autoc-one.jp 記事・レポート 編集企画(パーツ・用品) 車高調マイスターファイナルコネクションによる、デモカーのサスペンションカスタムに注目!【Vol.3】

編集企画(パーツ・用品) 2018/11/19 10:25 ファイナルコネクション
PR

車高調マイスターファイナルコネクションによる、デモカーのサスペンションカスタムに注目!【Vol.3】

関連: スズキ スペーシア , ホンダ N-VAN , スズキ エブリイワゴン Text: 松田 タクヤ(オートックワン) Photo: ファイナルコネクション・オートックワン編集部

軽ハイトワゴンのカスタム事例をご紹介

自動車用アフターパーツメーカー、ファイナルコネクションをご紹介する全3回の企画。

Vol.1ではサスペンションを交換するメリットや、ローダウンの種類、そしてファイナルコネクションの紹介をさせていただき、Vol.2では、ファイナルコネクションが展開するサスペンションラインナップをご紹介させていただきました。

最後となる今回のvol.3では、ファイナルコネクションのデモカーである、スズキ スペーシアカスタムのローダウンとスズキ エブリイワゴンのリフトアップ、さらには開発中のホンダ N-VANのカスタム例を紹介します。

>>サスペンションを車高調に交換するメリットは? 色々なローダウン方法をご紹介!【Vol.1】

>>国産最多の車種ラインナップを誇るファイナルコネクション製車高調のコダワリとは【Vol.2】

>>ファイナルコネクション アフターパーツ一覧

スズキ スペーシアカスタム

スズキ スペーシアカスタム

現在、日本で販売されている新車のうち35~38%が軽自動車となっています。さらに、この内の約40%が全高1700mm以上の軽ハイトワゴンというカテゴリーに属する車種が占めており、軽ハイトワゴンは日本において最も売れているジャンルと言って過言ではありません。

そんな激戦区に、2017年12月にフルモデルチェンジを行い投入されたスズキ スペーシア/スペーシアカスタムは、大幅な安全性能と迫力のあるデザインを手に入れて、先代モデルよりも更に人気を高めました。

軽自動車とは思えない大胆なフォルムを纏って登場したスペーシアカスタムは、カスタムベースとしての素質も抜群。そのスペーシアカスタムをファイナルコネクション流にカスタムした車両がこちらのスペーシアカスタムになります。

デモカー装着パーツ

■ステルスミニ(STEALTH Mini)

スズキ スペーシアカスタム(ステルスミニ)

高いコストパフォーマンスはそのままに、高次元の走行性能と圧倒的なローダウンを実現したサスペンションがステルスミニです。

一般道において必要な乗り心地性能と、軽快なハンドリング特性を実現したステルスミニは、様々なシーンで幅広いセッティングが可能な減衰力25段階調整となっています。

>>ステルスミニの詳細はコチラ

■アビス(ABYSS)

軽CAR、コンパクトカーの足元を超深リムで魅せることができるABYSSは、独自のオーダーシステムによって、ディスクカラー、リム、インセットと豊富なカラーバリエーションでお好みに合わせたオーダーが可能です。

カラーバリエーションとして標準以外ではクリアカラー5色、オーダーカラー14色、更にリムアレンジとして標準以外に4色を自由に選ぶことができます。

>>アビス(ABYSS)の詳細はコチラ

■K-CAR フロントキャリパーキット(CALIPER FOR K-CAR)

スズキ スペーシアカスタム(K-CAR フロントキャリパー)

ドリフト競技の最高峰、D1グランプリにて培ったノウハウをフィードバックした、高い制動力とコントロール性が特徴のオリジナルブレーキキャリパーキットです。

制動力が上がると走行性能が向上するのはもちろん、ホイールの隙間からチラリと覗くビッグキャリパーは、ドレスアップ効果も絶大です。

>>K-CAR フロントキャリパーキットの詳細はコチラ

ファイナルコネクションサスペンションを取り付けたユーザーの声

・車屋で取り付けてもらったので減衰設定は分かりませんが、とても乗り心地が良く気に入っています。買って良かった!

・車高もよく下がるし、純正よりも乗り心地が良くなってビックリです。

・乗り心地よりも剛性感を重視するのですが、満足できるサスペンションでした。

・ダウンサスから車高調に変えましたが、乗り心地が良くなりました。

・減衰力を調整すると、カーブを曲がる時に違いがハッキリ分かります。

スズキ エブリイワゴン

スズキ エブリイワゴン

2015年2月にフルモデルチェンジを受けたエブリイワゴンは、今では数少なくなったキャブーオーバータイプ(エンジンが運転席の下にあるボディタイプ)の軽ワンボックスです。

エアロパーツを取り付けて車高を下げる定番のスタイルも良いですが、ファイナルコネクションでは“あえて”リフトアップするカスタムスタイルを提案しました。

リフトアップサスペンションで車高を上げ、足元にはオリジナルホイールのアビス ゼロツーをインストール。大径タイヤと組み合わせたことで、軽ワンボックスがまるでクロカン四駆のように見えるスタイルを実現。街中で見かけたら思わず振り返ってしまうような迫力をエブリイワゴンが完成しました。

デモカー装着パーツ

■EAGER リフトアップサスペンション

スズキ エブリイワゴン(EAGER リフトアップサスペンション)

スプリング交換のみでリフトアップする事が可能なEAGERリフトアップサスペンションは、錆びに強いパーカー処理(リン酸鉄被膜処理)を施し、耐久性を高めています。

リフトアップ量は25mm~35mmとし、迫力のあるフォルムを手軽に楽しむことができます。

ノーマルショック対応で、もちろん車検対応品です。

>>EAGER リフトアップサスペンションの詳細はコチラ

■アビス ゼロツー(ABYSS 02)

5本スポークの新形態として登場した、軽CAR、コンパクトカー専用の1ピースアルミホイールがアビス ゼロツーです。

ガンメタリック、ホワイト、ブラックポリッシュの3カラーをラインナップし、クルマの雰囲気や使うシーンによって好みのカラーを選べるのが特徴で、15インチでありながら、同社のブレーキキャリパーキットの装着も可能です。

>>アビス ゼロツー(ABYSS 02)の詳細はコチラ

ファイナルコネクションサスペンションを取り付けたユーザーの声

・純正よりもしなやかで、ハンドリングもクイックになりました。なにより、簡単にリフトアップできたことに満足しています!

・取り付けたらハネるかと思っていましたが、ハネるどころか乗り心地が良くなりました。

・ノーマルから比べるととても良くなった。走りも楽しくなった!!

・最高の乗り心地でした、満足です。

・高速でも、カーブでも、とても曲がりやすいです。車がしっかりした感じがする。

ホンダ N-VAN

ホンダN-VAN

2018年7月に発売された、ホンダの新コンセプトの軽商用バンがN-VANです。軽商用バンでは当たり前だったキャブオーバーのボディを潔く捨て、乗用車のN-BOXをベースとすることにより、抜群の使い勝手と多彩なシートアレンジを手に入れました。

助手席とセカンドシートを床下に畳むことで実現した広大な荷室は、アクティブに遊ぶ人たちのイマジネーションを大いに刺激し、グレードによっては納車半年待ちになるほどの人気を誇っています。

そんなN-VANは商用車ベースという事もあり、走行した際の足回りの頼りなさが少しだけ目立ちます。N-VANをもっとカッコよくしたい、そして高い走行性能を与えたいと考えたファイナルコネクションでは、現在N-VAN用のオリジナルサスペンションを開発中です。N-VANをいち早く手に入れたユーザーさまは、ぜひファイナルコネクションにお問い合わせください。

デモカー装着パーツ

■キッズレーシングダンパー(KIDS RACING DAMPER)

ホンダN-VAN(キッズレーシングダンパー)

キッズレーシングダンパー+αは、機能性を重視しながらコストパフォーマンスを重視したサスペンションが欲しい方にピッタリなモデルです。

圧倒的なロープライスを実現しながら車高を自由にセットできる全長調整式を採用、さらに、乗り味を自在に変えられる20段階の減衰力調整機能付きで、ビギナーモデルでありながらフラッグシップに近い機能性を持っています。

>>キッズレーシングダンパーの詳細はコチラ

■アビス ゼロツー(ABYSS 02)

5本スポークの新形態として登場した、軽CAR、コンパクトカー専用の1ピースアルミホイールがアビス ゼロツーです。

ガンメタリック、ホワイト、ブラックポリッシュの3カラーをラインナップし、クルマの雰囲気や使うシーンによって好みのカラーを選択できることが特徴で、15インチでありながら、同社のブレーキキャリパーキットの装着も可能です。

>>アビス ゼロツー(ABYSS 02)の詳細はコチラ

サスペンション以外のアフターパーツも多数ラインナップ

自動車用アフターパーツメーカー、ファイナルコネクションをご紹介する全3回の本企画はいかがだったでしょうか。

今回の記事ではサスペンションに的を絞ってご紹介していきましたが、ファイナルコネクションではその他にもさまざまなアフターパーツを取り揃えています。

ファイナルコネクションはメーカーでありながらショップでもあるので、来店した際には知識豊富なスタッフがカスタムの相談を受けてくれるのも嬉しいポイントです。

エクステリアカスタム、インテリアカスタム、そして足回りからマフラーまで。クルマのカスタムのことでしたらファイナルコネクションに全て任せてみてはいかがでしょうか。

>>ファイナルコネクション アフターパーツ一覧

Corporate Profile

企業名:ファイナルコネクション

郵便番号:197-0826

住所:東京都あきる野市牛沼67-5・2F

TEL:042-550-4533

企業HP:こちら

FINAL KONNEXION Info

FINAL KONNEXIONとは?

FINAL KONNEXION(ファイナルコネクション)は、東京都に本社・ファクトリーを置き、自動車用サスペンションや各種アフターパーツの開発・販売を行っているブランドである。ファイナルコネクションが最も得意とするサスペンション開発は、完全自社設計のオリジナル品で、ユーザーの好みに合わせてチョイスできる多彩なラインナップを用意していることが特徴。サスペンションの他にも、アルミホイール、エアロパーツ、ブレーキキット等の開発・販売もしている。ファイナルコネクションは、カーカスタムのトータルプロショップと言える存在だ。

<ファイナルコネクション アフターパーツ一覧> こちら