試乗体験で私が一番感動した乗り物と言っても過言ではありません!!

まるで漫画やSF映画に出てきそうな2人乗り用超ミニカーと言った感じの「i-ROAD」ですが、こちらは免許を持っている方であればどなたでも運転することができます。

手順はクルマに乗り込むのと同じで、シートベルトをつけたらブレーキを踏みながらスタートボタンを押し、ボタン式のシフトでDレンジに入れ、フットブレーキを解除! たったこれだけなんです。

トヨタ、超小型EVをFUTURE EXPOに一斉出展|2020年冬市販予定モデルも登場

そして、いざ出発! アクセルを踏み込むと“スイー”っと加速。軽い! 先導車の真似をして蛇行運転をしてみたら、簡単に思うように操作できるので驚きが隠せませんでした。クルマよりも自転車を運転している感覚に近かったです。

カーブを曲がる時にバイクのように傾くので、最初はこんなに斜めになっちゃって大丈夫かな? と心配でしたが、係員の方に「カーブはバイクのように車体が傾きますが、大丈夫ですので安心してくださいね」とのアドバイスをいただいており、そのまま曲がってみました。

すると、MotoGPのライダー並みに傾いている感覚(自分なりにw)までいきましたが、安定しているし、なにより倒れる心配がないのが嬉しいですね。思うままに動くスムーズなコーナリングがとにかく印象的でした。

試乗を終えて開口一番「これ欲しいです」(笑) 自分には縁がないと思っていた小型モビリティへの印象が大きく変わる試乗となりました!

[筆者:美波 千夏/撮影:土屋 勇人]

この記事の画像ギャラリーはこちら
美波 千夏
筆者美波 千夏

千葉県出身。2010年にSUPER GT 2010 AUTECH レースクイーンとしてデビューし、同年に初開催された日本レースクイーン大賞で初代グランプリを獲得した。2013年に引退した後はモデルとして様々な分野で活躍しており、インスタグラムのフォロワーは8万人に迫る。料理やゴルフのほかドライブも趣味で、根っからの車好きでもある。記事の執筆経験もあり、マルチな才能を多方面で発揮しているアクティブな女性だ。 https://www.instagram.com/chinatsu_minami/記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる

日本カーオブザイヤー
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

おすすめの関連記事