大人気の新型80系ハリアーを個性豊かに彩るブレスクリエイションのエアロカスタム/ブレスクリエイション【Vol.8】

80ハリアーを他車と差別化したい、もっとスポーティに仕上げたい人は必見!

世界的に人気が衰えることを知らないクロスオーバーSUV。その中でもひと際高い人気を誇るのがトヨタ ハリアーではないだろうか?

先代モデルはもちろんのこと、昨年2020年に登場した新型ハリアーは、よりスタイリッシュに進化したことで先代を上回るほどの人気モデルとなっている。

そんなハリアーはクロスオーバーSUVでありながらドレスアップ好きなユーザーにも人気が高く、純正オプションとして設定されるエアロパーツの装着率が高くなっているようだ。

しかし個性を求めてエアロパーツをチョイスしたにもかかわらず、「純正オプションでは多くのユーザーが同様のものを装着しているために個性を打ち出しにくい」とお嘆きのアナタにピッタリなエアロパーツがブレスクリエイションからリリースされる。

>>ブレスクリエイションのオフィシャルサイトはこちら

ハリアーのエレガントさはそのままにスポーティさをプラスするエアロパーツ

ハイエースやハイゼットといった箱系のエアロパーツを得意とするブレスクリエイションがリリースする、初のSUV向けのエアロキットがこの新型ハリアー用となるが、ベース車の持つエレガントさを損なうことなくスポーティな雰囲気をプラスする仕上がりとなっている。

・フロントハーフスポイラー

純正バンパー下部に被せるタイプのフロントハーフスポイラーは、センター部で10mm、サイド部で25mmダウンとなり、前方に+43mmとなるためボリュームアップができる。

だが、バンパーの最前端よりは約10mm下がっているため、全長寸法には影響がなく、安心して装着できる仕様だ。

純正バンパーはSUVということもあり下部は無塗装樹脂となるが、このハーフスポイラーを装着することでボディ色にすることができるため、よりスタイリッシュかつ高級感を演出することができるだろう。

なお、フロントハーフスポイラーは、ダクト部にアルミネットを備えるVer.1と、ダクト部にLEDライトが備わるVer.2の2種類が用意されている。

●フロントハーフスポイラー

Ver.1 未塗装ゲルコート品 5万2800円(税込)/塗装済み品 8万300円(税込)

Ver.2 未塗装ゲルコート品 7万7000円(税込)/塗装済み品 10万4500円(税込)

・サイドパネル

腰高感の解消に一役買ってくれるサイドパネルは、こちらも純正の無塗装樹脂パネルに被せるように装着するもの。純正比で42mm~77mmダウン(位置によって数値が異なる)となるため、ローダウンをしなくてもドッシリとした印象をプラスすることができる。

全幅側には+9ミリワイドとなるが、この範囲であれば車検証上の記載変更も不要なので、気軽にワイド感を楽しむことができることもポイントのひとつと言えるだろう。

●サイドパネル

未塗装ゲルコート品 8万3600円(税込)/塗装済み品 12万9800円(税込)

・リアハーフスポイラー

純正ではマフラーのタイコ部分が露出し、ややみっともなさのあるリア周り。だが、ディフューザー形状のリアハーフスポイラーを装着することでマフラーの露出を防ぎ、よりスポーティな印象を与えてくれる。

また、こちらも無塗装樹脂部分がカバーされることで、よりスタイリッシュな印象もプラスされる点も見逃せない特徴と言えるだろう。

純正バンパーに対してはセンター部で63mm、サイド部で52mm低くなり、後方には13mm長くなる。

マフラー部の造形は純正と変わらないので違和感もない。だが、後方に延長されることで物足りなく感じる場合はデモカーのようにマフラーカッターを装着するという手法もアリだ。

●リアハーフスポイラー

未塗装ゲルコート品 5万6100円(税込)/塗装済み品 8万3600円(税込)

ハリアーのスタイルを引き上げるブレスクリエイションのパーツ

さらに、ブレスクリエイションでは前述のエアロパーツ3点以外にも、ノーマル状態との違いを演出するパーツを複数設定している。

・フロントバンパートリム

フロントバンパートリムは、純正バンパーの両サイドダクトに装着するアイテム。ノーマルではツルっと抑揚のないバンパーが、これを装着することで欧州のチューニングモデルのような存在感を放ってくれる。

装着は両面テープで貼り付ける簡単施工で、FRP製のほか、目地が美しいカーボン製も用意される。

●フロントバンパートリム

FRP製 未塗装ゲルコート品 2万2000円(税込)/塗装済み品 3万5200円(税込)

カーボン製 未塗装クリアゲルコート品3万5200円(税込)/クリア塗装済み品 4万8400円(税込)

・リアルーフエンドスポイラー

純正のリアルーフスポイラーのエンド部分にチョイ足しするパーツがリアルーフエンドスポイラー。小さなアイテムでありながら、あるとないとでは大きく存在感が異なる。こちらもFRP製とカーボン製が用意されており、ボディ色に合わせてコーディネートできる。

●リアルーフエンドスポイラー

FRP製 未塗装ゲルコート品 2万9700円(税込)/塗装済み品 4万5100円(税込)

カーボン製 未塗装クリアゲルコート品 4万6200円(税込)/クリア塗装済み品 5万9400円(税込)

・リアゲートガーニッシュ

最後はリアゲートのエンド部分に装着するリアゲートガーニッシュ。こちらはカーボン製となっており、リアビューを引き締めてくれるだけでなく、リアゲート開閉時にエンド部分をガードする役割も果たすものだ。

●リアゲートガーニッシュ

カーボン製 未塗装クリアゲルコート品 3万3000円(税込)/クリア塗装済み品 4万6200円(税込)

80ハリアーのボディカスタムならブレスクリエイションのパーツがオススメ

数多くの新型ハリアー用のアイテムをリリースしたブレスクリエイション。すべてのアイテムをチョイスしてもいいし、いくつかのアイテムをピックアップして、より自分らしい1台を作り上げるのもいいだろう。

ブレスクリエイション

全て自社工場で生産しているブレスクリエイションならではのクオリティの高さは、一度手にしてもらえれば自ずと分かるハズだ。また、どのアイテムもクリア塗装済みなので、塗装の手間が省けるという点にも注目したい。

人気車種ゆえに、路上で多くのハリアーを目にするようになったいま、「他のハリアー乗りと差別化したい」と考えている人は、ブレスクリエイションのエアロキットでカスタムを検討してみてはどうだろうか?

>>ブレスクリエイションのオフィシャルサイトはこちら

筆者   小鮒 康一
1979年5月22日生まれ、群馬県出身。某大手自動車関連企業を退社後に急転直下でフリーランスライターへ。国産旧車に造詣が深いが、実は現行車に関してもアンテナを張り続けている。また、過去に中古車販売店に勤務していた経験を活かし、中古車系の媒体でも活動中。最近では「モテない自動車マニア」の称号も獲得。
関連車種
  • ハリアー
この記事の写真ギャラリーはこちら

ブレスクリエイションの関連記事

Brand Info -

1996年に創業した有限会社プロタックアドバンスは、神奈川県にスタジオを置く、自動車や二輪車のエアロパーツ販売・企画等を、創業以来20年以上に渡って行っているメーカーである。そのプロタックアドバンスが2004年に立ち上げたブランドが「BLESS CREATION(ブレスクリエイション)」である。国産車に重点を置いた、デザイン性の高いエアロパーツを多数展開するブレスクリエイションは、自社設計、国内生産による品質の高さが特徴で、ブランド立ち上げ以来多くのユーザーを魅了し続けている。

【お問い合わせはこちらから】

Corporate Profile

企業名:有限会社プロタックアドバンス

郵便番号:252-0203

住所:神奈川県相模原市中央区東淵野辺5-17-14

TEL: 042-730-3218

<企業HP>こちら