【速報】スバルの大本命 “新型レヴォーグ” 遂に登場! 新世代アイサイト採用で発売は2020年後半か

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
スバルは2019年10月23日、東京モーターショー(プレスデー)にて、遂に新型レヴォーグのプロトタイプをワールドプレミアした。レヴォーグは2014年のデビュー以来、これが初のフルモデルチェンジとなる。

なお、市販モデルは2020年後半に国内で発売予定となっている。

目次[開く][閉じる]
  1. スバル 新型レヴォーグ プロトタイプのデザイン
  2. 新開発の先進技術を採用
  3. 走りの質感を高めるエンジンとプラットフォーム

>>目元がキリッとした印象に変化! 新型レヴォーグを画像で見る(16枚)

10/24追加! レヴォーグ詳細情報はこちらもチェック!

スバル 新型レヴォーグ プロトタイプのデザイン

スバルのデザインフィロソフィーである「Dynamic × Solid」を深化させ、それぞれのクルマが持つ価値をより大胆に際立たせる新デザインコンセプト「BOLDER」を採用。

新型レヴォーグ プロトタイプのデザインには、「意のままにクルマをコントロールする愉しさ」そして「今まで経験したことのない新たなアクティビティに向かって大胆にチャレンジしてほしい」という気持ちが強く込められている。

スバル/レヴォーグ
スバル レヴォーグカタログを見る
新車価格:
291.5万円412.5万円
中古価格:
97.1万円465万円

新開発の先進技術を採用

新世代アイサイト(新開発)

広角化した新開発ステレオカメラと前後あわせて4つのレーダーによる360 ゚センシングによって、見通しの悪い交差点での出合い頭や右左折時まで、プリクラッシュブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)の作動範囲を拡大した。

高精度マップ&ロケーター(新開発)

GPSと準天頂衛星「みちびき」を介してロケーターが自車位置を正確に特定し、高精度マップで高速道路形状をクルマが把握することで、カーブ前減速や渋滞時のハンズオフ走行支援を実現した。

コネクティッドサービス(スバル国内初採用)

“つながる安全”として、万が一の衝突事故時にクルマから自動で緊急通報を発信。オペレーターにより消防や警察に救援を要請するとともに協力病院とも連携することで、迅速な救命活動につなげる先進の救急自動通報システムを採用した。

またドライバーが体調不良に陥るなどの緊急時には、ボタンひとつでオペレーターにつながるSOSコール機能も搭載した。

走りの質感を高めるエンジンとプラットフォーム

1.8L 水平対向直噴ターボエンジン(新開発)

第4世代となる新開発のBOXERターボエンジンにリーン(希薄)燃焼技術を採用し、加速性能と環境性能を高次元で両立。豊かなトルクによるストレスのない質感高い走りを実現した。

スバルGLOBAL PLATFORM × フルインナーフレーム構造

2016年発表の第5世代インプレッサから採用しているスバルGLOBAL PLATFORM(SGP)に、高剛性化に寄与する「フルインナーフレーム構造」を採用することで、SGPの大幅な進化を実現。

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

日本カーオブザイヤー
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

おすすめの関連記事

スバル レヴォーグの最新自動車ニュース/記事

スバルのカタログ情報 スバル レヴォーグのカタログ情報 スバルの中古車検索 スバル レヴォーグの中古車検索 スバルの記事一覧 スバル レヴォーグの記事一覧 スバルのニュース一覧 スバル レヴォーグのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる