トーヨータイヤ オープンカントリーR/Tが大人気【東京オートサロン2020】

多くのSUVに選ばれたオープンカントリーR/Tというタイヤ

1日辺りの動員人数では東京モーターショーを超える盛況ぶりを見せた東京オートサロン2020。数多くのチューニングカーやドレスアップカーが展示されていたが、なかでも目を引いたのは、ジムニーやRAV4といったSUV。カスタムのベースとしてもSUVが人気となってきたようだ。さまざまなスタイルで作り込まれたデモカーの足元を見てみると、トーヨータイヤの新作タイヤ、「オープンカントリーR/T」が多く選ばれていた。

カッコよくカスタマイズされたオープンカントリーR/T装着車両を画像でチェック![フォトギャラリー]

オープンカントリーR/Tの詳細はこちら

白いロゴでアピール力抜群

ホワイトレターで「TOYO TIRES」「OPEN COUNTRY R/T」と入れられたサイドウォールのアピール力と、ショルダー部のゴツゴツとしたブロックパターンが、アウトドアやオフロードといったイメージを連想させるSUVカスタマイズにピッタリとハマる。デモカーを作り上げたプロショップやメーカーにとっても、使いやすいタイヤだったはずだ。

オンロードもオフロードも楽しめる性能

オープンカントリーR/Tは、オンロードの性能も兼ね備えているから、従来のオフロード向けなブロックタイヤよりも舗装路での乗り心地がいい。だからこそ、デリカD:5やジムニーといった車両に履かせても、オンロードでは快適な走りを楽しみながらワイルドなルックスのカスタマイズが可能というわけだ。

SUVだけでなくハイエースにもピッタリ

ゴツゴツとした見た目から、SUVとの相性が抜群なのはもちろん、実はハイエースにも適合するサイズをラインアップしている。仕事だけでなくキャンプなどのプライベートにもハイエースを使っているオーナーには、ぜひとも履いてもらいたい。ちなみにハイエース向けサイズの発売は2020年春以降とのことで、デビューが待ち遠しい。

2020年2月14日(金)から開催される大阪オートメッセでも多くの車両に装着される予定なので、気になるオーナーはチェックしに行ってみてはどうだろうか?

オープンカントリーR/Tの詳細はこちら

関連車種
  • ジムニー
  • ジムニーシエラ
  • デリカD:5
  • ハイエース
  • ハイエースバン
  • ラングラー
この記事の写真ギャラリーはこちら

トーヨータイヤの関連記事