autoc-one.jp 記事・レポート 特集 東京モーターショー2017 2018年発売予定のFCバスコンセプト「トヨタ SORA」を初公開【東京モーターショー2017】

モーターショー 2017/11/1 15:27

2018年発売予定のFCバスコンセプト「トヨタ SORA」を初公開【東京モーターショー2017】

関連: トヨタ Text: オートックワン 編集部 Photo: 原田淳
画像ギャラリーはこちら

市販化を控えた近未来燃料電池バスのコンセプトモデル

トヨタは、2017年10月25日から開幕した東京モーターショー2017で、79人乗りFCバスコンセプトモデル「SORA」を初公開した。

>>都内に導入予定のFC(燃料電池)バスを写真で見る!

トヨタ SORAの市販モデルは2018年から発売を予定しており、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、東京都を中心に100台以上のSORAが導入される予定となっている。

SORAは、燃料電池自動車ミライ向けに開発したトヨタフューエルセルシステムを採用し、走行時にCO2や環境負荷物質を排出しない優れた環境性能を実現しているほか、大容量外部給電システムを搭載し、高出力かつ大容量の電源供給能力(最高出力9kW、供給電力量235kW)を備えており、災害時に電源としての利用が可能となっている。

安全面では、社内外に合わせて8個搭載した高精細カメラにより運転手に音と画像で知らせるバス周辺監視機能が加わった。

利用者の利便性面では、日本初の自動格納機構付き横向きシートや、モーター走行により変速ショックがなく、急加速を抑制し緩やかな発進を可能とする加速制御機能を採用し、乗り心地の改善を行った。また、バス停に向かう路面の誘導線をカメラが検知し、自動操舵と自動減速により、バス停とバスの隙間を約3cm~6cm、バス停車位置から前後約10cmの精度で停車させる自動正着制御を採用したことで、車いすやベビーカーの利用者の乗降性を向上させた。

更に、車車間通信や路車間通信により、安全運転を支援するITS コネクトに、バス同士の車群走行の支援やバス優先の信号制御(PTPS)を追加したシステムを導入することで、バスの輸送力、速達性や定時性が向上し、利便性が高まった。

デザインでは、従来の路線バスに見られる六面体(箱形)から大きく異なる立体的な造形を追求し、前後ランプにLED採用、一目でFCバスとわかるデザインが特徴となっている。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スペシャルスポンサーリンク

トヨタ の関連記事

トヨタの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ の関連記事をもっと見る

トヨタ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/25~2017/11/25

東京モーターショー2017 人気記事ランキング
東京モーターショー2017 の最新記事