メニュー

日産 グロリアのレビュー・口コミ評価|自動車カタログ

外装・内装写真

ボディサイズ

4875×1770×1440 mm (全長×全幅×全高)

燃費

JC08モード: -km/L

WLTCモード: -km/L

  • このアイテムをシェアする

日産 グロリアの新車価格・取扱店

新車価格
329.9万円 608.3万円
最新モデル(4代目)1999/06/01~
販売店
新車・未使用車・リース取扱店を検索
リース価格
複数社比較で、最安値を検索

日産 グロリアの中古車価格

中古車価格
中古車の掲載台数:104台
1 万円 102.2 万円
(グレードによって異なります)
愛車の査定を依頼する
人気ランキング
-
(セダン)
評判・口コミ
3.9 pts
(3人)
ガイド記事数
7記事
 
モデル概要

内外装を変更&装備を充実。新デザインの丸型4灯ヘッドライトやバンパーを装着。インテリアはエクリュ内装としたほか木目調本革コンビステアリングを標準化。車間自動制御システムや緊急通報システム、ハンドフリー機能を標準装備したTV/カーナビなどIT/ITS装備を充実。(2001.12)

派生車種
グロリア 2ドアハードトップ グロリアセダン グロリアバン グロリアワゴン
グロリアのカタログトップへ

日産 グロリア レビュー・口コミ評価

参考になった!車種口コミランキングはこちら
総合評価
3.9 (3)
外観
4.7
内装
4.3
走行性
4.0
運転しやすさ
3.3
乗り心地
4.7
燃費・維持費
2.7
  • 投稿日が新しい順
  • 総合評価が高い順
  • 総合評価が低い順
  • グロリアの歴史
  • でんでん
  • 投稿日 2023年2月25日
1999年式モデル  グレード:-
総合評価
3.7
外観
4
内装
4
走行性
4
運転しやすさ
3
乗り心地
4
燃費・維持費
3
総評

日産のグロリアの語源ですが、グロリアとは、ラテン語で「栄光」という意味があります。なるほどのネーミングですね。グロリアは、日産が自信を持って送り出した高級車です。その中でも、4ドアピラーレスハードトップというコンセプトは、注目に値します。これは、窓枠のないデザインで、ドアを開けると、一体感のある開放的な空間が広がります。特に、夜景を楽しむ際には、開放感がより一層感じられ、都会的な雰囲気を演出してくれます。

良かった点

グロリアは、セドリックと共に、日産の高級車ブランド「フーガ」の前身となりました。当時、日本ではトヨタのクラウンやホンダのレジェンドといったライバル車が存在し、グロリアは彼らに対抗する存在として開発されました。そのため、エクステリアやインテリアの質感には、こだわりが感じられます。特に、木目調のパネルやレザーシートは、高級感があります。
グロリアは、VQ型ことV型6気筒エンジンを搭載し、最高出力は260馬力を誇ります。このパワフルなエンジンは、加速時には力強いトルクを発揮し、高速走行時には安定感のある走りを実現しています。

気になった点

グロリアは、セドリックと共に、日産の高級車ブランド「フーガ」の前身となりました。当時、日本ではトヨタのクラウンやホンダのレジェンドといったライバル車が存在し、グロリアは彼らに対抗する存在として開発されました。そのため、エクステリアやインテリアの質感には、こだわりが感じられます。特に、木目調のパネルやレザーシートは、高級感があります。
グロリアは、VQ型ことV型6気筒エンジンを搭載し、最高出力は260馬力を誇ります。このパワフルなエンジンは、加速時には力強いトルクを発揮し、高速走行時には安定感のある走りを実現しています。

1人
  • 唯一無二のデザイン、美しいセダン
  • ウルトラソウル
  • 投稿日 2022年3月8日
1999年式モデル  グレード:2.5 250Sグランツーリスモ
総合評価
3.3
外観
5
内装
4
走行性
3
運転しやすさ
2
乗り心地
5
燃費・維持費
1
総評

曲線と直線、運転席ドアから後ろに続く直線がとても美しく、同時代のセダンが丸くなっていた中で、独特の出っぷりとした大きさと、それでいてスマートさを感じる直線が唯一無二のデザインで気に入りました。
特にグロリアのグランツーリスモは内装が黒でキリッと締まって、カスタムの必要がない完成されたクルマでした。シートも厚みがあって長時間の走行でも疲れない、満足な質感がありました。またテールランプも標準でクリアテール、ライトは丸くなっており、この辺りもスポーティー感がありカッコいい一台です。

良かった点

グランツーリスモであっても、その乗り心地は猫足を彷彿とさせるような柔らかいもので、好き嫌いは分かれるかもしれないが、さすが高級車といった感じ。
さっと踏み込んでの加速も申し分なく、また静粛性が高いので、早い速度で走っていることを感じさせない。スピード過多に注意しなければならないほど、ゆったりとした乗り心地です。

同乗者も眠ってしまうほど快適な室内空間。同時期のクラウンと比較すると、クラウンのほうが室内が広いはずなのに、グロリアのほうが広かったように感じます。
今振り返ってみても、素敵なクルマだったと思います。

気になった点

まずは旧年式のクルマである故、燃費は悪かった。また最も気になった点はナビやエアコンが完全一体式で、社外品に取り替えることが出来ないところ。テレビは見れない、ナビの更新もままならない。トータルバランスの取れた内装デザインに、しっかりと調和したナビ周りだが不便であった。
また仕方ないことではあるが、思っているよりも全長が長く、日本の狭い駐車場事情では苦労する場面も多かった。個人的にグロリア は唯一無二のデザインのセダンで好きだったが、中古車市場で安価で売られていたこともあり、地方のヤンキーが改造して乗っていることも多く、それが手放す大きな一因でもあった。

0人
  • 今更ですが
  • Yato
  • 投稿日 2021年11月29日
1999年式モデル  グレード:3.0 300AX
総合評価
4.8
外観
5
内装
5
走行性
5
運転しやすさ
5
乗り心地
5
燃費・維持費
4
総評

町を走るノーマルは全く興味持てなかったが、カタログでAUTECH gloria 見た瞬間、おっ!これは格好いいと瞬殺され間髪入れず注文した。
内装もシックで格好いい、BBSにマフラーさらにはグリルの独特の迫力感がマッチしていて纏まりがとても良く、マフラー音量もさりげなく低音で嫌みのない音質でした。敢えて言えば車高がもう少し低ければ大満足でしたが・・・

良かった点

殆どの部分にて文句なし。
外装のエアロも派手過ぎずに大人の雰囲気を醸し出し、内装もシックで格好いい、BBSにマフラーさらにはグリルの独特の迫力感がマッチしていて纏まりがとても良く、マフラー音量もさりげなく低音で嫌みのない音質でした。

気になった点

タイヤサイズが細いのと車高が少し高い、日本車特有かなぁ

0人
3件中1~3件表示
  • 最初
  • 1
  • 最後
前へ 次へ