autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 日産、2008年にクリーンディーゼルエンジンを国内向けSUV「エクストレイル」に搭載

自動車ニュース 2007/8/6 19:04

日産、2008年にクリーンディーゼルエンジンを国内向けSUV「エクストレイル」に搭載

 日産は、新開発のクリーンディーゼルエンジンを本格的SUV「エクストレイル」に搭載し、2008年秋に国内市場に投入することを発表した。このクリーンディーゼル車は、アライアンスパートナーであるルノーと共同で開発したM9Rエンジンをベースに、高性能触媒技術、高度エンジン制御技術など、日産独自のクリーンディーゼル技術を盛り込んだものである。

 このクリーンディーゼルは、国内における新しい排出ガス規制レベルを目指して開発を進めている。同エンジンの性能等、具体的な諸元については開発完了後に発表する予定である。

 同社のクリーンディーゼルを実現する技術は、燃焼技術(MK燃焼) 、高性能触媒技術(HC・NOxトラップ触媒)、高度エンジン制御技術の3つである。
今回発表した日産のHC・NOxトラップ触媒技術の特長は、NOxをトラップして浄化する層にHCの吸着層を追加し、吸着したHCと微量のO2を利用してNOx還元効率の高いH2やCOを生成して高効率なNOx浄化を実現することである。日産は既に北米排出ガス規制のTier2Bin5をクリアするクリーンディーゼル技術を公開しているが、このHC・NOxトラップ触媒技術によって、更に厳しいカリフォルニア州の排出ガス規制SULEVレベル(Tier2Bin5に対し、HC:約90%減、NOx:約70%減)の排出ガス性能を可能とした。

 日産は、ニッサン・グリーンプログラム 2010において、将来の排出ガス規制をクリアするクリーンディーゼル車を2010年度より拡大投入する計画を発表しているが、今回公開したクリーンディーゼル技術は、さらにその先の「大気並みのエミッション」を目指すという究極のゴールに向けた重要な技術であり、今後さらに実用化に向けた研究開発を強力に推進していくとしている。


【画像】新型エクストレイルが今夏登場! 

 
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!