autoc-one.jp 記事・レポート 特集 東京モーターショー2017 近未来のハイエース”LCVコンセプト”は乗る人・働く人にも優しいクルマ【東京モーターショー2017】

モーターショー 2017/10/25 15:48

近未来のハイエース”LCVコンセプト”は乗る人・働く人にも優しいクルマ【東京モーターショー2017】

トヨタ LCV D-CARGO CONCEPT(ディーカーゴコンセプト)
トヨタ LCV D-CARGO CONCEPT(ディーカーゴコンセプト)トヨタ LCV D-CARGO CONCEPT(ディーカーゴコンセプト)トヨタ LCV D-CARGO CONCEPT(ディーカーゴコンセプト)トヨタ LCV D-CARGO CONCEPT(ディーカーゴコンセプト)画像ギャラリーはこちら

キーワードはコンパクト・フレキシブル・マルチユース

トヨタのミニバンや商用車・SUVを手掛けるトヨタ車体が東京モーターショー2017で世界初公開するのは、近未来のハイエースとも言える「LCV CONCEPT(ライト・コマーシャル・ビークル コンセプト)」だ。

CVは、コンパクト・フレキシブル・マルチユースをキーワードに、商用車(Commercial Vehicle)に求められる耐久性や経済性、積載性に、乗る人や働く人に"やさしい"をプラスした新しい発想のマルチバン。

今回のモーターショーでの出展では3つの異なるスタイルを提案している。

>>>>未来のハイエース3モデル!?世界初公開された”LCVコンセプト”などを写真でチェック!【画像79枚】

LCV D-CARGO CONCEPT(ディー・カーゴ コンセプト)

トヨタ LCV D-CARGO CONCEPT(ディーカーゴコンセプト)

D-カーゴコンセプトは、小口配送ビジネスの拡大を見据え、働く環境をより快適に支える小型デリバリーバン。

乗車定員はドライバーの1人のみ。”荷物を運ぶ”ということに特化したモデルである。

助手席側にスライドドアを備え、低床フラットフロアによって荷物の積み下ろしがしやすい大開口の間口を実現した。

助手席スペースも積載スペースにすることで長尺物も積載でき、広さと使いやすさを両立したカーゴスペースとした。

リアには、狭い駐車スペースでも開閉しやすい上下2分割式バックドアを採用した。

運転席は、視界の良さと、ステアリング中央部に脱着できる配達に必要な情報を提供するタブレット端末を備えたシェルコックピットとし、運転と配達のしやすさを両立している。

LCV BUSINESS LOUNGE CONCEPT(ビジネス・ラウンジ コンセプト)

トヨタLCV BUSINESS LOUNGE CONCEPT(ビジネスラウンジコンセプト)

昨今では、政治家や企業の重役、タレントの移動の足として、上級ミニバンのアルファードやヴェルファイアが用いられていることが多い。

背の高いミニバンは室内空間が広いことため、車内でくつろいだり、乗り降りがしやすいというメリットがあるからだ。

トヨタ車体が提案するビジネス・ラウンジ・コンセプトは、世界で活躍するビジネスマンに快適なプライベート空間を提供するビジネス専用ハイヤー。

ハイルーフならではの広々とした頭上空間と2座席のみとしたリアキャビンが、ゆとりのリフレッシュスペースを創出するとともに、室内で着替えをすることもできる。

シートは、人が最もくつろぐことができるコンフォータブルモードを備え、最上級のリラックスを提供。

室内にサイドアクセスラゲージを採用し、室内に居ながらスーツケースから着替えや必要なアイテムを取り出すことができるなど、使い勝手の良さを追求した。

また、テレビ会議に加え、多彩なインフォメーションニーズに応えることができる大型ディスプレイや、プライバシーを守る瞬間調光ウィンドウ、スライドテーブルなどの装備を備えるなど、動くオフィスとして活用することができる。

LCV ATHLETIC TOURER CONCEPT(アスレチック・ツアラー コンセプト)

トヨタLCV AHLETIC TOURER CONCEPT(アスレチックツアラーコンセプト)

アスレチック・ツアラーコンセプトは、車いすのアスリートが、一人で楽に競技用具を積み込み、乗り込んで、快適に運転することができる、車いすアスリートのためのトランスポーターだ。

床下にはワイドスロープが格納されており、車高ダウン機能でスロープの角度を緩やかにすることができるため、車いすに乗ったまま楽に乗降することができる。

また、ステアリングが前後に可動したり、シートが上下に可動することで、車いすから運転席にスムーズに乗り移ることができる。

さらに、車いす競技車両をメンテナンスする際に活躍するスライドトレイや、スペアホイール収納、工具類を収める脱着式ツールボックスなど、競技に挑む車いすアスリートが必要とする装備を備え、スポーティギアスペースとしての使いやすさを追求した。

トヨタ ハイエース 関連コンテンツ

>>ハイエースなどのワンボックスカーはなぜ不動の人気を誇るのか!?漢の血が騒ぐ究極のガテン系マシンが支持される理由を探った!

>>キャンピングカーの悩ましい“アノ問題”を技術で解決した“NV350グランピングカー”ほか、国産ワンボックスバンキャンピングカーから3選[JCCS2017]

【比較】トヨタ 新型ハイエース vs 日産 NV350キャラバン どっちが買い!?徹底比較/渡辺陽一郎

東京モーターショー2017の関連記事

>>東京モーターショー2017の記事一覧

>>東京モーターショー2017会場へのアクセスを伝授!公共交通機関、クルマでいく方法も

>>トヨタ GR HV スポーツコンセプト

>>トヨタが新型エスティマを示唆か、現行より全高を約10cm低くスタイリッシュミニバンに!FCVで航続距離1000キロも実現

トヨタ ハイエース 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スペシャルスポンサーリンク

トヨタ ハイエース の関連記事

トヨタ ハイエースの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ ハイエース の関連記事をもっと見る

トヨタ ハイエース の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/25~2017/11/25

東京モーターショー2017 人気記事ランキング
東京モーターショー2017 の最新記事