autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車リリース速報 イタリアの産業用車両メーカー「イベコ(IVECO)」、天然ガスで走る新交通BRTシステムと大型トラックで日本進出か

新型車リリース速報 2017/9/8 21:08

イタリアの産業用車両メーカー「イベコ(IVECO)」、天然ガスで走る新交通BRTシステムと大型トラックで日本進出か(1/3)

Text: 遠藤 イヅル Photo: IVECO・オートックワン編集部
「イタリアIVECO社 新交通BRTシステム及び天然ガストラック日本進出」記者会見[2017年9月6日・イタリア大使館(東京都港区)]
「イタリアIVECO社 新交通BRTシステム及び天然ガストラック日本進出」記者会見[2017年9月6日・イタリア大使館(東京都港区)]「イタリアIVECO社 新交通BRTシステム及び天然ガストラック日本進出」記者会見[2017年9月6日・イタリア大使館(東京都港区)]「イタリアIVECO社 新交通BRTシステム及び天然ガストラック日本進出」記者会見[2017年9月6日・イタリア大使館(東京都港区)]「イタリアIVECO社 新交通BRTシステム及び天然ガストラック日本進出」記者会見[2017年9月6日・イタリア大使館(東京都港区)]画像ギャラリーはこちら

「イベコ」が日本進出という(実はかなり重要な)記者会見

2017年9月6日、東京都港区のイタリア大使館で『ディーゼル車廃止に向けてのヨーロッパの動向、イタリアIVECO社 新交通BRTシステム及び天然ガストラック日本進出について』と題する記者発表が行われた。

一見すると長いタイトルで難しいが、日本のトラック・バス業界の事情を知る人やファン、そして昨今のニュースを賑わせる「欧州各国でのガソリン・ディーゼル車販売中止の動き」と照らし合わせると、実に興味深い内容の発表であることがわかる。

また駐日イタリア大使、日本駐在EU大使、国土交通省自動車局次長、天然ガス自動車の発展を推進するNGVインターナショナルアカデミー会長、イベコ社CEO、両備グループ代表取締役副社長などそうそうたる顔ぶれの人物が集まったことからも、この記者発表が重要な一面を持っていることも示していた。会場となったイタリア大使館は旧・伊予松山藩の中屋敷の跡地に建つ。堀部安兵衛、石川主税など赤穂浪士の最期の地という歴史を持ち、美しい日本庭園を持つことでも知られる。

今回の記者発表で注目すべきポイントはいくつかある。

まずはイタリアのイベコ(IVECO:Industrial Vehicles Corporation)社のトラック・バスが日本の路上を走り出す計画がある、というトピックが大きいので、まずはそこから紐解いていくことにしよう。

>>”IVECO”って何だ!? フォトギャラリーではたらくクルマをチェック[画像60枚]

「イタリアIVECO社 新交通BRTシステム及び天然ガストラック日本進出」記者会見[2017年9月6日・イタリア大使館(東京都港区)]「イタリアIVECO社 新交通BRTシステム及び天然ガストラック日本進出」記者会見[2017年9月6日・イタリア大使館(東京都港区)]「イタリアIVECO社 新交通BRTシステム及び天然ガストラック日本進出」記者会見[2017年9月6日・イタリア大使館(東京都港区)]「イタリアIVECO社 新交通BRTシステム及び天然ガストラック日本進出」記者会見[2017年9月6日・イタリア大使館(東京都港区)]「イタリアIVECO社 新交通BRTシステム及び天然ガストラック日本進出」記者会見[2017年9月6日・イタリア大使館(東京都港区)]

海外メーカーの進出が難しい日本のトラック・バス市場

「イタリアIVECO社 新交通BRTシステム及び天然ガストラック日本進出」記者会見[2017年9月6日・イタリア大使館(東京都港区)]

日本でもいよいよ乗用車における輸入車のシェアが10%に届きそうな中、バン・トラック、バスなどの商用車の輸入車を見かける機会はまだまだ少ない。これにはいくつか理由がある。

日本の自動車には幅や長さなどの数値的制限といった車両規格や免許制度など独自の決まりが多く、輸入車の場合日本に持ち込むために日本の道路や世界でも珍しい右側通行の環境に適合させなければならない。また企業もドライバーも運転、運用、メンテナンスなどで海外製トラック・バス車に慣れていないということもあるだろう。また輸入されるために購入時のコストも上乗せされてしまうのも実情だ。国内メーカー製のトラック・バスは日本の国情に合わせて開発されている傾向が強く、そのため市場で国内メーカーが当然シェアを大きく確保することになる。とはいえ、一方で乗り心地の良さや仕上げの高さ、高性能など、海外製トラック・バスの優位性もあり、導入する企業は着実に増えている。

そのような日本市場に、イベコ社のトラック・バスは実質的にほとんど足を踏み入れていなかった。日本でのイベコトラックで思い出されるのは、一時期各地に導入されたイベコ・マギルス製の消防車・・・くらいなのではないだろうか。

このように残念ながら日本では馴染みが無いブランドだが、イベコ社はトラック・バスなどの商用車、産業用車両、鉄道車両などの運輸機械のほか、船舶・産業用天然ガス/ディーゼルエンジンを製造する産業用車両製造会社だ。本社はイタリア・トリノに置く。

販売とサービスは世界160ヶ国以上・約5,000拠点、商用車の年間生産台数は約150,000台を誇る大規模な企業でもある。これだけの大きな会社のトラック・バスが日本にほとんど入って来なかったことからも、日本市場の独自性が伺える。

余談だが、イベコ社は1970年代にフィアットのトラック部門FVI、イタリアのOM、フランスのユニック、ドイツのマギルスなどのトラック・バスメーカーが合併して誕生した企業で、現在は「CNHインダストリアル」傘下にある。なおCNHインダストリアルは、農業機械で名を馳せるニューホランド社を古い前身とする。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!