三菱ふそう 世界初公開の燃料電池小型トラック「Vision F-CELL」を展示【東京モーターショー2019】

画像ギャラリーはこちら
三菱ふそうは、2019年10月25日から一般公開される第46回東京モーターショー2019に出展することを発表した。そこで燃料電池小型トラック「Vision F-CELL」など世界初公開の参考出展車、市販車を展示する。

>>世界初公開だけじゃない! 展示される「ローザ」の内外装を見る

テーマは“CHALLENGE THE CHANGES”

三菱ふそうは今回の出展において、くらしを支える商用車メーカーとして、常に社会の変化に先陣を切り対応していく姿を表現した。

市場の変化、社会の変化、そして環境の変化に対し、”変化には常に挑戦が必要である”という開拓精神、変化し続ける世界の映像をクロム仕様の展示車両で反映、また、人を感知して変化するフロアライトを通してブースレイアウトを演出した。

三菱ふそう 東京モーターショー展示車両

車両展示コーナー(青海展示場)

■燃料電池小型トラック「Vision F-CELL」(世界初公開:参考出品車)

■大型観光バス「エアロクィーン」2019年モデル(市販車)2019年度グッドデザイン賞受賞

■大型トラック「スーパーグレート」2019年モデル (世界初公開:市販車)ステアリング、アクセル、ブレーキ制御を自動化し、ドライバーをサポートする技術を搭載

■小型バス「ローザ」2019年モデル(市販車・観光仕様)

屋外展示コーナー(オープンロード)

■国士舘大学共同企画「ATHENA」(参考出品車)

■小型トラック「キャンター」4輪駆動車の救助車両

>>特設サイトはコチラ

この記事の画像ギャラリーはこちら
監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる

カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

おすすめの関連記事