メニュー

ダイハツ タフトのレビュー・口コミ評価|自動車カタログ

外装・内装写真

ボディサイズ

3395×1475×1630 mm (全長×全幅×全高)

燃費

JC08モード: 24.10~25.70km/L

WLTCモード: 18.2~21.4km/L

  • このアイテムをシェアする

ダイハツ タフトの新車価格・取扱店

最新モデル(2代目)2020/06/01~販売中
販売店
新車・未使用車・リース取扱店を検索
リース価格
複数社比較で、最安値を検索

ダイハツ タフトの中古車価格

中古車の掲載台数:2232台
67.6 万円 127.6 万円
(グレードによって異なります)
愛車の査定を依頼する
人気ランキング
10
(軽自動車)
評判・口コミ
3.5 pts
(7人)
ガイド記事数
57記事
 
モデル概要

1.全車に標準で採用されたサンルーフなど、冒険心を引き立てる無骨な角型のスタイリングが特徴
2.先進安全装備「スマートアシスト」を備え、先行車追従クルーズコントロールもオプションで利用可能
3.フラットな乗り心地で、長距離ドライブでも快適

メーカー公式サイト

タフトのカタログトップへ

ダイハツ タフト レビュー・口コミ評価

参考になった!車種口コミランキングはこちら
総合評価
3.5 (7)
外観
3.7
内装
3.0
走行性
3.6
運転しやすさ
4.1
乗り心地
3.0
燃費・維持費
3.3
  • 投稿日が新しい順
  • 総合評価が高い順
  • 総合評価が低い順
  • デザインよし!
  • ジャミラ
  • 投稿日 2022年11月10日
2020年式モデル  グレード:660 Gターボ 4WD
総合評価
4.0
外観
5
内装
4
走行性
4
運転しやすさ
5
乗り心地
2
燃費・維持費
4
総評

ダイハツが放ったSUZUKIハスラーの刺客です。刺客は2人目になります。前の刺客アクティバは木っ端微塵にやられました(笑)しかしタフトは良いです。角張ったスタイルと最低地上高の高さからくる本物感が良いです。またライバルに全く似ていないのがダイハツデザイナーの意地を感じます。全く違ったアプローチのデザインは個性的でよく出来ています。アクティブなデザインのインテリアもエクステリアと合っています。視界も十分確保できています。後方サイドの視界も十分です。試乗車はターボモデルのGターボ4WDです。

良かった点

ガラスルーフが良いです。軽自動車でこれ程リッチな空間は無いです。コンパクトSUVでもガラスルーフやサンルーフが絶滅と言ってもいい位ですから、採用したダイハツに拍手です。ハスラーと迷って最後にタフトに決めた方はこのガラスルーフが後押ししたと思います。開放感抜群です。ターボエンジンはCVTとのセッティングがとても素晴らしく、走りやすいです。トルクがあるので、普通にスイスイ走ってくれます。しかもパワーボタンを押さない状態ですから凄いです。ターボはアクセルワークによく反応してくれて、応答遅れも無いです。

気になった点

ショックアブソーバーのセッティングがダイレクトです。路面の状況に反応し過ぎなのか、バタバタした印象です。ソフトな乗り心地を期待する人にはちょっと違う感じかもしれません。その分、飛ばし気味の時の安定感やロールの少なさは良いのですが、乗り心地が悪いと思われると思います。またデジタル迷彩のような柄のシート見た目はすごく良いです。しかしシートのフィット感がイマイチです。サイドサポートも弱くカーブでは足に力が入っていまいます。

14人
  • 矩形
  • マサ
  • 投稿日 2022年5月27日
2020年式モデル  グレード:-
総合評価
2.7
外観
2
内装
2
走行性
3
運転しやすさ
3
乗り心地
3
燃費・維持費
3
総評

知らなかったです。タフトって2代目だっのですね。初代は1000ccでラダーフレーム+リジットサスの本格オフロード車でした。ダイハツ側もそれほど初代をオマージュする事なく、車名のみ歴史あるタフトを使った感があります。タフトは軽自動車規格のクロスオーバー車です。平たく言うと、スズキハスラーの対向車です。ダイハツにはクロスオーバー車であるキャストがありましたが、売れ行きが鈍く、タフトにその役割を託しました。タフトは矩形をモチーフにしたデザインで統一されています。ヘッドライトから前後バンパーや、フェンダーカバーまで角だらけです。好き嫌いの分かれる外観ですが、売れ行き好調なので問題無しです。タフトの強みは、全車スカイルーフ装備です。天井全体がガラストップになっており、開放感抜群です。

良かった点

搭載されるエンジンは、自然吸気とターボの2本立てです。お勧めはターボです。NAも街中をゆっくり走る分には十分ですが、ちょっとしたアクセルワークの変化による追従に遅れがあり、その点ターボ車は切れがあります。サスペンションは、初代と違いストラット+トーションビームです。本格オフロード車では無いので、乗り心地とコスト優先です。予防安全機能も充実しており、スマートアシスト装備です。ステレオカメラ方式で、その前の主流であった赤外線+カメラよりも格段に性能アップしました。その証として、停止保持機能付きの全車速追従クルコンが装備されています。

気になった点

タフトの気になる点は内外装のデザインです。実際売れているので、私の個人的主観にもとづく話となります。矩形モチーフのデザインが消化不良に感じます。今まで矩形モチーフのデザインは、山ほど輩出されています。その代表が日産キューブです。初代は普通でしたが、2代目のデザインは珠玉の出来で大ヒットしました。国内専用モデルでしたが、そのデザインは海を渡り、世界の自動車デザイナーに影響を与えた程です。そんなデザインを知る私にとって、タフトのデザインは、余りに退屈でセンスを感じないのです。同じデザインテイストでも、もう少し質感ある面構成に出来ると思います。

15人
  • ハスラーに負けない内容
  • ノース
  • 投稿日 2022年5月24日
2020年式モデル  グレード:660 Gターボ 4WD
総合評価
3.7
外観
4
内装
4
走行性
3
運転しやすさ
5
乗り心地
3
燃費・維持費
3
総評

ダイハツのアクティバ後継車と考えて、それ程は間違っていないはずです。ハスラー大ヒットでアクティバを出したダイハツですが、丸すぎるクロスオーバー的なスタイリングが受けず販売は思った程のびず。タフトはそんな苦い思い出を払拭するべく、四角いスタイルで登場しました。しかしクロカンと言うより、都会的な未来嗜好のデザインになっているのが、ライバルハスラーとの大きな違いです。ギア感を感じる内外装はセンスが光ります。エンジンは直3NAとターボを用意しています。

良かった点

エクステリアデザインが良いです。ハスラーとは違う雰囲気、違うデザインアプローチ、ダイハツデザイン人の気概を感じます。個人的にも好きなデザイン。因みにアクティバも良かった。ダイハツはクロスオーバーのデザインが得意と思います。インテリアも良いです。インテリアもギア感たっぷりの未来派クロカンテイストです。オレンジのアクセントカラーと豊富な小物入れスペースもいいです。また有りそうで無かった迷彩柄のシートもお洒落です。オレンジのアクセントカラーとばっちり合っています。また室内を明るくするガラスルーフもライバルにはない装備です。室内が明るく開放感があります。全車標準装備としたのも、クルマのキャラクター付けに成功しています。賛成です。

気になった点

ハスラーより売れていないのは、ブランド化しているため歯が立たないためなのか?どうもタフト前席優先のコンセプトが影響していそうな気がします。リアドアウィンドウが小さいデザインなのも、リアシートのスライド機構がないのも、(これは大面積ガラスルーフ採用の影響かも)、前席優先のコンセプトのためであります。定員4名に対してわりと平等にもてなす感じのハスラーが一般的です。タフトは前席優先でリアシートを畳んで趣味や車中泊などを狙っています。そこが分かり難い、そこまでしなくてもリアシートスライドが大事とユーザーが判断しているような気がします。

22人
  • スカイビューが最高です。
  • トマト
  • 投稿日 2022年1月22日
2020年式モデル  グレード:660 X
総合評価
4.0
外観
4
内装
4
走行性
4
運転しやすさ
4
乗り心地
4
燃費・維持費
4
総評

スカイビューが最高です。
外観は色んなパーツを付けてお気に入りにカスタマイズしています。何も付けないノッペラボーの感じがしますので、自分好みにすることが第一ですね。
内装はゴツゴツ感が気に入ってます。最近の車はシンプルなインパネが多いですが、逆でなんともゴツゴツ感がなんとも言えません。
シートもカバーを付けてインパネの色に合わせています。
走りは、エンジン音が良いですね。坂道、高速もスイスイ走ります。

良かった点

スカイビューが最高です。
外観は色んなパーツを付けてお気に入りにカスタマイズしています。何も付けないノッペラボーの感じがしますので、自分好みにすることが第一ですね。
内装はゴツゴツ感が気に入ってます。最近の車はシンプルなインパネが多いですが、逆でなんともゴツゴツ感がなんとも言えません。
シートもカバーを付けてインパネの色に合わせています。
走りは、エンジン音が良いですね。坂道、高速もスイスイ走ります。

気になった点

スカイビューが最高です。
外観は色んなパーツを付けてお気に入りにカスタマイズしています。何も付けないノッペラボーの感じがしますので、自分好みにすることが第一ですね。
内装はゴツゴツ感が気に入ってます。最近の車はシンプルなインパネが多いですが、逆でなんともゴツゴツ感がなんとも言えません。
シートもカバーを付けてインパネの色に合わせています。
走りは、エンジン音が良いですね。坂道、高速もスイスイ走ります。

13人
  • やり直し
  • まさじ
  • 投稿日 2021年12月29日
2020年式モデル  グレード:660 Gターボ クロム ベンチャー 4WD
総合評価
2.8
外観
3
内装
1
走行性
3
運転しやすさ
4
乗り心地
3
燃費・維持費
3
総評

タフトは対スズキハスラーの対策車です。本当はキャストでハスラーを撃破したかったのですが、見事に返り討ちをくらいました。ダイハツは考えました。愛嬌のある丸目ヘッドライトに対抗するには、キャストのように同じ系統の丸目よりも、違いをハッキリとさせた角型ライトにすべきだと。その決意でタフトは開発されました。インスピレーションとしては、小さな米国ハマー的なキャラクターです。今回のクロームベンチャーは、正にミニハマーのキャラクターを与えられています。そのお陰か、タフトはヒット中です。ライバルのフォロワーとして、新規開発すら車は多くあります。ライバル車を凌駕するもの、足元にも及ばないものと様々です。そんな中、タフトはダイハツさんの思惑通りに、クリーンヒットで軽自動車販売台数に大きく貢献しています。エクステリアの魅力は、名前の由来通りのタフネスさです。アプローチ、デパーチャーアングルをしっかり取った前後バンパー形状に、そのヤル気を感じます。

良かった点

外観は、直線基調でイヤミの無いスッキリとした造形です。お約束通りの前後フェンダーの樹脂カバーでオフロード車の味わいを演出しています。前後バンパーにもアクセントとして樹脂プロテクターを使っています。インテリアの主役は、スカイフィールトップと名付けられた、スカイルーフです。なんとタフト全車標準装備です。これは英断です。フランス車の様な粋なはからいです。室内は明るく開放的で魅力たっぷりです。ガラスはUV、IRカットでシェードも装備しております。

気になった点

インテリアデザインのレベルの低さには閉口してしまいます。キャストもそうでしたが、ダイハツさんは、インテリアデザインが苦手な様です。インテリアのポイントはシフトレバーとエアコンルーバーの周りに取り付けたオレンジの加飾パネルです。それは目を瞑りましょう。しかしそのパネルを配置した後のスイッチの配列や、周りのパネルとの連携に整合性が感じられません。まるで美大生の課題作品のようです。デザイン要素を入れ込み過ぎて整理出来ていません。やり直しですね。

13人
  • 無骨な感じ
  • スーさん
  • 投稿日 2021年11月15日
2020年式モデル  グレード:660 Gターボ
総合評価
2.5
外観
3
内装
2
走行性
4
運転しやすさ
3
乗り心地
2
燃費・維持費
1
総評

シンプルな内装をしている為
色々買ってお金のかかる車
普通の車である感じ。
買って損無しだと思います。

良かった点

良く走りますよ。
どっかんターポです。

気になった点

燃費普通です。
今どきもっと良くないとダメでしょう。
良く出来るように次の車でして下さい

6人
  • すべてをこなす
  • かずさん
  • 投稿日 2021年11月15日
2020年式モデル  グレード:-
総合評価
4.5
外観
5
内装
4
走行性
4
運転しやすさ
5
乗り心地
4
燃費・維持費
5
総評

まずデザインが気に入りました。
パワーと大きさ以外は軽自動車と思えないところがいいです。
シートの座面は若干短いので、足の長い人にはむいていないと思います。

良かった点

燃費は20km/lを下回ったことがありません。
ドアの開閉も、うすっぺらさはなく、気持ちがいいです。

気になった点

パノラマ?ウインドウは自分はいらないと思いました。
ヘッドライト照射角度か、明るすぎるのか、よく怒りのパッシングをあびます。
オートライトの反応もいまいちです。
ノンターボを購入しましたが、ターボにすればと少し後悔しています。

7人
7件中1~7件表示
  • 最初
  • 1
  • 最後
前へ 次へ