autoc-one.jp 記事・レポート 特集 東京モーターショー2017 これが未来の宅配車! いすゞ デザインコンセプトFD-SIを世界初披露!【東京モーターショー2017】

モーターショー 2017/10/25 11:49

これが未来の宅配車! いすゞ デザインコンセプトFD-SIを世界初披露!【東京モーターショー2017】

関連: いすゞ Text: オートックワン 編集部 Photo: いすゞ自動車
いすゞ FD-SI
いすゞ FD-SIいすゞ FD-SIいすゞ FD-SIいすゞ FD-SI画像ギャラリーはこちら

運転席を車体中央に配しドライバーの快適な作業をサポート

いすゞ FD-SIいすゞ FD-SIいすゞ FD-SI

いすゞは2017年10月25日から始まった東京モーターショー2017で、同社のコンセプトワードである「運ぶの時代に、できること。」の一つのかたちとして、次世代の集配車両をイメージした”デザインコンセプトFD-SI”を世界初披露した。

>>デザインコンセプトFD-SIを詳しく見る!【画像全26枚】

”デザインコンセプトFD-SI”は、未来の配送をコンセプトに、宅配ネットワークを新たな視点で見直し、ワクワクするような未来の「運ぶ」を表現、実現するために、昆虫などの生物に見られる群知能に着目し、集配方法に応用することをコンセプトとした。

エクステリア全体には、蜂の巣をモチーフにしたバイオデザインを採用。カーゴはボディ強度と積載スペース効率のバランスに優れるハニカム構造とし、積荷も6角形の専用ボックスを重ねた荷姿になっている。

キャビンはインパネ中央に操作機能を集約し、ステアリングにはドライバーの乗降をサポートする電動格納式を搭載。運転席シートは車両中央に配置し、ドライバーはカーゴスペースから運転席へのスムースなアクセスが可能。

カーゴスペースから運転席まで続くハイトのある全高としたことで、ドライバーは腰をかがめることなく集配作業をすることが可能で、快適な操作性と居住性を兼ね備えている。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

スペシャルスポンサーリンク

いすゞ の関連編集記事

いすゞの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

いすゞ の関連編集記事をもっと見る

いすゞ の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
東京モーターショー2017 人気記事ランキング
東京モーターショー2017 の最新記事