autoc-one.jp 記事・レポート 特集 東京モーターショー2017 プジョー、DS、シトロエン… 個性派フランス勢を一挙紹介!【東京モーターショー2017】

モーターショー 2017/11/2 07:00

プジョー、DS、シトロエン… 個性派フランス勢を一挙紹介!【東京モーターショー2017】

関連: プジョー 5008 , シトロエン C3 Text: オートックワン 編集部 Photo: 和田 清志/原田 淳
DS DS7
DS DS7DS DS7DS DS7DS DS7画像ギャラリーはこちら

フランスらしいシックでオシャレなクルマ達を一挙紹介!

10月25日から開幕した東京モーターショー2017のプジョー、DS、シトロエンブース出展車両をまとめて紹介する。

プジョーやシトロエンはどちらかというとコンパクトなクルマを多くラインナップに加えているメーカーのようなイメージがあるが、今回の東京モーターショー2017では、どのブースも先進技術を惜しみなく投入した最新型のSUVシリーズが目を惹いた。

>>フランスを代表するメーカーの最新型車両たちの写真を見る!

DSのフラッグシップSUV ”DS7 CROSSBACK”

DS DS7

シトロエンから派生した高級ブランドであるDSからは、2台の新型車が展示されていた。

DSのアヴァンギャルド精神を凝縮した新しいSUVであるDS 7 CROSSBACKは、今回ジャパンプレミアとなる注目の一台だ。

宝石のようにキラキラした輝きを放つLEDヘッドライト。贅を凝らし、丁寧に誂えられたインテリア。そして、DSの技術を惜しみなく注ぎ込まれた最先端テクノロジーが光る1台だ。

シトロエンのクルマとは一線を画すDS 7 CROSSBACKの佇まいからは、これこそがDSの頂点であり、SUVの未来を語る一台というDSからのメッセージを感じ取ることができた。

仏・DSにフラッグシップのSUV「DS 7 クロスバック」発表 ~新アクティブサスも搭載~【ジュネーブショー2017】

DS 3 DARK SIDE LIMITED EDITION

DS DS3

DSのカーラインナップのなかでも最もコンパクトで、いかにもフランス車らしい造りこみをしているのがこのDS3だ。

今回展示されていたのは、DS3の限定モデルである”DARK SIDE LIMITED EDITION”。ドアとテールゲートには、DSモノグラムをモチーフとする幾何学パターンが、3Dスキンテクノロジーにより浮かびあがり、ドアハンドルには繊細な紋様が刻まれたチタニウムのアクセントが輝く。

スタンダードモデルとは一味違った”DS 3 DARK SIDE LIMITED EDITION”は60台限定のモデルとなっているので、欲しい方はすぐディーラーに問い合わせることをオススメする。

ユニークなエクステリアが特徴! シトロエン新型C3

シトロエンC3

新しいシトロエンC3には、ポップなカラーリングとユニークなエクステリアが、全長4m未満というコンパクトなボディにたっぷりと詰め込まれている。

一目でシトロエンC3と分かるアップライトなヘッドライトと、SUVの要素を取り込んだ大胆なデザイン。ツートーンのルーフや、それに合わせて内外装の随所にもカラーアクセントを配している。

新型C3は「FEEL」と「SHINE」の2グレード展開だが、消費税込み216万円からというリーズナブルな価格設定もユーザーには嬉しいポイントだ。

シトロエン 新型C3 発表会レポート|ウェアラブルカメラも備わるアクティブで楽しいフレンチコンパクトがやってきた

新世代のグランドツアラーを明示した プジョー5008

プジョー5008

プジョーのSUVシリーズとしては3台目となる新型5008は、全長4640mmのロングボディに、多彩なアクティビティに応える広大なスペースと機能性、3列全てが独立型という特徴的なシートを併せ持っている。

先代3008のデザインアイデンティティを受け継ぎながら、サイズアップしたボディにブラックダイヤモンドルーフとボディカラーが織りなすコントラスト、随所に配置されたクロームの煌めきがプレミアムな質感をより際立たせている。

海、森、山の多彩なアクティビティに応える全席独立型のシートは、それぞれを折りたたむことで、乗員数、荷物の量、大きさ、形に応じた、自由自在なアレンジメントをすることが可能。

さらに両手で荷物を抱えていても開閉可能な、ハンズフリー電動テールゲートを全車に標準装備し、日常での使い勝手も大幅に向上させている。

オンボードカメラ、超音波センサー、レーダーを用いた運転支援システムも標準搭載し、プジョーのフラッグシップとして君臨するプレミアムなSUVに仕上がっている。

プジョー 新型5008 試乗レポート|SUVライクに生まれ変わった新型は、街中から長距離まで使い勝手豊富

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

スペシャルスポンサーリンク

プジョー 5008 の関連編集記事

プジョー 5008の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

プジョー 5008 の関連編集記事をもっと見る

プジョー 5008 の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
東京モーターショー2017 人気記事ランキング
東京モーターショー2017 の最新記事