LEXUS LCなのに屋根がない!?「LCコンバーチブルコンセプト」が登場【東京モーターショー2019】

  • 筆者: 井口 豪
  • カメラマン:MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
RX450hやLC500などの新型車が並ぶLEXUSブース。その中に、疑問符が浮かぶ一台が……。正体は「LCコンバーチブルコンセプト」。今年初めのデトロイトモーターショーで世界初公開されたコンセプトカーが、東京モーターショー2019にも出展されたのだ。
目次[開く][閉じる]
  1. ラグジュアリーライフスタイルの新たな提案として開発
  2. スポーティでスタイリッシュな流麗なサイドビュー
  3. シンプルでありながら上質感と心地良さを演出するインテリア
  4. コンバーチブルならではの開放感でLC500のスタイリングを昇華

ラグジュアリーライフスタイルの新たな提案として開発

LCコンバーチブルコンセプトは、LEXUSが提唱するラグジュアリーライフスタイルの新たな提案として開発されたコンバーチブルモデルのコンセプトカーだ。フラッグシップクーペのLCとともにLEXUSラインナップの頂点として、美の追求と感性を刺激する唯一無二の体験の提供を目指している。

レクサス/LC
レクサス LC
新車価格:
1,326.3万円1,479.1万円
中古価格:
859万円1,792.9万円

スポーティでスタイリッシュな流麗なサイドビュー

もちろんルーフは天候や気分に合わせて気軽に開閉可能。思い思いのスタイルで、ドライビングを楽しむことができる。ルーフの格納位置にもこだわっており、開けたときも閉じたときも流麗なサイドビューが実現する。優れた運動性能を予感させる専用の22インチホイールとも好相性のスポーティでスタイリッシュなサイドビューだ。

シンプルでありながら上質感と心地良さを演出するインテリア

インテリアは、ルーフを開けた際の車外からの見え方にもこだわってデザイン。ボディカラーに合わせたホワイトとブラックによるシンプルなコーディネイトで、上質感と心地良さを追求したとのことだ。

コンバーチブルならではの開放感でLC500のスタイリングを昇華

エクステリアは、LCが持ち味とする走行性能とデザインが融合した独創的なスタリング。クーペモデルのデザインモチーフを生かしながら、LEXUSコンバーチブルとしての独自の美しさを追求したという。

主要諸元は全長4760mm、全幅1920mm、全高1350mm、ホイールベース2870mm。4770mmの全長と1345mmの全高以外はLCと同サイズだが、コンバーチブルならではの開放感やUS仕様特有のサイドマーカーによって、クーペモデルとはまた違った雰囲気を醸し出している。LCの優れたデザイン性を再認識させる仕上がりだ。

[筆者:井口 豪]

この記事の画像ギャラリーはこちら
井口 豪
筆者井口 豪

1975年4月29日生まれ。血筋は九州の埼玉県出身。自動車雑誌編集部員を経て、2004年にフリーランスに転身。多彩な趣味を持つウンチク好きの性分を生かし、自動車関連、ファッション、スポーツ、ライフスタイル、医療、環境問題など、幅広い分野で執筆活動を展開している。器用貧乏を地で行くフリーライター。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる

日本カーオブザイヤー
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

おすすめの関連記事