autoc-one.jp 記事・レポート 特集 東京オートサロン2017 ダイハツ“ホットハッチの再来”とも呼べるコンセプトカーが登場!

チューニング・ドレスアップの総合展示会、東京オートサロン2017 特設ページ

チューニング・ドレスアップの総合展示会、東京オートサロン2017 特設ページ
モーターショー 2017/1/13 15:28

ダイハツ“ホットハッチの再来”とも呼べるコンセプトカーが登場!

ダイハツ“ホットハッチの再来”とも呼べるコンセプトカーが登場!

東京オートサロン2017のダイハツブースでは、何と11台ものコンセプトモデルを展示している。

関係者によると、「ダイハツは昨年トヨタの100%子会社になりました。そんな中、「歴史ある“ダイハツブランド”をもっと声を大にしてアピールするべきだ」と言う声が社内の若いスタッフの中から数多く上がり、色々な提案が実現できました」と語る。

今回は「スポルザ」「グランドカスタム」「ビーチクルーズ」「クロスフィールド」と言う4つのテーマでカスタマイズされているが、注目はブーン、トール、ムーブ・キャンバス、コペンに設定される「ダイハツホットハッチの再来」とも言えるスポルザだ。

ダイハツ SPORZA トール

エクステリアはブラック/レッドのボディカラーにゴールドのホイールでコーディネイト。これはかつて人気を博したコンパクトスポーツハッチであるダイハツ・シャレード「デ・トマソ」のオマージュである事は一目瞭然だ。

ただし、元々スポーツモデルのコペンは他の3台と比べるとよりレーシーな方向のイメージだ。

ダイハツ SPORZA ブーン

インテリアもエクステリアと同じように、ブラック/レッドのコーディネイトを採用。カーボンアイテムを随所に効果的に使うことでスポーツ性をアップ。

最近のカスタマイズは上質や洗練と言ったコンセプトのモデルが多いのだが、スポルザはどのモデルもスポーツ度を引き上げ個性を強調したパーツセレクトにより、かつて日本が得意だった「等身大の元気なホットスポーツ」を現在に再現したイメージだ

ダイハツ SPORZA コペン
ダイハツ SPORZA コペンダイハツ SPORZA コペン

ちなみにコペンはダイハツワークス部隊である「Dスポーツ」の手によるチューンドエンジンが搭載。他の3台は未公表ながらもフードエアインテークがあるように、過給機付きエンジンの搭載を想定している。

ちなみにハイト系ワゴンのトールはノーマルに3気筒の1Lターボモデルがラインナップされるが、当然同じコンポーネントを採用するブーンにも理論上は搭載可能。また、ムーブ・キャンバスもノーマルはNAのみだが、こちらもターボモデルも搭載可能だろう。

ある関係者は「ユーザーからも『新型にX4はないのか?』と言う話も良く聞きます。ターボ+AWDの組み合わせは、技術的にも可能ですからね(笑)」と語ってくれた。

>>ダイハツ SPORZA(スポルザ)画像ギャラリー

Grand Custom(グランドカスタム)コンセプトカー
ダイハツ GRAND CUSTOM タント

一方、ダイハツのラインナップで高い人気を誇るカスタムシリーズだが、グランドカスタムは更に上を行く“至高のカスタム”がコンセプトの提案モデルだ。

トールカスタムの世界感をより強調するために大型メッキグリル付のフロントバンパーをはじめとする専用のエアロパーツにより、より迫力のあるスタイルに仕上がっている。元々コンパクトなサイズのトールだが、存在感が全然違うのが解るはずだ。

また、タントとムーブは、ディーラーオプションのアイテムを組み合わせることで、グランドカスタムに仕立てることが可能。15インチアルミホイールのみ特別仕様である。

>>ダイハツ Grand Custom(グランドカスタム)画像ギャラリー

ビーチクルーザーはグランドカスタムとは真反対のコンセプトで、「もっとシンプル」「もっとナチュラル」がコンセプト。

ムーブ・キャンバスはヴィンテージ調の前後バンパーやヘッドランプカラー、ウッド調のモールやミラーカバー、ホワイトリボンタイヤなどにより、古き良きアメリカンな印象。ブーンはウッド調のラッピングややフェンダーラッピングの変更により、より道具感が強調されたルックスに仕上がっている。

>>ダイハツ Beach Cruisin'(ビーチクルージン)画像ギャラリー

ダイハツ CROSS FIELD ウェイク

クロスフィールドは「クルマを遊び倒す」をコンセプトに、よりクロスオーバー風に仕立てられている。

キャストアクティバとウェイク共に、オリーブのボディカラーに迷彩色をイメージしたルーフラッピング、そしてホイールのオレンジワンポイントなどにより、よりアクティブなイメージをプラス。最小限の変更で最大限の効果と言えるかも知れない。

どのモデルが市販化できるかは解らないものの、関係者によれば「どのモデルも内外装に関しては夢物語ではありません。スポルザだけでは走りの部分も手を入れるのでハードルは高いですが、それもできる/できないで言えば可能です。皆さんの声が市販化に結び付きますので、ブースにいる説明員にエールを送ってください」と語った。

>>ダイハツ CROSS FIELD(クロスフィールド)画像ギャラリー

[Text:山本シンヤ]

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ダイハツ の関連記事

ダイハツの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ダイハツ の関連記事をもっと見る

ダイハツ の関連ニュース

ダイハツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/21~2017/8/21

東京オートサロン2017 美女図鑑