autoc-one.jp 記事・レポート 特集 カーソムリエ “AE19”学生達による試乗レポートを掲載!~“Assistant Editor”「クルマ離れと戦う学生19人」 15-2

“AE19メンバーの紹介&レポート”

高木一秀 さんの三菱アウトランダー試乗レポート

  • 高木 一秀
    東京大学
    車は7割見た目、3割走りだと思う。 正直見た目だけで納得できる車もいる(その意味で7割とした)が、どうしても見た目のいい車は走りの性能もいいことが多いので、結局最初は見た目で入り、走りの性能に試乗で感動し車を購入するに至るかと思う。

    このクルマを一言で表すと?

    三菱的現代SUVの正解。

    三菱アウトランダーについてのオススメポイント

    もしあなたがかねてより三菱を好きであったならば、この車は完全に「買い」である。「燃費」「乗り心地」が評価の中心軸となってしまった現代の車市場において、この車はある程度の性能を担保しておきながら、「走破性」「武骨さ」といった三菱らしい部分をしっかりもてている点が非常に素晴らしい。見た目の武骨さの割にそんなに大きくない全幅で、取り回しの良さも魅力である。

    三菱アウトランダーについての不満な点

    三菱好きでないとSUVの選択肢として挙がってこない印象。つまり、三菱好きが特に重視する部分(走破性・武骨さ)は強力なポテンシャルを秘めており良いのだが、三菱好きでないならばその部分はあまり評価対象にはならないのであり、うーん、といった感じ。インテリアや乗り心地などそこそこの出来であるが・・・