ハイラックスGR SPORT用の「タンドラフェイス」が誕生。GR SPORTらしさも残したオールブラックのフェイスキット/GMG Vol.10

「ハイラックスGR SPORT」を迫力のあるタンドラ風に!

北米トヨタで販売されているタンドラは、左ハンドルであることや全長や全幅が大きいことから、日本で運転するにはなかなかハードルが高い車種。ルックスが好みでも使い勝手を理由にタンドラの購入を思いとどまっている方や、他人とは違うフロントフェイスにしたいと考えている方は、トヨタ ハイラックスをタンドラ風にカスタムするのはいかがでしょうか?

今回はハイラックスGR SPORTのアイデンティティも残しつつ、オールブラックで仕上げたダブルエイトのGR SPORT用「タンドラフェイス」をご紹介します。

タンドラフェイスの詳細をお伝えする前に、まずはハイラックスのトップグレードであるGR SPORTSやタンドラについて、そして開発の経緯やこだわりについてGMG伊藤代表へのインタビューからお伝えします。

>>GMG・ダブルエイトのオフィシャルサイトはこちら

ハイラックスのトップグレードでスポーティな仕様のGR SPORT

2021年10月に登場したトヨタ ハイラックスの最上位グレード「Z”GR SPORT”」。

専用のフロントバンパーやグリルに加え、全幅1900mmのワイドボディに仕立てるアイコニックなオーバーフェンダー、スポーティな仕立ての特別なインテリアなど、他のグレードとは一線を画す仕様。

トヨタ ハイラックスGRスポーツ

さらに足回りパーツには、ブラック塗装+切削光輝を施した18インチホイール、ステアリングの応答性を高めたフラットかつ快適な走りを実現する専用サスペンションも搭載しており、ハイラックスのトップグレードに君臨しています。

タンドラを国内で日常使いできるようにフェイスキットを開発

トヨタ タンドラといえば、海外トヨタが販売するフルサイズピックアップトラックで、全長6メートル、全幅2メートルの大きなボディに、刺激的なフェイスが特徴。

中央に置かれた大きなグリルフレームにハニカムグリル、両サイドの異形ヘッドライドと、そこからつながるダクトなど、圧倒的な存在感を放つ顔立ちに一目惚れする人が続出するのも頷けます。

トヨタ タンドラトヨタ タンドラ

とはいえ、大きなボディ&左ハンドルと、国内で日常使いするのはかなりハードルが高いのも事実です。そこで、タンドラフェイスをハイラックスに取り込めないかと考えたのがSUV&4WDのスペシャリティショップ「GMG」。そして同社がプロデュースするブランドで、ハイラックスのカスタムシーンをリードする存在の「ダブルエイト」より、ハイラックス用「タンドラフェイス」が登場しました。

同キットが発売されるやいなや、ハイラックスユーザーから圧倒的な支持を集めました。そしてGR SPORTの登場後、同グレードに合うタンドラフェイスを用意してほしいという要望が多く寄せられたため、専用キットを開発に至ったとのこと。

困難を極めたタンドラフェイスキットの開発

「あまりにも自然な仕上がりのため、簡単に開発できたと思うかもしれませんが、開発には困難を極めました」というのは、ダブルエイトブランドをプロデュースするGMGの伊藤代表。

「実際に製作してみると、タンドラとハイラックスではボディ形状がまったく違うことが分かりました。ハイラックスが前下がりのボンネットであるのに対し、タンドラは凹凸感を持ったまま伸びて切り落としたような形状を持っています。

バンパーの両サイドも、ハイラックスが広いのに対し、タンドラは狭い。開発の途中で断念しようと思うくらい、難しい作業の連続でした。そのなかでも、単なるタンドラのマネはしたくないという想いがありました」と伊藤代表。

そうして開発されたGR SPORT専用の「タンドラフェイス」は、タンドラのゴツさをハイラックスに表現しつつも、GR SPORTのアイデンティティをいかに残すかにこだわって製作されています。

立体感のあるハニカムグリルでタンドラのゴツさを表現

GMG

続いて、タンドラフェイスに注目。ボンネット先端とヘッドライト内側を取り込んで大きく縁取ったグリルフレームに、立体感のあるハニカムグリルとの組み合わせが、タンドラのゴツさを見事に表現。せり出したようなトヨタエンブレムと、その上部に備えたオレンジの3連マーカーに目が惹きつけられます。

ちなみに、付属のカメラアタッチメントで、トヨタの安全運転支援システム「プリクラッシュセーフティ」を移植してそのまま使用できるのもポイントです。

GMG

ハニカムグリルからラジエーターなどが丸見えになるのを防ぐ「インナーメッシュ」もオプションで用意。ラジエーターに虫やゴミが付くのを防ぐ効果もあります。

純正のガーニッシュにタンドラの縦型ダクト形状を入れ込み、一体感のある顔つきに仕上げる

GMG

ヘッドライト下のガーニッシュは純正をそのまま使用。タンドラに使われる縦型ダクト形状を入れ込むことで、タンドラ感を高めながら一体感のある顔つきに仕立てています。タンドラとハイラックスで大きく違うバンパーサイドの形状は、縦に段差を設けることでシャープさを演出。視覚効果を巧みに取り込み、フェイスにメリハリを加えています。

オーバーフェンダー用オレンジマーカーでGR SPORTらしさも強調

GMG

全幅1900mmというワイドボディに仕立てるGR SPORTハイラックスのオーバーフェンダーはそのまま使用。純正オーバーフェンダーをモチーフに、フロントバンパーのサイド部にGR SPORT専用オーバーフェンダーをデザインしています。オレンジマーカーを絶妙な高さに配置することで、タンドラフェイスに安定感を加えながら、GR SPORTらしさを増幅しています。

後付け感を微塵も感じさせないオールブラックで仕上げたタンドラフェイス

GMG

クオリティの高さを鼓舞するかのように、オールブラックで仕上げたタンドラフェイスのGR SPORT。純正ボディと組み合わせても、後付けしたような雰囲気は微塵も感じさせません。真正面から見たゴツさは、もはやタンドラそのものですし、街中でも映える1台となるでしょう。

ハイラックスGR SPORT用「タンドラフェイス」価格一覧表(税込み)
フロントバンパーキット(グリルセット)
GR SPORT専用オーバーフェンダー
カメラアタッチメント
294,800円
オレンジマーカー8,800円
グリルインナーメッシュ5,500円

>>ハイラックスGR SPORT用「タンドラフェイス」はこちら【公式】

世界からさらに熱い視線が集まるダブルエイトのフェイスキット

GMG

多くの要望に応えて登場した、ダブルエイトのハイラックスGR SPORT専用タンドラフェイス。

タンドラのような迫力を加えつつ、GR SPORTのアイデンティティを残し、さらなる高みへと引き上げるフェイスキットとして、日本のみならず世界からさらに熱い視線が集まるに違いありません。

今後のGMGの商品展開にも目が離せないですね!

>>GMG・ダブルエイトのオフィシャルサイトはこちら

筆者   岡本 晃
元自動車雑誌編集者/編集長。現在は「オフィス・アヘッド」という屋号で、ライター/編集者として活躍している。自動車雑誌、カスタム系雑誌への寄稿が多く、関西エリアを拠点に活動中。ジャンルを問わず、面白いモノ・コトを掘り起こして執筆することに力を注いでいる。
関連車種
この記事の写真ギャラリーはこちら

GMGの関連記事

Brand Info - ダブルエイト

GMGとは?

GMG(ジーエムジー)は、愛知県名古屋市に本社を置くSUVカスタマイズのプロショップである。ランドクルーザーやランドクルーザー・プラド、RAV4などをベースにラグジュアリーなカスタムを得意とする。オリジナルのブランド「ダブルエイト」を展開しており、エアロパーツやマフラーといったドレスアップパーツも豊富にラインアップ。パーツの販売・装着はもちろん、新車ベースのコンプリートカー販売も行っている。

<お問い合わせ> こちら

Corporate Profile

企業名:株式会社ジーエムジー

郵便番号:455-0073

住所:愛知県名古屋市港区川西通1-10

TEL:052-652-1234

企業HP:こちら