MOTAトップ 記事・レポート 編集企画(パーツ・用品) カスタマイズしたハイラックスサーフや4WDを手に入れるならココ!|WEED【Vol.1】

編集企画(パーツ・用品) 2019/5/31 17:00 WEED
PR

カスタマイズしたハイラックスサーフや4WDを手に入れるならココ!|WEED【Vol.1】

カスタマイズした4WD車の製作と販売に特化したWEED

WEED

ハイラックスサーフをはじめとする4WDをカッコよく仕上げたい。ベースとなる車両を買って、一から作り上げていくのは楽しいことだが、やはり大変なことだ。そもそもどうすればいいか分からないという人もいるだろう。そんな人にオススメなのが、カスタマイズ済みの4WDであるWEED(ウィード)のコンプリートカーだ。WEEDは、カスタマイズした4WDの専門店として関西を中心に勢力を拡大中。今回はそんなWEEDの歴史や魅力について迫ってみた。

専門色のあるカーショップはいくつもあるが、WEED本店は185&215系のトヨタ ハイラックスサーフをベースに、「ユーザーが求めるクルマ」にカスタマイズして販売する4WDコンプリートカーの専門ショップだ。

WEEDがユーズドカーの販売を始めたのは2001年のこと。当初はいろいろなユーズドカーを取り扱っていたが、購入してもらったユーザーに喜んでもらえるように「ベースがしっかりしていて壊れない頑丈なクルマ」ということで、2000年頃から積極的に販売したのが185系のハイラックスサーフだ。その当時、WEEDが仕入れていたのがブラックのツートンボディ車。その車両をリフトアップし、ホイール&タイヤで足回り系をカスタマイズ。さらにボディの下部をペイントしてオールブラックに仕上げたハイラックスサーフばかりを店頭に並べたのだ。そして綺麗にライティングしたり、多数の商品車をWEBの中古車情報に掲載するなど、インパクトのあるショップ展開を行ったところ問い合せが殺到。WEEDはハイラックスサーフ専門店として全国に名が知れ渡ったのだ。

現在の社屋、兵庫県三木に移転オープンしたのは8年前の2011年。185&215系ハイラックスサーフ以外に、現在はトヨタ FJクルーザー&三菱 デリカのユーズドカーも取り扱っている。

>>WEEDのウェブページはこちらから

厳選された良質な車両のみをベースにしてコンプリートカーは作られる

WEED
WEED

185系と呼ばれるハイラックスサーフは2002年に生産が終了している旧モデルだが、タウンユースからオフロードまで対応できるオールラウンドSUVとして今でも高い人気を保っている。WEEDではユーザーの要望に即座に応えられるように事故車/走行距離不明車を除いた約100台の厳選した185系(2.7リッターガソリン&3リッターディーゼル)を在庫しているが、通常のユーズドカーショップのようにただ整備して販売しているわけではない。

WEEDWEEDWEEDWEED

ボディは好きな色がセレクトできるニューペイントに加えて、足元は新品の16インチアルミホイールにニットーMTタイヤ265/75-16が組み合わされ、さらに2.5インチリフトアップコイルとデフダウンブロックキットを装着。外装はメッキグリル/USヘッドライト/USコーナーランプ、内装は内張りレザー調シート取り付け/インテリアパネルブラックペイント/レザー調シートカバー/フロアマット/SDナビ/ETCをそれぞれ装備、ボディガラスコーティングまで施される。これだけの装備と施工がされた車両がWEEDでは標準仕様になっている。

そしてボディのカスタマイズは、ボディ全体を同色に仕上げる「BKスタイル」、メッキバンパーを前後にセットした「LAスタイル」、ボディ色とは別にオーバーフェンダーを艶消しブラックで仕上げた「XCスタイル」、ナローボディの「4RUNNERスタイル」の中から選択すればいい。

ちなみにこの4RUNNERスタイルは純正のオーバーフェンダーを取り外して仕上げるため、加工はもちろんのこと、車幅の変更なども公認を取るためかなりの手間が掛かっているそうだ。

ウィードの車両には、さらにオプションとしてバックカメラ、ナビグレードアップ、HID/LEDヘッドライト、ガラススモーク、17/20インチアルミホイールなどが用意されており、好みのスタイルに仕上げることが可能。

215系サーフやFJクルーザー、デリカD:5も

WEED

また185系ハイラックスサーフ以外にも、215系ハイラックスサーフはもちろんのこと、WEED本店が取り扱っているトヨタ FJクルーザーや三菱 デリカD:5に関してもBKスタイルなどのカスタマイズバージョンを用意している。

WEEDWEED

自社の認証工場で職人が製作する安心のコンプリート

WEED
WEED

これらのカスタマイズを担当するのはWEED本店から数百メートル離れた場所に位置する認証工場のWEEDベース。足回り系/インテリアのカスタマイズからボディのオールペンまで、妥協を許さない職人の手によってユーザーの要望に応じた完成度の高いコンプリートカーに仕上げられている。

そしてWEEDが販売している商品車をわかりやすく解説しているのがWEED本店の辰巳店長が出演しているユーチューブの動画配信「WEEDたっちゃんねる」だ。坊主頭のユニークなキャラクターの辰巳店長が月1回の配信を行っており、WEEDの広報担当としてこの動画は高い人気を博している。また「WEED たっちゃんねる」以外にもWEED関連会社の動画配信を積極的に行っているのでWEEDのホームページからチェックしてみてはどうだろうか。

今回はWEEDの歴史やさまざまな装備が標準装着される中古車ベースのコンプリートカーを紹介した。ハイラックスサーフを始め、質実剛健でありながらオシャレな4WDが揃うWEED。次回は、そんなWEEDが作る個性的な新車コンプリートカーの魅力に迫ってみよう!

>>WEEDのウェブページはこちらから

WEED関連記事

>>個性的な新車コンプリートカーのラインアップも充実!【Vol.2】Coming soon

>>楽しいライフスタイルの相棒にしたいWEEDのコンプリートカー【Vol.3】Coming soon

Corporate Profile

企業名:株式会社エムクライム

郵便番号:673-0415

住所:兵庫県三木市府内町401-1

TEL.0794-73-8000

企業HP:こちらから

WEED Info

WEED とは?

WEED(ウィード)は、兵庫県に本社を置く株式会社エムクライムが運営する、トヨタ ハイラックスサーフをはじめとする4WD車に特化したプロショップで、オリジナルパーツやコンプリートカーの製造と販売を行っている。また新車をベースにしたコンプリートカーの製造と販売もしており、多くのユーザーから支持されている。

<お問い合わせ> こちらから