メニュー

ダイハツ コペンクーペの価格・カタログ情報|新車・中古車の自動車カタログ

外装・内装写真

ボディサイズ

3395×1475×1280 mm (全長×全幅×全高)

燃費

JC08モード: -km/L

WLTCモード: -km/L

  • このアイテムをシェアする

ダイハツ コペンクーペの新車価格・取扱店

新車価格
253万円 255.2万円 最新モデル(1代目)2018/12/01~
販売店
新車・未使用車・リース取扱店を検索
リース価格
複数社比較で、最安値を検索

ダイハツ コペンクーペの中古車価格

中古車価格
229.9万円 320.8万円 中古車の掲載台数:4台
人気ランキング
-
(軽自動車)
評判・口コミ
4.4 pts
(2人)
ガイド記事数
0記事
 
モデル概要

コンセプトカーを商品化した、軽スポーツクーペ。東京オートサロン2016に出展された、コンセプトカーを商品化したスポーツモデル。コペンセロをベースに、CFRP製のハードルーフを装着した本格クーペスタイルが表現されており、エレガント&エモーショナルなデザインをテーマに、ルーフからトランク、リアエンドまで一体となった流麗なエクステリアが特徴に掲げられている。MOMO製革巻きステアリングホイール(CVT車はパドルシフト付き)や、コーナリング時の安定性を高める「フロントスーパーLSD」、BBS製鍛造アルミホイールなどが標準装備された。また、世界初となる曇りにくいガラス「eXeview」も採用されている。さらに、数量限定車として、シリアルナンバーが付与される。(2018.12)

モデル概要

コンセプトカーを商品化した、軽スポーツクーペ。東京オートサロン2016に出展された、コンセプトカーを商品化したスポーツモデル。コペンセロをベースに、CFRP製のハードルーフを装着した本格クーペスタイルが表現されており、エレガント&エモーショナルなデザインをテーマに、ルーフからトランク、リアエンドまで一体となった流麗なエクステリアが特徴に掲げられている。MOMO製革巻きステアリングホイール(CVT車はパドルシフト付き)や、コーナリング時の安定性を高める「フロントスーパーLSD」、BBS製鍛造アルミホイールなどが標準装備された。また、世界初となる曇りにくいガラス「eXeview」も採用されている。さらに、数量限定車として、シリアルナンバーが付与される。(2018.12)

グレード別の新車・中古車価格
660 MT
2018/12/01 ~
232万円 ( 中古車: 224万円~308万円 )
660 CVT
2018/12/01 ~
230万円 ( 中古車: 価格情報収集中 )
モデル概要

コンセプトカーを商品化した、軽スポーツクーペ。東京オートサロン2016に出展された、コンセプトカーを商品化したスポーツモデル。コペンセロをベースに、CFRP製のハードルーフを装着した本格クーペスタイルが表現されており、エレガント&エモーショナルなデザインをテーマに、ルーフからトランク、リアエンドまで一体となった流麗なエクステリアが特徴に掲げられている。MOMO製革巻きステアリングホイール(CVT車はパドルシフト付き)や、コーナリング時の安定性を高める「フロントスーパーLSD」、BBS製鍛造アルミホイールなどが標準装備された。また、世界初となる曇りにくいガラス「eXeview」も採用されている。さらに、数量限定車として、シリアルナンバーが付与される。(2018.12)

ダイハツ コペンクーペの総合評価

総合評価
4.4 (2)
外観
5.0
内装
3.5
走行性
4.0
運転しやすさ
5.0
乗り心地
4.0
燃費・維持費
5.0

ダイハツ コペンクーペ 歴代モデル・グレード情報

歴代モデル

グレード・モデル情報(コペンクーペ 2018年式モデル)




グレード 660 MT 660 CVT
新車価格
255.2万円
新車購入問合せ
253万円
新車購入問合せ
中古車価格
224万円~308万円
価格情報収集中
発売日 2018年12月01日 2018年12月01日
排気量 658 cc 658 cc
エンジン区分 ガソリン ガソリン
燃費
燃料 レギュラー レギュラー
駆動方式 FF FF
ミッション MT CVT
ハンドル
定員 2名 2名
最小回転半径 4.6 m 4.6 m





全長 3,395 mm 3,395 mm
全幅 1,475 mm 1,475 mm
全高 1,280 mm 1,280 mm
車両重量 830kg 850kg



最高出力(kW[PS]/rpm) 47[64]/6,400 47[64]/6,400
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 92[9.40]/3,200 92[9.40]/3,200
過給機 ターボ ターボ


タイヤサイズ(前輪) 165/50R16 165/50R16
タイヤサイズ(後輪) 165/50R16 165/50R16

ダイハツ コペンクーペ 中古車情報

相場表

在庫量に合わせて色を変えています。
全体の10% 全体の5% 全体の3% 全体の1%以上
年式 2024
(R6)
2023
(R5)
2022
(R4)
2021
(R3)
2020
(R2)
2019
(R1)
2018
(H30)
2017
(H29)
2016
(H28)
2015
(H27)
2014
(H26)
2013
(H25)
2012
(H24)
2011
(H23)
2010
以前
(H22)
価格 物件数 4
1,000万円~
~1,000万円
~900万円
~800万円
~700万円
~600万円
~500万円
~450万円
~400万円
~350万円 1 1
~300万円 2 2
~250万円 1 1
~200万円
~190万円
~180万円
~170万円
~160万円
~150万円
~140万円
~130万円

ダイハツ コペンクーペ レビュー・口コミ評価

先輩ユーザーによるクルマの口コミ・レビューをご紹介。新車・中古車探しのご参考にどうぞ。

先輩ユーザーによるクルマの口コミ・レビューをご紹介。新車・中古車探しのご参考にどうぞ。

  • 世界最小クーペ
  • まーさん
  • 投稿日 2023年2月6日
2018年式モデル  グレード:-
総合評価
4.3
外観
5
内装
4
走行性
3
運転しやすさ
5
乗り心地
4
燃費・維持費
5
総評

コペンクーペは、幻の軽自動車クーペです。2016年の東京オートサロンで出品され、来場者からの熱い反響で販売まで漕ぎ着きました。限定生産200台は、アッと言う間に完売。当然の結果です。生産台数が少ない分、鋼板プレス用の金型償却分母が200台なので、お値段高めの設定です。欲しい方は買って下さいのスタンスです。まっーそうなりますよね。慈善事業で車を売ってるワケでは、ありません。開発費用も製造費用もロイヤルティも含めて儲けてもらわない、コペンクーペの様な粋な車が、出てこなくなりますからね。

良かった点

コペンクーペの元は、人気グレードのセロです。元々コペンは3つのグレードが存在します。ローブとエクスプレイです。トヨタにもコペンGRスポーツがありますが、トヨタさんなので除きます。当初は、ローブとエクスプレイだけの販売でしたが、初代コペンとは全くの別物デザインで、後から初代コペンのデザインDNAを継承したローブが登場しました。コペンクーペは、人気のローブをベースとして、美しい流れる様なシルエットを手に入れました。それと同時にオープンエアーとは、決別しましたがその代わりに強靭なボディ剛性を手に入れました。

気になった点

走りのテイストが変わりました。段差を乗り越えた時、高速道路走行中の継ぎ目を通貨した時、明らかに振動の収束が変わりました。また、フロアの振動が少なくなりました。やはり、オープンカーの構造は造形物として乗り越えた構造的に無理があるのが分かりました。コペンクーペの見どころは、エクステリアデザインです。特に後からが素敵です。なだらかにリアエンドまで伸びたルーフラインとリアウィング、リアコンビランプの造形美は、見る者の心を奪ってしまいます。思わず中古車のコペンクーペを検索してしまう今日この頃です。

0人
  • ココココペン クククーペ
  • でんでん
  • 投稿日 2022年11月30日
2018年式モデル  グレード:-
総合評価
4.5
外観
5
内装
3
走行性
5
運転しやすさ
5
乗り心地
4
燃費・維持費
5
総評

コペンクーペってご存知ですか。2019年に発売されて、あっという間に完売となったコペンクーペです。元車は軽自動車のコペンです。メカニカルオープン機構を持ったユニークな軽自動車です。コペンはルーフとBピラーCピラーが有りません。それを取り付けたのがコペンクーペです。一つ疑問な点が浮かびます。コペンは、ハードトップ的なルーフを出し入れ出来るのに、何故ワザワザクーペを作ってしまったのかです。その答えはエクステリアデザインにありです。リアトランクに収納する条件でルーフを設計すると、デザイン的自由度は絶望的です。先ずはルーフを収める為が先行して、アウトラインはそこで決定されます。でもクーペにする事で、デザイン的自由度は無限に広がります。そのフリーダムを手にする為に、クーペ開発を決断したのです。ルーフから伸びやかにトランクへ続くラインは、美しくヨーロッパ車を連想します。

良かった点

クーペ販売の英断とは別に、ダイハツさんは収益確保に苦労されたと思います。ルーフ周りの外販パネル製造は、大きな金型が必要で想像以上に高額です。その金型代を捻出する為に、販売価格の設定が必要です。それが高過ぎると車そのものが売れないし、安過ぎると費用回収に時間を要してしまうとなってしまいます。軽自動車として相当な高額設定でしたが、見事に完売しました。生産台数が少ない為、リセールはプレミアム価格必至のコペンクーペです。走行性能についても、ノーマルコペンと変わらない車重なのでスイスイと走れます。それと共にボディがクーペ化で強固になったので、静粛性もアップした感じです。

気になった点

コペンクーペの悪い部分は無いと思います。リセールも通常のクルマよりも高いと思います。唯一気になる点と言えば、コペンクーペのネームバリューです。車に興味の少ない方は、ノーマルコペンについても詳しく無いと思う思います。ソレのクーペタイプと言った所で、多分ご存知ないでしょう。その為、会う人会う人にこの車何?から始まり、コペンクーペの事を説明しなければなりません。最初の内はよいかも知れませんが、何年もすると、この下りをまた説明するのかと滅入ってしまいます。それでもコペンクーペを気に入っていれば、その説明自体が喜びへと昇華するかもしれません。

0人

ダイハツ コペンクーペ買取・査定

MOTAが提供する中古車買取一括査定サービス「MOTA車買取」からの情報です。

買取相場

モデル 年式 中古車価格相場 査定買取価格相場 MOTA車買取査定申込
コペンクーペ 2018年式モデル
コペンクーペ 2018年式モデル
2019年 224万円 ~ 308万円 - MOTA車買取査定に申込む

最近のMOTA車買取の査定実績 | ダイハツ コペンクーペの買取相場 更新日2024年02月23日

MOTA車買取での実際の買取価格・売却相場です。走行距離や色、傷の状態によって異なります。

車買取業者の査定は、業者の強み車種やニーズによって金額の差が出ます。より多くの車買取業者と比較することでより、高額に買い取ってもらえる可能性が高まります。また、ディーラーの下取りで売却する場合も他の値引きとあいまいになっている可能性があります。場合によっては数万円~数十万円も差がつくことも。ぜひ、MOTA車買取で複数社の車一括買取査定をしてみませんか。

  • ダイハツ 査定依頼日:2023年12月18日
    コペンクーペ 660
    年式:2019年 | 走行:~1万キロ | 色:緑 | 状態:
    MOTA車買取査定額 210 .9万円~ 224万円
  • ダイハツ 査定依頼日:2023年11月13日
    コペンクーペ 660
    年式:2019年 | 走行:~1万キロ | 色:緑 | 状態:
    MOTA車買取査定額 212 万円~ 226万円
  • ダイハツ 査定依頼日:2023年10月22日
    コペンクーペ 660
    年式:2019年 | 走行:~1万キロ | 色:緑 | 状態:
    MOTA車買取査定額 241 万円~ 258.5万円
  • ダイハツ 査定依頼日:2023年04月26日
    コペンクーペ 660
    年式:2019年 | 走行:~3万キロ | 色:青 | 状態:
    MOTA車買取査定額 130 万円~ 160万円
  • ダイハツ 査定依頼日:2023年01月02日
    コペンクーペ 660
    年式:2019年 | 走行:~6万キロ | 色:緑 | 状態:
    MOTA車買取査定額 110 万円~ 150万円
ダイハツ コペンクーペのMOTA車買取の査定実績をもっと見る

MOTA車買取での実際の買取価格・売却相場です。走行距離や色、傷の状態によって異なります。

車買取業者の査定は、業者の強み車種やニーズによって金額の差が出ます。より多くの車買取業者と比較することでより、高額に買い取ってもらえる可能性が高まります。また、ディーラーの下取りで売却する場合も他の値引きとあいまいになっている可能性があります。場合によっては数万円~数十万円も差がつくことも。ぜひ、MOTA車買取で複数社の車一括買取査定をしてみませんか。