新生モーターショーに約130万人が来場|東京モーターショー2019閉幕

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
一般社団法人日本自動車工業会(会長:豊田 章男)は、「第46回東京モーターショー2019」を東京ビッグサイト(青海・西・南展示棟)、MEGA WEB、シンボルプロムナード公園等において2019年10月24日から同年11月4日までの12日間の会期で開催し、11月4日午後6時に閉幕した。

今回は「OPEN FUTURE」をテーマにグローバルに活動する総勢192企業・団体が参加し、130万900人の来場者が未来のモビリティ社会を体感した。

目次[開く][閉じる]
  1. 総来場者 130万900人が東京モーターショーを満喫!
  2. 「FUTURE EXPO」で近未来を体感
  3. キッザニアに1万人、試乗プログラムは2万9000人が体験
  4. e-Motorsports、ドローンなど、様々なエンターテイメントを実施
  5. 豊田会長のコメント

会場の熱気が伝わる! モーターショー最終日の様子を画像で見る

総来場者 130万900人が東京モーターショーを満喫!

今回の会場である青海・西・南展示棟、MEGA WEB、および屋外のDRIVE PARKにおける総来場者数は130万900人と、国内外から多くの来場者が訪れた。特に14歳以下の来場者の割合は前回比で約7割増加した(速報値)。

今回は開催エリアが2カ所に分散したこともあり、移動に際して混乱や混雑が見受けられる場面もあった。

また会期前半は残念ながら雨天の日もあったが、後半は好天にも恵まれ、よりオープンな会場である「Open Road」にも多くの来場者が訪れ、モビリティの試乗や見学などを楽しんだ。

「FUTURE EXPO」で近未来を体感

オリンピック・パラリンピック等経済界協議会やNEDO(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)など、62の企業・団体と連携し、MEGA WEB会場で主催者シンボルイベントとして開催した「Future Expo」には約50万人が来場した。

クルマやバイクのみならず、異業種の最新技術が一堂に集結、100を超えるコンテンツで少し先の未来を体感できる場となった。

キッザニアに1万人、試乗プログラムは2万9000人が体験

今回のショーは、「体験」がキーワード。「キッザニア」とは初コラボ、全11の職業体験プログラムに約1万人の子どもが参加し、メディアでも大きく取り上げられ大盛況となった。

また試乗体験型プログラムは、乗用車・二輪車の最新モデルの試乗に加え、超小型モビリティ・パーソナルモビリティ・電動キックボード、先進安全技術や次世代自動車、更には自動運転の体験試乗など、これまで以上に多彩な試乗ラインナップを用意し実施した。

これらの試乗体験型プログラムの体験者数は過去最高の約2万9000人にものぼり、未来のモビリティを多く来場者が楽しんだ。

e-Motorsports、ドローンなど、様々なエンターテイメントを実施

若者の間で話題のe-Motorsportsの様々な大会が、PlayStation4用ソフトウェア「グランツーリスモSPORT」を用いて開催された。

世界No.1プレイヤーを決める「FIA グランツーリスモ チャンピオンシップワールドツアー」では世界各国のトップドライバーが最高レベルのレースを繰り広げたほか、全国の予選を勝ち上がった18歳未満の47都道府県の代表から全国No.1を決める「都道府県対抗U18全日本選手権」、更には「自動車メーカー対抗・真剣勝負」など、会場となったMEGA WEB会場は大いに盛り上がった。

また東京モーターショー初の夜空のスペクタルショー「FUTURE DRONE ENTERTAINMENT ”CONTACT”(コンタクト)」は500機のドローンが夢の大橋上空を乱舞する幻想的なナイトショーとして開催され、3日間で約1万5000人が観覧した。

さらに会期後半に行われた国内初「FAI公認ドローンレース」の迫力あるレースには、2日間で約3000人が観覧するなど、様々な最新テクノロジーによるモビリティの競演が行われた。

豊田会長のコメント

第46回東京モーターショー2019が無事に終了いたしました。

お越しいただいた皆さま、ありがとうございました。楽しんでいただけましたでしょうか。

これまで何度も東京モーターショーにお越しいただいていた方もいらっしゃったと思います。

クルマやバイクを、ずっと好きでいてくださりありがとうございます。

「今回はいつもと少し違うな…」と感じられたかもしれません。

これから大いに変わっていく部分と、これからも大切にし続けていく部分とがクルマやバイクにはあります。

変わっていく部分にもワクワクしていただけたならば…嬉しく思います。

初めて東京モーターショーにお越しいただけた方もいらっしゃったと思います。

モーターショーに行ってみよう!と思っていただけたこと、先ずは、ありがとうございます。

楽しいと思えるなにかに出会えたでしょうか?

「来てみてよかった!」「楽しかった!」と言っていただけたなら嬉しいです。

「また来たい!」と言っていただければ、もっと嬉しいです。

2020年、今回の会場のまわりは東京オリンピック・パラリンピックの選手村になります。

そこでは、今回見ていただいたような未来のモビリティたちが走りはじめます。

更に、その1年後の2021年には、次のモーターショーを予定しています。

今回、見ていただいたモノたちが、これからの2年でどれだけ進化をするのか?皆さま、想像してみてください。

我々は、その想像を遥かに上回るようなモノを2年後のモーターショーで、また提案したいと思っています。

皆さまの驚く笑顔を想像しながら、我々はもっと頑張って、ものづくりを進めてまいります。

もし今回、「楽しかった」「来てよかった」と思っていただけたなら、

2021年の東京モーターショーにも、ぜひご期待ください。

2年後、またのご来場をお待ちしております。

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる

日本カーオブザイヤー
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

おすすめの関連記事