ダイハツ、打倒ハスラー? の軽SUV登場[東京モーターショー2019]

  • 筆者: MOTA編集部
  • カメラマン:DAIHATSU
画像ギャラリーはこちら
ダイハツが東京モーターショー2019の出展概要を発表した。「つどい」というテーマを掲げ、クルマとブースの演出を通じて“あたたかな未来の暮らし”を表現する。気になる出展車両だが、ワールドプレミアが4台と新型タントを中心とした市販車両が展示される予定だ。
目次[開く][閉じる]
  1. 打倒ハスラー!? 軽SUV「WakuWaku」
  2. 高齢化社会を見据えた軽サイズの完全自動運転カー「IcoIco&Nipote」
  3. 自在にトランスポートする未来の軽トラ「TsumuTsumu」
  4. 家族・友だちみんなで「WaiWai」乗りたいミニバン

打倒ハスラー!? 軽SUV「WakuWaku」

全世界で大人気のSUVをダイハツお得意の軽で表現。その完成度は高く、市販化も間近か? と思わせる仕上がりだ。リヤシートを積載モードと乗車モードに変化させるなど、どんなシーンでも対応できるよう設計している。

リアのドアガラスにある"×マーク"部分は取り外し可能なLEDライトとするなど、ギア感満載のデザインとなっている。

>>ハスラーに挑戦状? WakuWAkuの気になる詳細を画像でCHECK

高齢化社会を見据えた軽サイズの完全自動運転カー「IcoIco&Nipote」

すべての世代の人が自由に移動ができるようサポートするのが“IcoIco”が目指すところ。免許を返納した高齢の方の移動手段に、あるいはラストワンマイルでの活用を目指した軽自動車サイズの完全自動運転車両となる。地方都市や住宅地などの細い道でも気軽に使えるのは嬉しい。そのうえクルマ椅子や旅行者など、すべての人がラクに乗り降りができるよう格納式のスロープが備わるなど使う人に寄り添った理想的な一台だ。

このクルマにはNipoteと名付けられたお世話ロボットが備わる。このNipoteに話しかけることで移動に関わることをアシストしてくれるのだ。ちなみにニポテはイタリア語で”孫”を意味する。

自在にトランスポートする未来の軽トラ「TsumuTsumu」

従来の軽トラのイメージを大幅に覆す"イケてる"デザインを採用したTsumuTsumuは、ニーズに応じて荷台を自在に換装できるのが最大の特徴だ。今までの職人のクルマとしての側面も持ちつつ、例えば農業用ドローン基地や個室空間として使用できるなど使い方が一層広がるクルマだ。

もちろんボディサイズは軽規格に収まるが、従来モデルよりも広いキャビンスペースを確保。にもかかわらず荷台の全長は従来モデルと同等としたのは、新しいレイアウトを採用したからだ。新発想のドアを採用することでバツグンの乗降性も手に入れている。

家族・友だちみんなで「WaiWai」乗りたいミニバン

小型車が得意なダイハツが考える次世代ファミリーカーのWaiWaiは、3列シートを備えたコンパクトミニバンだ。文字通り”みんなで楽しくクルマに乗ろう”がコンセプトのため、男女問わず気軽に使えるようデザインしたという。大きく開閉するサンルーフにより、小さいボディながら開放感あふれる車内を実現している。

「つどい」というブーステーマ通り、人とクルマを繋ぐワクワクするようなコンセプトカーが大集結するダイハツ。ダイハツが考える未来の生活を会場で体感しよう!

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる

日本カーオブザイヤー
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

おすすめの関連記事