autoc-one.jp 記事・レポート 特集 テーマ別 勝手にBEST10 (勝手に)使える4ドア選手権 ~今が旬の、実力派4ドアたちの魅力に迫る!!~ detail02

  • Mercedes-Benz A180 (A-class)01
  • Mercedes-Benz A180 (A-class)02
  • Mercedes-Benz A180 (A-class)03
  • Mercedes-Benz A180 (A-class)04
  • Mercedes-Benz A180 (A-class)05

メルセデス・ベンツ・A180(Aクラス)

Cセグメントに転向したコンパクト・メルセデス 価格:284.00〜640.00万円

従来のスペース効率を優先したミニ・ミニバン的なフォルムから一転、オーソドックスな5ドアハッチバックスタイルを採用した三代目Aクラス。トールタイプのBセグメントからCセグメントに転向し、BMW1シリーズやVWゴルフと真っ向から勝負に打って出た。三代目Aクラス最大の特徴はワイド&ローのスポーティなスタイリングで、同社のクーペに採用される「スリーポインテッドスター」をビルトインした大型グリルがタダモノではない雰囲気を醸し出す。インテリアもまたスポーティな雰囲気で、上級クラスとはまた違った味付け。エンジンは1.6Lと2.0Lが用意され、どちらも4気筒直噴ターボだ。またクラッチペダルレスMTの「7G-DCT」が組み合わされ、1.6Lモデルは15.9km/l(JC08モード)の好燃費を誇るのも進化の証だ。

オススメしちゃう3つのポイント

座り心地抜群の専用シートとゆとりの居住空間

スポーティ&ワイルドなスタイリング

Aクラスのスタイリングは、同社のイメージリーダーである「SLS AMG」を手掛けたデザイナーによるもの。獰猛な野生動物をイメージさせるフロントマスクや、切れ味のあるサイドのプレスラインが、スピードと力強さを感じさせてくれる。太目のCピラーは視覚的にガッシリとした印象を与え、高い安全性を誇るメルセデスベンツらしい安心感を抱かせてくれる。

パワーと燃費を両立したエコ・スーパーチャージャー

余裕すら感じさせる堅牢なシャシー性能

見た目だけでなく、実際に骨太な運転感覚を持つAクラス。ステアリングはやや重めだがフィーリングが素晴らしく、余裕を感じさせるシュアなコーナリングはシャシー性能の高さを実感できる。足回りは若干凹凸を伝えるが、不快なショックは上手に抑え込まれているので長距離の運転でも疲労は少なめ。ちなみに、上級のA250はいっそうシャープな味付けになっている。

ニッサン自慢の先端&高級装備で、安全をサポート

スポーティで個性的なインテリア

丸型のエアコン吹き出し口など「SLR AMG」の意匠を上手に取り込んだインテリアは、スポーティで純粋にカッコイイ。エントリーグレード「A180ブルーエフィシェンシー」以外の全モデルには随所に赤いステッチが施され、スポーティさに磨きをかける演出も。オンダッシュ風のナビはインダッシュ全盛の現在では新鮮で、実際に視線の移動量も少なくて実用的だ。

SPECIAL MOVIE

以前のファミリー路線から、スポーティ&プレミアム路線へと大きく変化したAクラス。日本の道路事情にもマッチするコンパクトなハッチバックスタイルながら、見た目のインパクトや走行性能は、さすがメルセデス。女性にも男性にも好かれそうな、まるでクーペのようなスタイリングにウットリ。その勇姿をぜひ動画で確認してみましょう。

>このクルマについてもっと知りたい人はコチラ

>使える4ドア選手権 BEST10 全車実力通信簿>見る