テスラ モデルXのファルコンウイングドアがすごかった!【東京モーターショー2019】

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
第46回東京モーターショー2019の南展示棟では、テスラのEV「モデルS」と「モデルX」が展示された。わずか2.6秒で時速100キロまで加速するという2台を画像とともにご紹介する。

>>実際に見るとすごい! テスラ モデルXとモデルSの内外装を画像で見る(11枚)

テスラを代表する2台のEVがお出迎え!

日本スーパーカー協会エリアのテスラブースに展示されていたのは、後席用の”ファルコンウイングドア”が大きな特徴になっているピュアEVのSUV「モデルX」と、セダンの「モデルS」の2台だ。

テスラといえば思い浮かべる人も多いであろう跳ね上げ式のドアは、間近で見ると圧巻。そもそもの車体の大きさも相まって、モデルXの迫力が感じられた。

またモデルSには充電用のスーパーチャージャーが繋がれ、東京モーターショーのコンセプトでもある”未来”らしさが漂っていた。

【動画】テスラ モデルXの”ファルコンウィングドア”を開けたり閉めたりしてみた!

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる

日本カーオブザイヤー
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

おすすめの関連記事