autoc-one.jp 記事・レポート 特集 カーソムリエ “AE19”学生達による試乗レポートを掲載!~“Assistant Editor”「クルマ離れと戦う学生19人」 15

“AE19メンバーの紹介&レポート”

高木一秀 さんのマツダCX-5試乗レポート

  • 高木 一秀
    東京大学
    車は7割見た目、3割走りだと思う。 正直見た目だけで納得できる車もいる(その意味で7割とした)が、どうしても見た目のいい車は走りの性能もいいことが多いので、結局最初は見た目で入り、走りの性能に試乗で感動し車を購入するに至るかと思う。

    このクルマを一言で表すと?

    ディーゼルの武骨さとマツダのエレガントさを兼ね備えたSUVの最適解。

    CX-5についてのオススメポイント

    CX-5は日本におけるディーゼルのイメージをたった一車種でがらりと変えてしまいうるポテンシャルを持っている。乗ってエンジンをかけると、まずそのエンジンの静粛性に驚く。これはガソリンエンジンをしのぐ静かさである。それでいていざ加速、となればかつて人々を魅了した力強いトルクで引っ張ってくれる。エコモードで基本的にパワーは抑えられるような設計になっているが、しっかり踏み込めば圧倒的な加速が返ってくる。また運転席の座り心地も「コックピット」と呼ぶにふさわしいほど良い固さで、ハンドル、ペダル共に操作の実感がありリニアな操作も可能。これは一度乗ったら魅了される車である。

    CX-5についての不満な点

    マツダの個性的な外観をもろに受け継ぐクルマであるが故、好きな人は好きだが嫌いな人は嫌いな賛否両論あるデザインである(ちなみに私は好きである)。また欧州車のコンパクトSUVをライバルとして設計しているためか、路地が多く小回り性能が必要な日本の道路に少々合わないワイドボディである。一般に全幅が1800mmを超えると日本では運転に支障が出てくるといわれているが、残念ながら1850mmである。タイヤサイズも大きすぎる印象。