三菱、電動SUVのオープンカーを世界初公開【東京モーターショー2019】

画像ギャラリーはこちら
三菱は、2019年10月24日から開催される東京モーターショー2019のプレスカンファレンスにて、スモールサイズの電動SUVコンセプトカーとなる「MI-TECH CONCEPT(マイテック コンセプト)」を世界初披露した。

MI-TECH CONCEPTは、“光と風を感じながら大地を駆け抜ける電動SUV”をコンセプトとし、軽量・小型化した新しい PHEVシステム、4モーター方式の電動4WDシステム、先進の運転支援技術と予防安全技術をスモールサイズのSUVに凝縮した、三菱のブランドメッセージである“Drive your Ambition”を体現するコンセプトカーとなっている。

>>オープン2シーターのPHEV! コンセプトカーの画像を見る(10枚)

三菱「MI-TECH CONCEPT」の外装デザイン

フロントは三菱らしい「ダイナミックシールド」

MI-TECH CONCEPTの外装(エクステリア)は三菱の新しいアイデンティティである「ダイナミックシールド」を採用し、ドライバーの冒険心を刺激するデザインとしてバギータイプのボディタイプを採用している。

先進的なボディカラー

ボディカラーはライトブルーメタリックとし、モーターコイルをモチーフとしたカッパーの差し色を、グリル、ホイール内部、インテリアの各所に入れることで、電動車としての先進性を表現。バンパー下部では、アルミ素材のスキッドプレートを両サイドに配してボディをガードし、内側はエアインテークとしている。

サイドはSUVらしい力強さを表現

サイドでは大きく張り出したオーバーフェンダーと大径タイヤによって、SUV としての力強さと機動力の高さ、大地をしっかりとつかむ安定感を表現している。

また金属のインゴットを切削機械で切り出したようなボディは、重厚感とシャープさを演出し、また切り出した面をサイドステップに利用することで、デザインと実用性の両立を図っている。

パワートレイン

コンパクトなPHEVシステム

パワートレインは、従来は小型化することが難しかったPHEVシステムだが、今回は発電用に従来のガソリンエンジンに比べて軽量・小型なガスタービンエンジンを採用することで、システムのコンパクト化を実現。

環境意識の高まりとともにダウンサイジング化が進んでいる中、技術的提案としてPHEVシステムをスモールSUVに搭載した。

クリーンなガスタービンエンジン

ガスタービンエンジンはサイズや重量あたりの出力が大きく、排出ガスがクリーンであり、ガソリンだけでなく軽油、灯油、アルコールなど様々な燃料が使用可能だ。地域によって最適な燃料を選択することができるため、環境・エネルギー問題に対して柔軟に対応可能とアナウンスされている。

1970年代にも新しい内燃機関としてガスタービンエンジンの試作車がモーターショーに展示されたことがあったが、駆動用エンジンとしは実用化が難しかった。発電用のエンジンとして再び脚光を浴びることができるかどうか、気になるところである。

この記事の画像ギャラリーはこちら
小鮒 康一
筆者小鮒 康一

1979年5月22日生まれ、群馬県出身。某大手自動車関連企業を退社後に急転直下でフリーランスライターへ。国産旧車に造詣が深いが、実は現行車に関してもアンテナを張り続けている。また、過去に中古車販売店に勤務していた経験を活かし、中古車系の媒体でも活動中。最近では「モテない自動車マニア」の称号も獲得。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる

日本カーオブザイヤー
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

おすすめの関連記事