豊田合成、ふわふわ過ぎるコンセプトカーを今回も出展【東京モーターショー2019】

画像ギャラリーはこちら
トヨタのグループ会社である豊田合成は、2019年10月25日から一般公開される第46回東京モーターショー2019に出展することを発表した。ブースでは、今後のモビリティー社会に貢献する「CASE対応技術」、ゴム・樹脂製品の専門メーカーとして提案する「将来のインテリア・エクステリアのコンセプトモデル」などを紹介する予定だ。
目次[閉じる]
  1. 1.CASE対応技術
  2. 2.コンセプトカー
  3. 3.要素技術(体験コーナー)

>>可愛すぎるコンセプトカー! 「Flesby III」など展示品の画像を見る

1.CASE対応技術

CASE対応技術は、豊田合成にとって主力製品であるフロントグリルやハンドルなどに、センサなどの電子部品を融合させ、「安全を支える機能」と「魅力的なデザイン」を両立したモジュール製品や、自動運転時代の新たなエアバッグに搭載した。

フロントグリルモジュール

カメラやミリ波レーダなど周辺状況を認識する「センシング機能」や、運転状態をLEDの光で周囲に伝える「サイネージ機能」などを搭載した。

ハンドルモジュール

人とシステムが協調して車を操作するための「ヒューマン・マシン・インターフェイス機能」を付加したもの。カメラとセンサでドライバーの状態を感知する「見守り機能」や、光や振動などで情報を提示する「インフォメーション機能」を搭載した。

次世代セーフティシステム

自動運転時に想定される乗員の姿勢の多様化に対応するため、エアバッグをシートに一体化させている。

2.コンセプトカー

Flesby III

ゴム・樹脂技術を活用した柔らかな車体にAIを搭載し、スキンシップによりコミュニケーションができる相棒のような車。

エクステリアコンセプトには、万一の歩行者との接触時にも衝撃を吸収する「安全機能」、走行シーンに応じて車体形状を最適化する「省エネ機能」などを搭載。

インテリアコンセプトには、柔らかく包み込むシートや、シーンに応じて色合いが変わるLED照明などで安らぎを与える「ファーストクラス機能」などを備えている。

3.要素技術(体験コーナー)

コンセプトカーの実現に向けた各種要素技術を体験することができる。

Commu-Touch

電気で伸縮する次世代ゴム「e-Rubber」の振動を用いて、多彩な触覚を擬似的に再現するハプティクス技術を体験できる。

e-Float

高出力・高周波の電力を扱える「縦型GaNパワー半導体」を用いて、離れた場所へワイヤレスで電気を送る技術を体験できる。

この記事の画像ギャラリーはこちら
監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる

カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

おすすめの関連記事