autoc-one.jp 記事・レポート 特集 東京オートサロン2019 クラフトプラスのブースでは、児島デニムを使用したベッドキットを展示 デニムのシートはどんな車でも制作OK【東京オートサロン2019】

チューニング・ドレスアップの総合展示会、東京オートサロン2019 特設ページ

東京オートサロン2019 カスタムカー・カスタムパーツ記事一覧。チューニング・ドレスアップの総合展示会、東京オートサロン2019のカスタムカー・カスタムパーツ記事一覧です。

クラフトプラスのブースでは、児島デニムを使用したベッドキットを展示 デニムのシートはどんな車でも制作OK【東京オートサロン2019】

2019/1/28 19:35 関連: トヨタ ハイエース , スズキ ジムニー
Text: 中込 健太郎 Photo: 土屋 勇人
TAS2019 クラフトプラス
TAS2019 クラフトプラスTAS2019 クラフトプラスTAS2019 クラフトプラスTAS2019 クラフトプラス画像ギャラリーはこちら

角目4灯にカスタムされたハイエースには、オリジナリティ溢れる内装をインストール

TAS2019 クラフトプラスTAS2019 クラフトプラス

オートサロン北9ホールのクラフトプラスブースでは、オリジナルのシート生地を使用したデモカーを展示していた。

その中でも注目は、ジーンズ用素材としておなじみの児島デニムを使用したベッドキットやインテリアパーツだ。

瀬戸内の海を思わせるダークブルーのシート生地は見た目が鮮やかで、触り心地も抜群。ただ、デニム地というとどうしても気になるのが色移り。

開発当初は色移りを抑えることに苦労したというが、染め方の段階から改善を重ね、色移りを徹底的に抑えることに成功したという。

ただ、その分ジーンズなど見られる使うほどに味わいを増す「エイジング」の風合いは抑えられてしまっているのは事実。

しかしその分、テキスタイルとしてのタフネスが向上しているので、丈夫になっているというのは、乗り降りが多くその都度擦れていく自動車用内装素材としてはむしろ歓迎すべきことと言えるだろう。

いつまでも若々しい、そして日本技術工芸品のスタイルを愛車に与えられるということで、対応車種も幅広いと言う。

同時に、1970年代から80年代のアメリカ車の内装を思わせるコーデュロイ素材内装のハイエースデモカーも展示。

その自然な仕上がりと質感の高さに、多くの来場者が足を止めていた。

[Text:中込 健太郎 Photo:土屋 勇人]

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

東京オートサロン2019 人気記事ランキング

オートックワンのモーターショー特集

トヨタ ハイエース の関連編集記事

トヨタ ハイエースの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ ハイエース の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
東京オートサロン2019 美女図鑑