スイフトスポーツのスポーツ性能をバランスよく高め、車検対応で正常進化させるなら! HKSのカスタムメニュー『SSチューン』/HKS【Vol.6】

車検対応で安心! 高品質・高耐久のHKSチューニングパーツ

スズキ スイフトスポーツ(SWIFT SPORT)/HKS

スポーツ走行を楽しんでみたいというビギナーはもちろん、サーキットを走り込んだエキスパートでも十分に満足できるほどの素性のよさを備えるスイフトスポーツ。車重1tを切る軽量ボディに、1.4Lターボエンジンを搭載。FFホットハッチらしい軽快な走りは、スポーツマインドを刺激する。

そんな逸材をさらに魅力が溢れるクルマに仕上げるべく、意欲的にパーツ開発を進めてきたのが、日本を代表するチューニングメーカーとして知られるHKSだ。ユーザーが安心してカスタマイズを楽しめるよう、車検対応であることはもちろん、品質面や耐久性などについても並々ならぬこだわりを持ってパーツ開発に取り組んでいる。

スイフトスポーツについては、その素性のよさを引き出すべく、バランスよくグレードアップさせる『SSチューン』を展開中。吸排気チューンやフットワークの強化、ブーストアップやタービン交換といったステップアップメニューを用意し、ユーザーから高い人気を集めている。

その守備範囲はまさに全方位に渡るが、今回はなかでも注目のメニューを紹介していこう。

>>HKSオフィシャルサイト スイフトスポーツの商品一覧はこちら

FFの悩みを解決し、上質なハンドリングが手に入る! HKSの技術力を結集した最新車高調システム『ハイパーマックスS』

スズキ スイフトスポーツ(SWIFT SPORT)/HKS

キビキビとした走りが楽しめるスイフトスポーツ。ワインディングを流したときの爽快感はこの上ないものがある。しかし、スポーティであるがゆえに、純正ダンパーの乗り心地は若干硬めの設定。軽量なFFホットハッチにありがちなリアのバタ付きも気になるところ。またノーマル車高は腰高感があるのは否めない。

HKSのサスペンションキット「HIPERMAX S(ハイパーマックスS)」なら、そうした悩みも一気に解決できる。ダンパー構造からバネレートまで、すべてを一新。長年培ってきたノウハウを惜しみなく注入したこの最新車高調整システムは、スイフトスポーツの軽快な走りはそのままに、しなやかなで快適な乗り心地を実現しているのだ。

フリクション(抵抗)を極限まで抑え込んだダンパーは、微低速域からしっかり減衰力が立ち上がるので、街中では不快な突き上げ感がなく、なおかつワインディングやミニサーキットではしっかり粘る。その走りは上質で、まるで車格が高まったかのようフィーリング。意のままに操れるハンドリングのよさを実感できる。それでいてクルマの姿勢が非常に安定しているので、ドライバーに大きな安心感をもたらしてくれる。

>>「HIPERMAX S(ハイパーマックスS)」の詳細はこちら

ノーマルでは味わえない加速感と扱いやすさ! 安全かつ確実にブーストアップできる「フラッシュエディター」

スズキ スイフトスポーツ(SWIFT SPORT)/HKS

設定ブースト圧を高めることで大幅なパワーアップが狙えるのもターボ車の醍醐味だ。ZC33Sスイフトスポーツも例外ではなく、「フラッシュエディター」を使って過給圧を高めれば、なおさらパワフルで刺激的な走りを楽しめるようになる。「ハイパーマックスS」で足まわりを強化したうえで、エンジンをブーストアップすれば、バランスよくポテンシャルを高めることが可能だ。

故障診断コネクター(OBD2)を介して純正ECUのデータを書き換える「フラッシュエディター」。あらかじめブーストアップ対応のプリデータが入っており、単に過給圧を引き上げるだけではなく、燃調や点火時期といった各種項目まで最適化できる。つまり安全かつ確実にパワーアップが図れるのだ。また車速リミッターや回転リミットも引き上げられるため、サーキット走行も存分に楽しむことが可能だ。

スズキ スイフトスポーツ(SWIFT SPORT)/HKS

パワーチェックグラフをご覧いただければ、その効果は一目瞭然だ。パワー、トルクともに全域で上乗せしていることがお分かりいただけることだろう。ノーマルでは決して味わえない加速力が手に入るのはもちろん、低中速域のブースト圧の立ち上がりもよくなるので、街乗りでも扱いやすさを実感できる。

出力向上&エンジンのストレスも低減できる「インタークーラー」「メタルキャタライザー」

高い冷却性能を実現する「Rタイプ インタークーラー」

スズキ スイフトスポーツ(SWIFT SPORT)/HKS

過給圧を高めると、吸入空気温度が上昇してしまう。そこで強化したいのがインタークーラーだ。酸素密度の高い冷たい空気をエンジンに送り込むことでパワーアップにつながるほか、エンジンの負担を減らすこともできる。まさに一石二鳥的なアイテムだ。セーフティパッケージ搭載車用もラインアップする。

>>「Rタイプ インタークーラー」セーフティパッケージ非搭載車用の詳細はこちら

>>「Rタイプ インタークーラー」セーフティパッケージ搭載車用の詳細はこちら

究極の排気効率を求めながら車検対応「メタルキャタライザー」

スズキ スイフトスポーツ(SWIFT SPORT)/HKS

抵抗が大きい純正触媒を、高効率なスポーツキャタライザーに置き換えるのも効果的。排気の流れがスムーズになり、パワーアップはもちろん過給圧の立ち上がりもよくなる。それでいて十分な浄化作用を備えているため、安心して車検を受けられる。

>>「メタルキャタライザー」の詳細はこちら

最高出力約190psを実証! スイフトスポーツの走りを覚醒させる「GT3-FXタービン」

スズキ スイフトスポーツ(SWIFT SPORT)/HKS

ブーストアップをしてもまだ物足りない。さらにパワーが欲しいというユーザーのためにHKSでは「GT3-FXタービンキット」を用意する。MHI製センターカートリッジにHKS独自のオリジナルハウジングを組み合わせたこのタービンは、純正比で最大流量を約40%向上。確実なパワーアップを実現すると同時に、排圧や吸気温度を低減し、エンジンやタービンへの負担を減らせるのも魅力だ。

スズキ スイフトスポーツ(SWIFT SPORT)/HKS

フラッシュエディターにはGT3-FX専用のプリデータも入っており、タービン交換により効率が高まったエンジンに合わせてECU制御データを書き換えることも可能。その効果は決して侮れず、社内テストでは最高出力190ps前後を記録。タービン容量に余裕があるため、高回転での気持ちのいい伸びを体感できる。また、低速トルクがまったく犠牲にならないのもうれしいポイントといえる。

>>「GT3-FXタービン」の詳細はこちら

バランスを損ねずに正常進化。ネガティブ要素が見当たらないHKSの高性能パーツ

スズキ スイフトスポーツ(SWIFT SPORT)/HKS

扱いやすさや快適性はそのままに、スポーツ性能を高められるHKSのチューニングパーツ群。高いスポーツ性能を備えるスイフトスポーツだからこそ、バランスを損ねないカスタマイズを実践するのも肝要。ノーマルの素性をしっかりと把握したうえで、様々なテストの末に生み出されるHKSのチューニングアイテムなら、愛車を正常進化させることができる。

今回クローズアップしたパーツ以外にも、音色や軽さにこだわったスポーツマフラーや吸気効率を高めるレーシングサクション、AT車にも対応するブーストアップツールのパワーエディターや、サーキット走行時の必需品ともいえるオイルクーラーキットなど、魅力的なアイテムを多数ラインアップする。スイフトスポーツの潜在性能を引き出して、ワンランク上の走りを存分に味わっていただきたい。

>>HKSオフィシャルサイト スイフトスポーツの商品一覧はこちら

筆者   石川 大輔
関連車種
  • スイフト
この記事の写真ギャラリーはこちら

HKSの関連記事

Brand Info - HKS

「HKS(エッチ・ケー・エス)」は、1973年創業の老舗チューニングブランド。マフラーやサスペンション、コンピュータ、ターボなどの自動車用チューニングパーツを数多く手掛けている。高い技術力に基づいた自社設計、自社製造をモットーとしており、メイドインジャパンのクオリティは多くの支持を集めている。日本はもとより、海外にも多くのファンをもつ国産屈指のチューニングブランドだ。

【お問い合わせはこちらから】

Corporate Profile

企業名:株式会社エッチ・ケー・エス

郵便番号:418-0192

住所:静岡県富士宮市北山7181

TEL.0544-29-1235

<企業HP>こちら