グランエースを威風堂々に仕立てるブレスクリエイションのエアロ|ブレスクリエイション【Vol.6】

上品なスタイルに仕上がるブレスクリエイションのグランエース

2019年12月に発表されたグランエースは、それまでトヨタで最大のサイズを誇っていたアルファード/ヴェルファイアを凌ぐボディサイズを持った、威風堂々としたスタイリングが魅力のフルサイズワゴンだ。

メインのターゲットユーザーはVIPの送迎などを中心とした法人ユーザーであるが、その大迫力のボディサイズもあって一般ユーザーが購入するケースも少なくないという。

となると、他のグランエースとは差別化を図りたくなってしまうのがクルマ好きの常。そんなグランエースオーナーのためにブレスクリエイションがグランエースの上質さを損なわない、絶妙なデザインのエアロパーツをリリースしてくれたのである。

ご存知の通り、グランエースは海外で先行販売されている300系のハイエースがベースとなっており、200系ハイエース用のエアロパーツを数多くリリースするブレスクリエイションにとっては、非常に得意とするジャンルとも言える。

そして、近い将来日本にも導入される可能性のありそうな300系ハイエースへの布石とも言えるグランエースをベースとすることで、先行投資の意味合いも持ち合わせているというワケだ。

>>ブレスクリエイションのオフィシャルサイトはこちら

グランエース法人ユーザーでも違和感ない純正オプションのような上品さ

今回ブレスクリエイションがリリースしたグランエース用のエアロパーツは、フロント、サイド、リアの3点とロワードオーバーフェンダーの計4アイテム。

写真を見ていただいても分かるように、グランエースの雰囲気を損なわない上品さを持ち合わせつつも、ノーマルとは明らかに違うことを静かに主張する、メーカー純正オプションのようなクオリティとなっている。

・フロントハーフスポイラー

純正のフロントバンパーにかぶせるように装着するフロントハーフスポイラーは、正面からみると腰高感のあるグランエースのフロントマスクをローダウンしたかのように安定感のあるスタイリングにしてくれるもの。純正バンパーよりも最大50mm下方向にダウンしているが、間伸び感を一切感じさせないのはさすが。

さらにデイライトとして存在感をアップさせるLEDライト付きのものも用意されるほか、LEDライトなしのものはダクト部分にアルミメッシュが備わってスポーティな印象もプラスしてくれるので、どちらにしようかと嬉しい悩みが増えてしまうことだろう。

価格はLEDライト付きが77,000円(塗装済は113,000円)、LEDライトなしが59,000円(塗装済は89,000円)となる(すべて税抜き価格)。

・サイドロワードパネル

サイドのドアパネル下部に装着するサイドロワードパネルも、グランエースの腰高感を解消してくれる重要なアイテムだ。純正のメッキモールの下部がそのアイテムなのだが、あまりに自然にフィットしているため、グランエースユーザーでなければ気づかないほど。

当然ながらフロントドアやスライドドアの開閉には全く影響を与えずに下方向に55mmダウンさせてくれるので、ネガティブな要素は全くない。

こちらは未塗装品が120,800円、塗装済が162,800円となる(すべて税抜き価格)。

・リアアンダースポイラー

そして後方からの見た目の安定感を増してくれるリアアンダースポイラーも純正バンパーにかぶせて装着するタイプで、純正バンパーよりも最大75mmダウンとなるもの。

マフラーからの排気がキレイに抜けるように切り欠きが設けられているが、左右対称のデザインとなっているため、社外品の左右出しマフラーなどをチョイスした場合のマッチングもバッチリだ(マフラーによっては要加工の可能性あり)。

価格は未塗装品が60,000円、塗装済が90,000円となる(すべて税抜き価格)。

・ロワードオーバーフェンダー

最後に紹介するロワードオーバーフェンダーはブレスクリエイションおなじみのアイテムで、装着するだけでローダウンしたかのように見せるアイテムだ。

グランエース用は装着することでフロントが30mm、リアは40mmホイールアーチが下がり、タイヤとの隙間が詰まるので、他のエアロパーツを組み合わせることであたかも大きくローダウンしたような安定感を演出することができるのである(デモカーは20mmのダウンサスを装着)。

価格は未塗装品が94,000円、塗装済が130,000円となる(すべて税抜き価格)。

>>ブレスクリエイションのグランエースの詳細はこちら

純正デザインを活かしつつスタイリッシュにグランエースを仕上げる

ブレスクリエイション

車高を下げることでスタイリッシュなフォルムが実現できるのは当然であるが、グランエースというキャラクターからして乗り心地が損なわれる極端なローダウンははばかられるし、先進安全装備に支障が出る可能性も否めない。

そういったユーザーには、装着するだけでローダウンしたかのような視覚効果が得られるブレスクリエイションのエアロパーツは間違いなくオススメと言えるだろう。

>>ブレスクリエイションのオフィシャルサイトはこちら

関連車種
  • グランエース
この記事の写真ギャラリーはこちら

ブレスクリエイションの関連記事

Brand Info -

1996年に創業した有限会社プロタックアドバンスは、神奈川県にスタジオを置く、自動車や二輪車のエアロパーツ販売・企画等を、創業以来20年以上に渡って行っているメーカーである。そのプロタックアドバンスが2004年に立ち上げたブランドが「BLESS CREATION(ブレスクリエイション)」である。国産車に重点を置いた、デザイン性の高いエアロパーツを多数展開するブレスクリエイションは、自社設計、国内生産による品質の高さが特徴で、ブランド立ち上げ以来多くのユーザーを魅了し続けている。

【お問い合わせはこちらから】

Corporate Profile

企業名:有限会社プロタックアドバンス

郵便番号:252-0203

住所:神奈川県相模原市中央区東淵野辺5-17-14

TEL: 042-730-3218

<企業HP>こちら