autoc-one.jp 記事・レポート 特集 テーマ別 勝手にBEST10 それでもやっぱりSUVが好き -もはやSUVはメインストリーム- detail0304

  • Ford Kuga01
  • Ford Kuga02
  • Ford Kuga03
  • Ford Kuga04
  • Ford Kuga05
Ford Kuga06Ford Kuga07

フォード・クーガ

欧州発らしい剛性感と素直な操縦性が光るイケメンSUV 価格:335.00〜399.00万円

おすすめしちゃう理由

クーガは、欧州フォードが開発したちょっと小振りなSUV。全長4445mm×全幅1850mmという日本で扱いやすいボディサイズで、VWティグアンやBMW X1が直接のライバルとなる。
特徴的なスタイリングは、フォードが近年キーとしている『キネティックデザイン』と呼ばれるコンセプトを採用したもの。彫りの深いプレスラインと、張りのある面構成が見る者にダイナミズムを感じさせる秀作で、オフロードよりもダントツでアスファルトの路面が似合う。日本仕様野クーガは直5の2.5ℓターボエンジン×5速ATの組み合わせを基本としつつ、装備の違いによりベーシックな『トレンド』、上級の『タイタニアム』、スポーティな『インディビデュアル』の3グレードをラインナップしている。
肝心な走りの部分は、定評のある同社のフォーカスと共通のプラットフォームを利用するだけに、オンロードでは素直なハンドリングが光る。小排気量の直噴ターボが全盛の中、2.5ℓという大きめの排気量のエンジンはどんなシーンでも力強く、1.7t以下に抑えられたボディをキビキビと走らせてくれる。さらに最大で前後50:50の比率でエンジントルクを配分する電子制御式4WDシステム『インテリジェントAWD』は、悪条件の路面で心強い味方になってくれるだろう。スタイリッシュなデザインで見切りもよく素直なフィーリングのクーガは、男性はもちろん、女性1人で運転してもカッコイイ、センスの良さを感じさせる1台だ。

>このクルマについてもっと知りたい人はコチラ

>イケメンなクルマたちBEST10 全車実力通信簿>見る



  • Mazda CX-501
  • Mazda CX-502
  • Mazda CX-503
  • Mazda CX-504
  • Mazda CX-505
Mazda CX-506Mazda CX-507

マツダ・CX-5

新時代のマツダを象徴するクリーンディーゼルが人気 価格:価格:205.00〜319.00万円

おすすめしちゃう理由

マツダの新しいデザインテーマ『魂動』を初めて取り入れたモデルとして、2012年に登場し、栄えあるカー・オブ・ザ・イヤーをも受賞したCX-5。躍動感に溢れるスタイリングが、水平基調で質量的にマッチョ感をアピールしていたそれまでのSUVとは一線を画したスタイリッシュなデザインが好評で、デビューから1年以上過ぎた今もバックオーダーを抱えるほど人気となっている。さらに、走りとエコを高い次元で両立する『スカイアクティブテクノロジー』を全面的に採用していることも大きな人気の理由の一つ。2.0ℓのガソリンエンジンは圧縮比を高めることで16.4km/ℓの好燃費と2.4ℓ並みのパワーを達成。そして新開発の2.2ℓディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」は18.6km/ℓというSUVとしては驚異の燃費と、42.8kgf・mもの4.0ℓガソリンV8級のトルクを実現させた。また、ロックアップ領域が広く、MTのようなダイレクトさのある高効率な6速ATが搭載されているのも見逃せないポイントだ。
嬉しいのは、安全性に一切の手抜きがないのも現代のクルマらしいところ。運転席と助手席のみならずカーテン&フロントサイドのエアバッグが全車に標準で備わるほか、横滑り防止機構などのハイテクデバイスも積極的に搭載されている。
今、巷で1番賢く感じられる、日本が誇る「新時代のSUV」の代表格だ。

>このクルマについてもっと知りたい人はコチラ

>Under150万円BEST10 全車実力通信簿>見る