メニュー

マツダ アテンザワゴンのレビュー・口コミ評価|自動車カタログ

外装・内装写真

ボディサイズ

4805×1840×1480 mm (全長×全幅×全高)

燃費

JC08モード: 14.80~16.60km/L

WLTCモード: -km/L

  • このアイテムをシェアする

マツダ アテンザワゴンの新車価格・取扱店

新車価格
288.2万円 426.8万円
最新モデル(1代目)2012/11/01~
販売店
新車・未使用車・リース取扱店を検索
リース価格
複数社比較で、最安値を検索

マツダ アテンザワゴンの中古車価格

中古車の掲載台数:348台
25.6 万円 180.2 万円
(グレードによって異なります)
愛車の査定を依頼する
人気ランキング
-
(ステーションワゴン・ツーリングワゴン)
評判・口コミ
3.6 pts
(2人)
ガイド記事数
25記事
 
モデル概要

「アテンザ」をベースにしたステーションワゴン。抑揚のある美しいデザインと高級感はそのままに、広い荷室とハッチバックでアクティブな性格を手に入れた一台。運転のしやすさ、自然な着座姿勢の実現のために徹底してこだわりぬいた運転席は、長距離を走る際の大きなポイント。四輪駆動グレードも設定されているので、雪道でも安心して走れる。リアドアをワゴンモデル専用に設計するなど、デザインへのこだわりは相当のもの。

派生車種
アテンザ アテンザスポーツ アテンザスポーツワゴン
アテンザワゴンのカタログトップへ

マツダ アテンザワゴン レビュー・口コミ評価

参考になった!車種口コミランキングはこちら
総合評価
3.6 (2)
外観
3.5
内装
3.5
走行性
4.0
運転しやすさ
3.0
乗り心地
3.5
燃費・維持費
4.5
  • 投稿日が新しい順
  • 総合評価が高い順
  • 総合評価が低い順
  • プラットフォーム
  • でんでん
  • 投稿日 2023年2月10日
2012年式モデル  グレード:-
総合評価
3.8
外観
4
内装
4
走行性
4
運転しやすさ
3
乗り心地
4
燃費・維持費
4
総評

アテンザワゴンのエクステリアデザインは、ヨーロッパ車のようです。マイナーチェンジでフロントグリルがスリークな金属を編み合わせた様な、そうです、昔のジャガーとかベントレーに採用された意匠を取り入れています。マツダのSUVにも、このデザインテーマが波及しており、イギリス車の様でオシャレです。今回のフロントグリルには、コストが使われており、質感向上に貢献しています。カラーリングにも拘りを感じます。レッドのメタリックでソウルレッドと命名されたカラーは、マツダ車のフラッグシップカラーです。

良かった点

スポーツカー等では、採用の多いレッドカラーですが、コンパクトカーのマツダ2からアテンザ、CX-8やCX-60まで全モデルにレッドメタリックカラーが選択出来るのは、マツダさん以外にありません。また、それが良く売れてるらしく、街中でも良く見かけるのです。ディーラーで展示している展示車も、この色が多く推しのカラーとなってます。アテンザワゴンは、言い方は別として潰しの効く車です。セダン的にも使えますし、ラゲッジに沢山の荷物を載せて、キャンプ場へも行けます。アテンザよりもアテンザワゴンをお勧めします。

気になった点

アテンザワゴンの気になる所は、モデルライフが長いことです。マイナーチェンジで延命に延命を重ね、プラットフォームが古いのです。マツダさんの努力で、プラットフォーム以外の所は、随分な改良を行っています。搭載エンジンも手を加えて、高出力化と低燃費を実現しています。でも後は、根本的な部分であるプラットフォーム関連が残さらたのみで、フルモデルチェンジが待たれるところです。このまま、延命を続けてEV化へと繋げて行くのか、マツダさんの判断次第です。

0人
  • スカイアクティブ
  • まーさん
  • 投稿日 2023年2月10日
2012年式モデル  グレード:-
総合評価
3.5
外観
3
内装
3
走行性
4
運転しやすさ
3
乗り心地
3
燃費・維持費
5
総評

アテンザワゴンは、息の長いモデルです。2012年登場なので、実に10年以上です。その間にいく度のマイナーチェンジを繰り返して、更なるブラッシュアップを図ってきました。アテンザワゴンは、文字通りアテンザのステーションワゴン版です。マツダのセダン系フラッグシップ車種です。SUVを含めるとフラッグシップは、CX-60となります。アテンザワゴンは、ガソリン車とディーゼルエンジン車があります。人気は圧倒的にディーゼル車でスカイアクティブディーゼルは、一時車業界を席巻しました。

良かった点

スカイアクティブディーゼルの凄い所は、ディーゼルの排気ガスを浄化する高価な触媒を不要とした技術です。ライバル車達は、白金やパラジウム等の貴金属を使い、またアンモニア水を使ったものが主流でメンテナンスも大変です。それをスカイアクティブディーゼルは、燃焼技術を、極限まで引き上げ対応しました。また、旧態依然としたディーゼルよりも、低圧縮化を実現して、ディーゼルとガソリン車の良いとこ採りを行っています。スカイアクティブディーゼルは、現時点でも世界一の技術です。

気になった点

スカイアクティブディーゼルの走りは気持ちいいです。改良を重ねた2.2リッター直4ディーゼルは、190psをゆうに越え、最大トルクも軽く40kgfを凌ぎます。低速からみなぎるトルクは、ガソリン車では味わえない、頼もしい走りが信条です。乗車人数が増えようが、ラゲッジの荷物が満載になろうが、お構い無しです。乗り心地も、サスペンションが良く動くタイプで少し固めのセッティングながら、安心出来る挙動に終始します。
シートサイズも大きく、ゆったりとした乗り心地にも貢献しています。

5人
  • さん(見積りしたよ)
    2.0 20S
    地域: 福岡県
    投稿:2018年8月23日
    購入動機
    購入価格
    コメント

    車検のときに旦那の連絡先を登録してお世話になったディーラーに見積もりを依頼しました。 私の電話番号で登録しました。 ディーラーから直接私に商談?の電話がありましたが電話な出られなかったのですが、その後、ディーラーそんが旦那の携帯に電話をしたらしいです。 内緒で見積もり依頼をしていたので車を買うのかと問い詰められ夫婦喧嘩になりました。 同じ住所だから他の家族に見積もり結果を伝えるのはやめて欲しかったです。 今回はそんな対応であったためにそれ以降の見積もりをすすめることはありませんでした。 ただ、ネットで簡単に見積もりを依頼できて携帯で資料をすぐに見られるのは本当に便利だと思いました。 他の会社への見積もりや、キャンペーンで実際にいくらぐらい値引きができるかは商談は行かないとわからないと思います。 が、わずかな文面だけでも担当の方の熱意が伝わってくると思うので、聞いたことしか返信してこないような会社からは買いたくないなと思えます。 事前にディーラーの温度やある程度具体的な値段を知ることができるのはありがたい。

  • マコさん(成約したよ)
    2.0 20S プロアクティブ
    地域: 千葉県
    投稿:2015年3月28日
    購入動機
    その他 車体サイズ
    コメント

    立体駐車場に収まるサイズで、趣味の魚釣り対応の荷室の大きさが気に入りました。

  • アベさん(見積りしたよ)
    2.2 XD ディーゼルターボ
    地域: 千葉県
    投稿:2015年2月22日
    購入動機
    外観・見た目 車体サイズ 走行性能
    コメント

    クリーンディーゼルとマニュアルが気に入りました。

  • マコさん(成約したよ)
    2.0 20S プロアクティブ
    地域: 千葉県
    投稿:2015年2月21日
    購入動機
    その他 外観・見た目
    コメント

    大きさの割に燃費に優れている点です。デザインもバツグンです。

  • マコさん(見積りしたよ)
    2.0 20S
    地域: 千葉県
    投稿:2015年2月21日
    購入動機
    外観・見た目 維持費や燃費 荷室の広さ
    コメント

    車体の大きさの割に燃費が良い事。レギュラーガソリンなのに燃費15km超/lは優れていると思います。

  • jaga04さん(納車されたよ)
    -
    地域: 東京都
    投稿:2014年7月13日
    コメント

    直進性とコーナーでのがっちり感は一昔前のドイツ車にも負けない位。

  • ニーナさん(成約したよ)
    -
    地域: 兵庫県
    投稿:2013年11月1日
    購入動機
    その他 外観・見た目
    コメント

    他にも購入決め手はありましたが、まず、スタイルが気に入って決めました。

  • ナガセさん(納車されたよ)
    2.2 XD ディーゼルターボ
    地域: 神奈川県
    投稿:2013年5月4日
    コメント

     アテンザ、CX-5のグリルをトヨタなどクラウンがパクッテいる。

11件中1~10件表示
前へ 次へ

マツダ アテンザワゴンを見た人はこんな車も見ています