autoc-one.jp 記事・レポート 特集 テーマ別 勝手にBEST10 (勝手に)使える4ドア選手権 ~今が旬の、実力派4ドアたちの魅力に迫る!!~ score02

自称辛口評論家・渡辺陽一郎
自称辛口評論家
渡辺陽一郎
トールスタイルを捨て、より分かりやすいスポーティ路線へと舵を切ったAクラス。スタイルは確かにカッコイイが、ちょっと安直過ぎか? エントリーモデルでも高級感にあふれ、どこを触っても上質。重めの操作感などメルセデスらしさもしっかりあり、サイズ以上の満足感。 1.6Lターボは経済性を重視したセッティングのせいか、やや非力な印象。それでもスムーズなコーナリングなど操作性の安定感は素晴らしい。

15.9km/l(JC08モード)はまだまだだが、パワーと上質な乗り心地を両立させての数値。メルセデスも燃費を気にする時代になったのだ。

17point
「オートックワン」Y編集長
オートックワン
Y編集長
コンパクトなハッチバックとしては、かなり突出した格好良さ。フロントグリルの大きなエンブレムも迫力十分。ある意味、日本にピッタリ。 コンパクトなエントリーモデルでも、さすがメルセデス。質感の高さはヘタな高級モドキより上。前席なら不満はまず考えられない。 想像以上にハンドリングの良さが光る印象。もう少しホイールベースが長ければもっと高速時に落ち着きが生まれる…、それはワガママすぎ?

パワー&トルクに余裕のある2.0Lも捨てがたいが、このクルマには1.6Lがサイズ的にもいい。プレミアムとしては燃費もまずまず。

18point
マニアックライター・あべ
マニアックライター
あべ
力強さを感じさせ、誰もがカッコイイと思えるルックス。旧型のファミリー向けデザインも捨て難いが、エントリーメルセデスの購入を検討する20代〜30代には新型の方が評判は良いはず。 スポーティなインテリアはこのクルマのキャラクターにマッチ。グレードにより若干の差異はあるが、質感の高さもバッチリ。タイトな雰囲気(特にリア)は好みの別れるところか。 ガッシリとしたボディによく動くサスペンションの組み合わせは、さすがメルセデス。エンジンは1.6Lターボでも十分以上だが、スポーティさ&速さを求めるなら断然2.0Lターボだろう。 エントリーモデルとはいえ、あのメルセデスが284万円〜というのはバーゲンプライス。もちろん、アイドリングストップや直噴エンジン、高効率なミッションの恩恵で燃費も優秀だ。 18point
一般ユーザー代表・森さん(37・埼玉在住)
一般ユーザー代表
佐藤さん 41・東京在住
全体的にスポーティ&高級感もあって、先代より数倍カッコイイと思います。しかも女性が乗ってもオシャレな感じがいいですね。 エアコンの吹き出し口までオシャレでスポーティ。コンパクトだけど高級感があって、デートに乗ってみたくなりますね。 慣れの問題なのでしょうけど、少し女性には重い印象でした。運転はすごくしやすいんですが、ちょっとバックが見にくかったです。 燃費はそれほど気にならないんですが、一番安くても300万円前後で値段は高級車(笑)。もう少し安いと嬉しいのですが。 18point
POINT(平均値)17.75

総合評価:平均値:16.75POINT

大きく路線変更したスタイリングをどう評価するかで、このクルマの印象は変わる。市場ではスポーティなスタイリングはおおむね好評のようだ。内装の快適性と高級感は、他ブランドにはないレベル。価格もメルセデスとしては非常に魅力的。

>このクルマについてもっと知りたい人はコチラ