メニュー

レクサス NXのレビュー・口コミ評価|自動車カタログ

外装・内装写真

ボディサイズ

4660×1865×1660 mm (全長×全幅×全高)

燃費

-km/L
  • このアイテムをシェアする

レクサス NXの新車価格・取扱店

新車価格
455万円 738万円 最新モデル(2代目)2021/10/01~販売中
販売店
新車・未使用車・リース取扱店を検索
リース価格
複数社比較で、最安値を検索

レクサス NXの中古車価格

中古車価格
229.1万円 1,000万円 中古車の掲載台数:685台
92 万円 419.6 万円
(グレードによって異なります)
愛車の査定を依頼する
人気ランキング
3
(SUV・クロカン)
評判・口コミ
4.0 pts
(6人)
ガイド記事数
65記事
 
ペア宿泊券プレゼント
モデル概要

コンセプトカーのデザインをそのまま再現したようなスタイリッシュなデザインのSUV。高い塗装技術によりボディの陰影が強調され、硬質な雰囲気を放つ。走りはレクサスブランドらしいスポーティなもので、鍛えられた足回りでボディを軽快に運ぶ、2リッターターボエンジンとハイブリッドが用意されており、軽快な走りは共通しているが、特にハイブリッドはモーターアシストによるスムーズな加速と燃費が魅力。

NXのカタログトップへ

レクサス NX レビュー・口コミ評価

参考になった!車種口コミランキングはこちら
車種の口コミを投稿する
総合評価
4.0 (6)
外観
4.3
内装
4.0
走行性
4.0
運転しやすさ
4.2
乗り心地
4.2
燃費・維持費
3.5
  • 投稿日が新しい順
  • 総合評価が高い順
  • 総合評価が低い順
  • 近距離にも長距離にももってこいのSUV
  • arimaru
  • 投稿日 2022年5月12日
2014年式モデル  グレード:-
総合評価
4.0
外観
4
内装
4
走行性
4
運転しやすさ
4
乗り心地
4
燃費・維持費
4
総評

ハイブリッド車で燃費もまずまず、コンパクトなSUVで普段使いしやすいです。レクサス車なだけあって、車内は高級感もあり、乗り心地は特に文句がありません。安定的な走りで、長距離乗っていても疲れが少ないと感じます。
車内はそれほど広くなく、大人5人でのるとキツイと感じます。荷物は問題なくなります。バッグが自動開閉なので載せたり降ろしたりが楽です。
小傷がつきやすいですが、今後も乗りふ続けたいと思う車です。

良かった点

SUVですが、わりとコンパクトで大きすぎず、普段使いする分にはちょうどいいと感じました。
乗り心地は、シートがレザーでフィット感があるのと、車体自体が重めなので走りに安定感があり、揺れも少ないと感じます。
またハイブリッド車なので、走り始めもスムーズで走り心地がいいです。ブレーキも重めで、徐々にかかる感じがあり、とまるときもストレスなく止まれます。
後ろのトランクも自動で開閉するので子供がいる時に便利です。

気になった点

シート自体にエアコンが内蔵されていますが、そもそものエアコンの性能も良いので、あまり使いません。
チャイルドシートを乗せるとシートが少し傷つくので、保護シートを付けるといいなと思いました。全体的に小傷がつきやすいと感じています。
思ったよりも燃費がのびないと感じました。ハイブリッドですが、これからに期待したいです。
車内が少し狭いです。後部座席はきついと感じます。
車高があるので、小さい子や高齢者は乗り込みにくいです。

1人
  • お気に入りです。
  • yopipi
  • 投稿日 2022年5月12日
2021年式モデル  グレード:-
総合評価
5.0
外観
5
内装
5
走行性
5
運転しやすさ
5
乗り心地
5
燃費・維持費
5
総評

見た目も内装も全てかっこいいです。乗り心地も良くて女性でも簡単に運転できます。ホワイトのレクサスを乗ってます。しかし四人家族だと狭いので旅行に行く時はトランクに荷物を入れるとパンパンです。次買う時はRXにしようかなって思います。NXに乗っているとみんなにかっこいいって褒められます。オーナーズラウンジもあって洗車もしてくれます。レクサスは本当にいい車だと思います。次も絶対レクサスを購入すると思います。

良かった点

レクサスオーナーズラウンジが使えるところ。洗車が無料です。洗車中はコーヒーやお菓子などを食べながら待っています。購入時にコーティングしてもらったのでホワイトですが汚れも付きにくいです。見た目はライトもかっこいいし全て好みでした。内装はレザーのブラックにしましたが華やかさがあります。友人などにもかっこいいねって褒められます。運転もしやすいし乗っていると安心感があります。トランクもセンサーで開くので便利です。

気になった点

気になった店は特にありませんが家族が増えると狭い感じもします。遠出する時はトランクがいつもパンパンです。ベビーカーとストライダーを入れるともう他は入らない。買い物の荷物もいつもトランクパンパンになります。次はRXかなって思います。ただかっこいいのでファミリーカーに乗り換えするのは嫌なのでレクサスを乗り続けたいと思います。後部座席はチャイルドシート二つ付けるともうその他の大人は乗れません。狭いのだけが残念でした。

7人
  • もう少しスポーティーにして欲しい
  • つみれ
  • 投稿日 2022年5月6日
2021年式モデル  グレード:350h Fスポーツ
総合評価
3.7
外観
4
内装
4
走行性
3
運転しやすさ
3
乗り心地
4
燃費・維持費
4
総評

レクサスの屋台骨を支える重要な役割を果たしているのが、レクサスNXです。RXやESと並んで販売台数が多いです。新しいプラットフォームを手に入れましたが、エクステリアデザインはキープコンセプトに見えます。そうは言ってもUXの様な最新のディテールは採用されているので、先代ユーザーは勿論、初めての方にも満足は高いと思います。インテリアはガラリと変わり、ドライバーに向けられたナビ画面や各種スイッチ類はドライバーオリエンテッドな印象です。スポーティーなデザインで質感も悪くないです。

良かった点

試乗車はNX350Fsportsでしたが、街中ではほぼEV走行が主体になります。モーターは当然レスポンスが良くて低速からリニアに加速します。また極低速でのアクセルコントロールも楽です。足回りも優秀で、コーナーも接地感が安心感に繋がっています。これはカタログにも謳われていましたが、ボディ剛性の強化が効いていると思います。また高級車ブランドだけの事はあり、カメラやモニターの表示精度が高く非常に見やすいです。この綺麗14インの表示に慣れると荒い画像のモニターは見たくないと感じました。リアシートの居住性も4シーターとして使える広さがありました。

気になった点

ハイブリッドは燃費が良くて良いのですが、走りに関して、特に速さやスポーティーな感覚が希薄です。ハイブリッド走行時に鞭を入れてもスポーティーとまでは行かないです。グレードがF sportsとなっているので、すこし拍子抜けしました。また音もイマイチです。加速時の排気音は雑味が多くスポーティーではないです。静粛性をもう一段上げると印象は変わるかもしれません。あと細かな所ではリアシートは座ってしまうと大丈夫ですが、足入れ性が悪く乗り込み難いです。リアシートを多様する使い方の方は要確認です。

3人
  • 新生レクサス
  • まさじ
  • 投稿日 2022年5月3日
2021年式モデル  グレード:-
総合評価
4.0
外観
4
内装
4
走行性
4
運転しやすさ
4
乗り心地
4
燃費・維持費
4
総評

レクサスが産ぶ声を上げたのは2005年です。米国は1989年からですが、日本は僅か17年です。17年間で確固たる高級車ブランドとして君臨しています。最初はLSとISとソアラ上がりのSCと記憶しています。序盤は車が売れず、困惑している様に見えました。それがRX、NXの登場で潮目が代わり、安定して販売台数を稼ぐようになりました。レクサス安泰の立役者はNXと言っても過言ではありません。そんなNXがフルモデルチェンジを敢行しました。実に意欲的なフルモデルチェンジで、2.5リッター、2.0リッターターボ、ハイブリッド、2.5pluginハイブリッドの4車種となります。注目はpluginハイブリッドで、国や地方のpluginハイブリッドの助成金でかなりお得な購入が可能となります。長い目で見てハイブリッド車を買うよりもお得です。その理由はシステム出力がpluginハイブリッドが通常ハイブリッドを圧倒してきるのに、購入価格に補助金を使うと差が無くなる為です。

良かった点

エクステリアデザインは洗練されています。スピンドルグリルも手慣れたキャッチアップとして鎮座させ、LEDヘッドライトに組み込まれた、L型デイライトも精悍です。全体的には先代NXの特徴を残してつつ、その上のRXに寄せたエクステリアデザインで、所有者の琴線に触れる事間違いなしの仕上がりです。インテリアもプレミアム感に溢れています。ダッシュボード全般は、合成皮革がカバーしステッチで木目細かく縫製されています。合成皮革の質感も吟味されており、リアルレザーのような革シボと手触りが印象的です。ナビゲーションシステムは、全車標準で煩わしいオプション選びからの解放も、レクサス式のオモテナシと理解しております。インテリアカラーも豊富でブラウンカラーが個人的にお気に入りです。

気になった点

レクサスのスタート当初は、トヨタ車との価格差100万円に、随分議論を呼びました。トヨタ車ベースにレクサス車は作られている訳で、外板パネルが違えど、インテリアが違えど100万円の価格差が妥当がどうかが争点となる訳です。確かに先代NXに、ベースとなるハリアーとの価格差100万円は妥当とは思えませんでした。しかし今回のモデルチェンジで妥当と思える方向にシフトされた様に感じます。その答えの一つがボンネットキャッチャーです。トヨタ車は、センチュリーからヤリスまでボンネットキャッチャーは1個のみです。プレミアム欧州車は、長年ボンネットキャッチャー左右2個が定番でした。利点は剛性アップです。大きなボンネットを一つで固定するよりも、2個で固定する方が強固になるのは、容易に想像できます。今回NXはわざわざ生産ラインを変更して、ボンネットキャッチャー2個装着をやり遂げました。新生レクサスの始まりです。

1人
  • 色んな部分が予想の範疇
  • B2-UNIT
  • 投稿日 2022年4月26日
2021年式モデル  グレード:350 Fスポーツ 4WD
総合評価
3.3
外観
4
内装
3
走行性
4
運転しやすさ
4
乗り心地
4
燃費・維持費
1
総評

約7年ぶりのフルモデルチェンジを2021年10月に実施しました。レクサスでは世界的に売れ筋モデルとなりグローバルではレクサスの販売台数の25%を占めています。そんな人気のNXですが、御多分に洩れずコロナの影響でなかなか実車を見る事が出来ませんでしたが、最近では街中でも新型を見かける機会が増えました。新型のプラットフォームはGA-Kと言われる物で、RAV4やハリアーにも使われています。パワートレインが4種類あり、装備の違いで標準グレード、バージョンL、Fスポーツ、と有るのは今まで通り。欧州でのライバルはBMWX3、ベンツGLC等の強豪ぞろいで相手に不足は無いです。

良かった点

試乗車はNX350F sportでエクステリアデザインは予想の範疇を超えない印象。UXからの流れを汲んだ、無闇にキャラクターラインに頼らない塊感あるデザインです。高級車ブランドらしい品格があり、先代のヤンチャな部分が取れて良くなったと感じます。インテリアは新しい試みが感じられる物で、ナビ画面から右側のエアコン吹き出し口まで、ドライバー側に湾曲したコクピット感覚のデザインが新しいです。質感も先代より上がりました。パワーユニットは2.4リットルターボ。ハイパワーなスペックで8ATと4WDを武器に鞭を入れるとかなりスポーティーな走りをしてくれます。アクセルを優しく扱うと静かで乗り心地もリーズナブルなので、両面性が面白いです。

気になった点

レクサスを購入する層には関係無いかもしれませんが、やはりガソリンターボは燃費が厳しいです。アクセルを元気よく踏み込むと瞬間燃費はビックリするような値を示していました。高速はそれなりに伸びると思いますが、市街地の渋滞などは、かなり厳しそうです。また内装の作りは先代より進化していますが、ドイツプレミア御三家には及ばない印象です。質感は少なくとも同等、レクサスなら勝って欲しい期待があります。また太いタイヤは荒れた路面では不利でロードノイズがレクサスらしくない程度に侵入してきました。全てにおいて新型ならではの驚きが無いのが惜しいです。

2人
  • 総合力の高い車です
  • ヨセフ
  • 投稿日 2021年11月15日
2014年式モデル  グレード:300 バージョンL 4WD
総合評価
4.2
外観
5
内装
4
走行性
4
運転しやすさ
5
乗り心地
4
燃費・維持費
3
総評

デザインと安全性能の高さが気に入り購入しました。
決定的な欠点はなく、車庫スペースにさえ問題なければ誰にでもお勧めできる車です。

良かった点

FFベースなので、若干オーバハングは長いのですが、ミドルサイズSUVの中では個人的にナンバーワンのデザインです。
アラウンドビューモニターなどの運転支援装置が一通り付いており、大きさの割には駐車がとても楽です。

気になった点

大きなマイナスポイントではないのですが、アナログ時計の針やクルーズコントロールのレバーが安っぽかったり、ドアのソフトクロージャーが付いていなかったりするので、そこは改善ポイントだと思います。
また、ギアも6速オートマなので、パドルシフトでシフトダウンした時に1速と2速の中間ギアがあったらいいのにと思います。

7人
6件中1~6件表示
  • 最初
  • 1
  • 最後
前へ 次へ

新着の中古車情報

レクサス NXを見た人はこんな車も見ています