マツダ さらに洗練されたCX-8を展示【東京モーターショー2019】

画像ギャラリーはこちら
マツダは3列シートクロスオーバーSUV「CX-8」を商品改良し、2019年10月23日より受注を開始、同年11月28日から発売する。価格は294万8000円~489万600円(消費税込み)。

なお同モデルは第46回東京モーターショー2019(同年11月4日まで開催)にて展示されている。

目次[開く][閉じる]
  1. 荷室が大きくなり、さらに快適に
  2. 特別仕様車「エクスクルーシブ・モード」を追加
  3. マツダ CX-8 主な改良内容
  4. 主な専用装備
  5. 各モデルの価格

>>オトナの品格! マツダ CX-8の内外装を画像で見る(20枚)

荷室が大きくなり、さらに快適に

今回の商品改良では、走りもデザインも洗練された大人のロングツアラーとして、利便性や快適性を向上した。

電動スライドガラスサンルーフや3列目シートの充電用USB端子などの装備を追加したほか、塗布型制振材の採用により雨粒がルーフを叩くことで発生する騒音を低減させ、上質感を高めた。

また荷室はサブトランクボックスの容量を拡大することで、丸畳式サンシェードなどのアウトドアグッズを平置きできるサイズとなった。これにより、機内持ち込みサイズのスーツケースであれば3列目を使用した状態でも4個積載可能となり、多人数車としての用途を拡大している。

さらにパワートレインでは、すべてのエンジンモデルにおいて2WDとAWDのどちらの駆動方式も選択可能となっている。なおAWD車には、さまざまな路面環境において安心・安全の走行性能を提供するオフロード・トラクション・アシストを採用した。

マツダ/CX-8
マツダ CX-8カタログを見る
新車価格:
294.8万円489.1万円
中古価格:
256.4万円542.8万円

特別仕様車「エクスクルーシブ・モード」を追加

商品改良とあわせて、同乗者をおもてなしする特別仕様車「Exclusive Mode(エクスクルーシブ・モード)」が追加された。

2列目のアームレスト付コンソールを備えたキャプテンシートに、マツダ車初採用となる電動スライド&リクライニング機構やベンチレーション機能を装備し、運転席や助手席だけでなく、2列目シートの同乗者にもくつろげる空間となっている。

マツダ CX-8 主な改良内容

多人数(3列シート)車としてのさらなる進化

■L Packageの2列目ベンチシートにワンタッチウォークインスイッチを追加

■L Packageにナッパレザー素材を採用したウォークスルータイプのキャプテンシートを追加

■XD PROACTIVE S Packageにブラックのレザーシートを採用

■25S PROACTIVE、XD PROACTIVE、XD PROACTIVE S Packageにセカンドシート シートヒーター(左右席)を採用

■ウォークスルータイプのキャプテンシート車(25Sを除く)に、2列目用カップホルダー&充電用USB端子を採用

■一部グレードの3列目シートに充電用USB端子を採用

快適性・静粛性の向上

■WVGAセンターディスプレイのサイズを大型化(7インチから8インチへ)

■ルーフ部に塗布型制振材を採用し、雨粒がルーフを叩くことで発生する騒音を低減

■開閉及びチルトアップできる電動スライドガラスサンルーフ(チルトアップ機構付)を一部グレードに設定

■サブトランクボックスの奥行きを拡大(ボーズサウンドシステム非装着車は84L(前モデル比+19L)、ボーズサウンドシステム装着車は56L(前モデル比+8L))

オフロード・トラクション・アシスト

新開発「オフロード・トラクション・アシスト」をAWD車に採用。悪路における想定外のスタック時にも、AWDとトラクション・コントロール・システム(TCS)の協調によって接地輪への駆動力伝達を最大化して、悪路からのスムーズな脱出を実現。さまざまな路面環境において安心・安全の走行性能を提供

パワートレイン

SKYACTIV-G 2.5モデルにAWDを、SKYACTIV-G 2.5Tモデルに2WDを追加設定し、すべてのエンジンモデルにおいて2WDとAWDが選択可能

主な専用装備

特別仕様車「Exclusive Mode」

■シートの前後スライドと背もたれの角度を調整できる2列目シートの電動スライド&リクライニング機構

■シートと体の間の空気を吸い出して、蒸れや熱のこもりを解消する2列目シートのベンチレーション機能

■スイッチ操作で2列目シートバックが倒れ、シートが前方にスライドする電動ウォークイン機能

■2列目シートのアームレスト付コンソール

新グレード「XD PROACTIVE S Package」

■ブラックのレザーシート(6人乗り/7人乗り)

■運転席及び助手席のシートヒーター&シートベンチレーション

■自動防眩ルームミラー(フレームレス)

■7インチマルチスピードメーター(TFTカラー)

各モデルの価格

■25S:294万8000円(FF)、318万4500円(4WD)

■25S PROACTIVE:340万6700円(FF)、364万3200円(4WD)

■25S L Package:396万8800円 円(FF)、420万5300円(4WD)

■25T L Package:435万2700円(FF)、458万9200円(4WD)

■25T Exclusive Mode(特別仕様車):457万2700円(FF)、480万9200円(4WD)

■XD PROACTIVE:382万8000円(FF)、406万4500円(4WD)

■XD PROACTIVE S Package:399万9600円(FF)、423万6100円(4WD)※2020年1月発売予定

■XD L Package:443万4100円(FF)、467万600円(4WD)

■XD Exclusive Mode(特別仕様車):465万4100円(FF)、489万600円(4WD)

※価格はいずれも消費税込み

この記事の画像ギャラリーはこちら
監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... きたの風茶寮
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

おすすめの関連記事

マツダ CX-8の最新自動車ニュース/記事

マツダのカタログ情報 マツダ CX-8のカタログ情報 マツダの中古車検索 マツダ CX-8の中古車検索 マツダの記事一覧 マツダ CX-8の記事一覧 マツダのニュース一覧 マツダ CX-8のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる