autoc-one.jp 記事・レポート 特集 カーソムリエ “AE19”学生達による試乗レポートを掲載!~“Assistant Editor”「クルマ離れと戦う学生19人」 07-1

“AE19メンバーの紹介&レポート”

川又圭悟 さんのホンダN-ONE試乗レポート

  • 川又 圭悟
    成城大学
    所有車 : マツダ RX-7
    大学では「市場調査・商品企画」を学んでいます。 普段は、カーシェアリングを活用して様々なクルマに乗り、ドライブを楽しんでいます。 ドライブの他にも、デザインを見たり、内装の質感を自分なりに調べることも好きです。 よろしくお願いします。

    このクルマを一言で表すと?

    唯一無二な存在

    ホンダN-ONEについてのオススメポイント

    エクステリアデザインで特徴的なのは、愛嬌のあるフロントマスク、オシャレなツートンカラー。そしてアクセントのクロームメッキが多用されている点。
    インテリアデザインでは、特にダッシュボードのクオリティはとても高い。温かみのある色を用いているのも好印象。
    車内は、外観の見た目よりも広く感じられる。座った際の頭上空間はもちろんのこと、後席の足元スペースにもゆとりを感じられた。これは、ホンダ独自の技術、センタータンクレイアウトの恩恵であろう。
    キャラクター性の強いクルマではあるが、利便性も兼ね備えており、日常の唯一無二のパートナーとなりそうなクルマである。

    ホンダN-ONEについての不満な点

    プレミアムな軽というコンセプトで作られているだけあり、大きな不満点はないが、3気筒エンジンということもあるため、エンジンの振動がハンドルに伝わってくる点は気になってしまった。また、減速から停止にかけて、止まり方が多少雑な印象を抱いた。止まる際は、普段運転している時よりもブレーキ操作を気にかけなければいけなかった。
    内装に関しては、フロントドアのドアポケットの深さが浅いため、中に何が入っているかは分かりやすくなっているが、雑誌のようなものを入れておくと、ドアを開けた際に落ちてしまう事もあるだろう。